坐骨神経痛について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは。最近暑くなってきましたね体調管理には充分お気をつけ下さい。

 

さて、今日は坐骨神経痛についてのお話です。

坐骨神経痛という言葉は最近では一般的に耳にするようになった言葉だと思います。

というのも、腰痛や腰椎椎間板ヘルニアをお持ちの患者様はとても多く、坐骨神経痛が併発している方も多くいらっしゃいますので、一般的な言葉になってきたのだと思われます。

坐骨神経は、腰椎の骨の間から出てお尻の下を通り、大腿の裏を下っていく神経です。

この神経の走行上になにか障害が起こると神経を刺激して痛みが出るのが坐骨神経痛です。

 

坐骨神経痛の原因は以下のようにいくつか考えられます。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群

腰椎椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症などにより、腰椎の神経の出口が障害されていう場合や、梨状筋と呼ばれるお尻の筋肉の緊張が強いために神経を圧迫してしまう場合に神経の走行に沿って痛みが生じます。

 

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの根本的な原因を治療することが理想的なのですが、加齢に伴うものであったり慢性化してる場合が多いので、痛みの治療をともに行っていくことが必要です。

こういった症状をお持ちの方は、かばうために周囲の筋肉がとても緊張していることがあり、これが痛みを増強させてしまっていることが多くます。

そのため、当院ではそういった症状に対してアプローチすることで痛みの緩和を行ったり、さらには姿勢の調整や指導を行うことで、治療をお手伝いをさせて頂きます。

 

また梨状筋症候群と呼ばれるお尻の筋肉の緊張による痛みでは、やはり筋肉の緊張を取り除いてあげることで症状の改善が期待できます。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに比べて、比較的治療効果が高いのがこちらのタイプです。

 

また、鍼灸治療では筋肉の緊張を取るのと同時に、全身の気のめぐりを良くすることで治療効果を高める事が可能です。

痛みが強すぎてマッサージが受けられないという場合も鍼灸治療で遠隔的に治療をすることもあります。

 

坐骨神経痛にお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。

当院では保険適応の施術と、自費での鍼灸治療を行うことができますので、患者様の状態にあわせて治療方法を提案させて頂きます。

なお、鍼灸治療ご希望の場合は完全ご予約制となりますので、まずはお電話をお待ちしております。

TEL:048‐999‐6306

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です