冷房による末梢の循環不全にご注意ください。 

 

こんにちは。

梅雨明けしたのに雨が続きますね。

湿度高くムシムシしますが、水分補給をしっかりとして体調管理にお気をつけ下さい。

 

 

だんだん暑くなってきたので、冷房を使う方も増えてきたと思います。

ですが、あまり冷房に頼りすぎるのは要注意です。

冷房の冷たい冷気は下にたまりやすく、足元が冷えやすくなります。

『頭寒足熱』という言葉があるように、基本的に上半身は冷えていて下半身が温かい方が体には良い状態とされています。

足元が冷やされると、足の血流不良が起こり末梢の循環不全を引き起こします。

いわゆる『冷房病』と呼ばれるものです。

とくに女性や高齢者の場合、足の筋肉が弱いために十分な筋肉ポンプ作用が働かず、よけいに血流が滞りやすくなります。

 

循環不全により、足腰の冷えだけでなく肩こり、食欲不振、下痢などの症状も伴うことがあります。imgres

 

冷房を使う際は、冷やしすぎないというのが鉄則です。

また少し高めの温度設定にして扇風機で空気を循環させ、室内の温度を一定することで、足元だけ冷えてしまうということを防ぐことができますのでみなさんぜひ、お試しください。

 

当院では足裏リフレクソロジーも行っておりますので、足の循環改善、むくみ改善に対してアプローチすることができます。

また、骨盤の調整をすることも、足腰の血流改善に効果的です。

ご興味のある方は是非一度お問い合わせください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です