月別アーカイブ: 2018年4月

最近暑くなってきましたね

最近どんどん気温が上がっていき、夏日を観測する日も増えてきました。

暑くなってくると増えてしまうのが冷たいものの取りすぎや室内の冷やしすぎです。

そうするとどしても夏バテになっていしまいやすくなります。

室内と室外との気温差で疲れてしまったり、喉も渇いて水をたくさんのむ人もいるかもしれまが、これによって顔などにむくみが発生してしまうこともあります。こまめに塩を取る事で予防も出来ますが、冷たいものによって動きが鈍くなり、食欲がなくなってしまった胃や腸ではそれだけではむくみの改善につながらないこともあります。
そういったときは鍼を行ってむくみを改善することが出来ます!鍼は反射区域といわれる身体に存在する場所を刺激することで内臓やetcに対して刺激を行い、効き目を実感するものになります。
興味がありましたら一度お尋ね下さい。お電話お待ちしております

運動を始められる方に

新年度になり、進学した方などは部活動などが始まり、新しく運動を始めようとしている方も多いかとおもいます。

なので、本日はお子様にも多いスポーツ障害についてお話しさせて頂きます。
スポーツ障害とは、主にスポーツをする際に負担がかかる部位に生じてしまう疼痛や運動障害のことです。
『使い過ぎ症候群』と呼ばれることもあり、過剰なトレーニングによる関節への負担や、
体の使い方のバランスが悪いことで一部に負担がかかることで生じてしまいます。
スポーツ障害の代表的なものは、野球肩、テニス肘、オスグッド病、疲労骨折、シンスプリントなどです。
もちろん成人の方にも起こる障害なのですが、
まだ体が完全に出来上がっていない中学生や高校生など、部活動などでスポーツを盛んに行う時期のお子様にも多い障害です。

例えば、野球肩は繰り返しの投球動作により、
肩関節周囲の組織の損傷や炎症により痛みや運動障害が生じるものです。
野球をしていれば多少は肩が痛むものだと考えてしまわれる方も多いのですが、
痛みには何か原因があります。
その原因を知り適切な処置を行わないと、どんどん治りにくくなってしまうのです。
またお子様の場合、野球をを頑張りたい意欲が高かったり、
自分で自分の限界を把握することができず無理をしてしまう傾向があります。
一度痛みを生じてしまうと、その痛みをかばうために全力投球ができなくなったり、
身体が無意識に他の部位で代償して投球を行うことで、他の部位にまで痛みや障害が生じることもあります。
重症化すると、野球の際だけでなく日常動作にも影響が出てくるため、
しっかりとした早めのケアが必要です。

当院では、柔道整復師による手技療法や、
超音波治療、鍼灸師による鍼灸治療などを用いて治療を行っていきます。
高校生や中学生のお子様も多くご来院頂いておりますので、
お子様のスポーツ障害にお悩みの方もぜひご来院ください。
ご不明な点はしっかりとご説明させて頂きますので、お気軽にご相談ください。
********************
ローズの花 鍼灸整骨院 蒲生駅東口店
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町17-4惣マンション1F
TEL/FAX 048-999-6306
********************

自律神経のバランスの乱れに鍼灸治療が効果的です!!

こんにちは!

突然ですが、1日生活している中で人は様々な事を頭で考えて処理しています。

それは喜怒哀楽であったり、その他にも様々な感情をともなっています。

それが頭で上手く処理できれば良いのですが、上手く出来なくなってくると

なんかそわそわしてしまう事が多くなったり、常に不安な感情が心の中にあったり、、、

自分自身をコントロールするのが難しくなってしまいます。ダウンロード

このような状態は身体の中で様々なものをコントロールしてくれている自律神経の乱れでもあります。

この自律神経を整えるには鍼灸治療がとても効果的です。

鍼灸治療では自律神経のバランスの乱れを、体の陰陽のバランスの乱れとして捉え、

五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中の気・血・水を整えていきます。

身体の中から変えてみたいと考えている方や何か少しでも当てはまるなと感じた方は

当院にご連絡下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております!!

http://www.rose-no-hana.com

副交感神経を優位にしましょう

 

今日は《自律神経》についてお話させていただきます。

自律神経とは・・交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。この2つがバランスよく働くことで、健康を維持しています。

