腕の痺れ(しびれ シビレ)は鍼灸治療(しんきゅうちりょう シンキュウチリョウ)が効果的です

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

みなさん、こんにちは

今日は腕のしびれについてお話します。

病院の検査は非常に優れています。首の骨(頚骨)の異状があれば画像でただちに判別可能です。

頚椎の異常は腕の症状と非常に関連が深いので、もしも、何らかの画像的な異常が発見されれば因果関係は明らかであり、それに応じた治療が行われます。

しかし、検査の結果、異常はないのに腕に違和感やしびれ感がある方というのはことのほか多いと言えます。

ところで、病院の検査ではほぼ100%抜け落ちている検査法があります。
それは何か?
高度な技術はもちろん必要ですが特別な方法ではありません。
その検査法とは直接患者さんの肌に触れる「触診」です。

客観的な検査結果ですら見過ごしてしまうほどの身体のかすかな異常は、実は触診でなければ分からないことが多いのです。

そして、身体に直接施術を行う鍼灸治療は、そういった非常に細かい異常を正確に捉えることに最も優れています。

・筋肉の張り、コリ
・皮膚表面のざらつき、冷え感、こわばり等
・ツボの状態(手足、お腹、背中、脈)

鍼灸治療では、これら身体の反応を適切に読み取ることがまず大事です。

では、これらの身体の反応から何を読み取っているのでしょうか?
それは血流の悪さからくる「冷え」の状態です。
東洋医学では病は身体の「冷え」により生じると考えているからです。
全ての病に共通したことですが、身体の芯の「冷え」は血流を妨げ、正常に筋肉や神経、臓器などが栄養されなくなり様々に症状を引き起こすということです。
督脈というツボの流れが、背骨上にありますが、腕の症状が強い方は、その督脈の流れが首のところで滞っている場合が多くあります。
過去のケガ(交通事故、スポーツ障害等)が原因であることが最も多く、それが具体的にコリや張り、圧痛(押すと痛い)として督脈に現れているのです。
その督脈の流れを鍼でゆるめ、お灸で熱をしっかり入れることができれば、身体は自ら温まる力を取り戻し、自己治癒力によって改善してゆくことになります。

辛いときは、我慢せずにローズの花鍼灸整骨院までお越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です