交感神経】

活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時など・・に働きます。

主に、昼間はこの交感神経が働いています。朝起きてから、準備、通勤、仕事、勉強、家事、スポーツ、など・・活動している時は、交感神経がはたらいています。

また、緊張やストレスを感じている時も交感神経が働いています。

副交感神経】

副交感神経がはたらくのは、リラックスしている時、眠っている時など・・

主に、睡眠中、お風呂に入っている時、食事をしている時です。

副交感神経がはたらく時間が長い方が体の回復が十分におこなえていることになります。逆に短ければ、体が十分回復できずに、疲れがとれない、体が重たい、肩や首がこる、めまい、など、さまざまな不調があらわれてきます。

現代ではストレス社会と言われ、交感神経の方が優位になってしまいがちです。

副交感神経を優位にさせてあげる、または交感神経を鎮めてあげることが大切になっていきます。

体調がなんだかすぐれないと感じている方・・自律神経のバランスが崩れているのが、不調の原因かもしれません。。

そんな方はぜひ鍼灸治療がおすすめです!!

なにか身体の不調でお悩みでしたら、当院までご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

ギックリ腰

 

本日は、当院でも多くの患者さんが来院されるギックリ腰についてお話しようと思います。

 

ぎっくり腰は、長時間の不自然な姿勢や、重いものを持った直後、又はスポーツで急に筋肉を動かした時に起こりやすいです。特に身体が冷えているときは、要注意です。

ぎっくり腰になってしまったら直ちに、病院や整骨院などの医療機関に行くことをお勧めいたします。そのままにしておくと長い間辛い思いをすることになるので(・・;)

 

また、スポーツのケガ予防にはストレッチが有効であることはよく知られています。

ただし寒い冬に屋外の競技では、ストレッチよりも体操や軽いジョギングをして身体を温めてあげることの方が重要です。

ストレッチはむしろ終わった後にしてあげた方が効果的かもしれません。

いずれにしても、そうなる前にケアしてあげることが重要です。

これからさらに寒さも厳しくなることと思います。皆様、どうかお気をつけて下さいm(_ _ )m

ギックリ腰

ギックリ腰

越谷市交通事故施術、足立区交通事故施術

頸の痛みにお困りの方

こんにちは

本日は首を捻ってしまった方や最近頸周りが辛いという方への記事になります。

頸の痛みの原因としてむち打ちなどがあげられます。

むち打ちなど、頚椎に損傷を負ってしまったという場合や、頚椎ヘルニア、変形性頚椎症などといったように、実は頚椎の異常によって起こっていることがとても多いのです。
また、骨盤などのゆがみによって引き起こされていることもあり、身体のゆがみなどが神経を圧迫してしまっていたり、周辺の筋肉の緊張による場合もあります。
ローズの花鍼灸整骨院では全身のゆがみやズレなどをチェックし、身体のバランスを整えていくことによって症状の改善を改善していきます。
また、全身のバランスが正常な状態に戻ることにより、肩こりや頭痛、腰痛などの症状も同時に改善されていきます。
辛いときは、我慢せずにローズの花鍼灸整骨院までお越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

交通事故に遭った場合には・・・。

こんにちわ!

皆さま、車でのお出かけなどはよくされると思います。

お出かけは日頃の気晴らしになりますから、とても楽しいですよね!ダウンロード (1)

でも、気をつけなくてはいけないのが交通事故です。

普段、運転していないけど、お出かけのために久しぶりに運転をしたり

普段から運転していても、慣れていない場所での運転はとても危険です、、、

これからお出かけなどをされる方は道案内のナビや景色などのよそ見運転

道路形状がわからない場合、スピードの出しすぎなどお気をつけ下さい。

レンタカーを借りて運転する際は車幅など車の大きさも異なりますので、内輪差、車間距離等にも

十分意識をして運転していただければと思います!!

もし、交通事故に遭われた場合は、まず、二次被害が起こらないよう、安全なところに避難をして、

必ず警察へ連絡をして下さい。大した事故ではないからと自己判断をしないようにしてくださいね。

 

そのあとに自分の加入している保険会社に事故の連絡を入れて下さい。

搭乗者傷害保険を掛けている場合、請求することができます!!

 

また、外傷がなくても病院に行き、しっかりと検査をして下さい。

事故直後は興奮している為、症状が出ずに後々なって痛みが出てくることもあります。

 

事故に遭うと保険会社とのやり取りなどわからない事が多いと思います。

当院では、保険会社との交渉代行などをやっておりますので、

不安なこと、分からない事等ありましたら、お電話でのご質問などもお受けいたします。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ホーム

 

GW中の交通事故に十分注意ください

 

こんにちは。

GWまであと1週間ほどですが、ご予定などお決まりでしょうか。

 

余談ですが、一年を通して交通事故発生件数が一番多いと言われているのは12月ですが、

その次に多いのが5月、8月だと言われています。

 

 

GWで普段車を運転しない方、遠出をしている方や

慣れない道を運転している方も多いと思います。

また、渋滞の際にはよそ見運転ながら運転居眠り運転などが多くなりがちですので十分ご注意下さい。

 

万が一、交通事故に遭った場合、警察に届け、後日でもいいので、

なるべく早くに病院に行ってください。

直後は神経も高ぶっていて症状に気づきにくく、

しばらく時間が経ってから身体の様々な場所に違和感や痛みが現れてきます。

警察、病院のお医者様にはどんなに小さなことでもお伝えするのが賢明です。

 

当院はGW中も通常通り診療しております。

また、3月より平日は9時~21時、土日祝日は9時~20時まで受付しております。

少しでも気になることがございましたらお気軽にお電話、ご来院をお待ちしております。

だるさが取れない・・・疲労について

 

こんにちわ。

先週は、寒かった記憶があるのですが、なんと今日は28°にもなるそうです。

皆様、体調管理には気をつけて下さい。

さて、今日は疲労についてお話し致します。

環境の変化があった方は疲れが溜まってきているころではないでしょうか。

身体の「疲労」の原因は一昔までは「乳酸」が原因と言われていましたが今では「ケトン体」と

言われていますね。

全身の疲労は、その疲労性の物質が体の中に溜まり疲れを感じている場合と

身体を動かすと、筋肉が動いているのですが、その時に筋肉と筋肉の間にある筋膜が

こすれて熱を生み出すんです。この筋膜の熱を取り除いてあげないと体を動かしたときに

軽い痛みとして、動かしにくさや、疲労感を感じてしまうのです。

筋膜の熱を治めてくれるのが、コルチゾル(コルチゾール)というホルモンなんです。

実際に、テレビでこの腎性疲労の患者の診断に至るまでに病院を変えた

平均件数はなんと、、、たしか5.1件ぐらいと言っていました。

通常の疲労と症状がほとんど同じなので、専門医でも診断が難しいとのお話しでした。

ホルモンは自律神経と大きく関わりを持っています。

精神的なストレスから、自律神経の乱れが生じ、疲労が取れにくい状態になっている方も

いるかと思います。

そんな時は、自律神経の調整で鍼の治療をオススメ致します。

爽快感を感じて頂ける方も、多くいます。

是非、一度試してみて下さい。

 

 

 

 

野球肩について

本日はスポーツ障害の中でも多い、野球肩についてお話し致します。

野球肩は繰り返しの投球動作により発生する肩関節障害の総称で、

投球時の肩関節部とその周囲の痛みや運動障害をが主な症状です。

滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭野球肩筋腱炎、肩甲上神経麻痺、棘下筋萎縮、上腕骨骨端線障害(リト

ルリーグ肩)など、さまざまな病態が複雑にからみあって症状が出てきます。

 

特に小学生から高校生にかけての時期の、部活動や少年野球などで発生する事が多い疾患です。

この時期はまだ筋力も弱く成長期ため、関節や筋肉に負担がかかりやすく、

球速を増すための過度な投球練習により発生します。

お子様の場合、野球を頑張りたい気持ちと、自分の限界とのバランスが上手にとれないため、

無理をしてしまう傾向にあります。

一度痛み生じると痛みをかばうために代償動作起こり、

他の部分にも負担をかけてしまうため、より治りにくくなるという悪循環が起こります。

 

当院では、野球肩に対しては超音波治療や鍼灸治療、ストレッチなどを組み合わせて治療を行います。

お子様の場合、まずは保護者の方と一緒にご来院頂くのが良いかと思います。

お子様がどういった状態なのか、どういった治療を行っていくのか等、

不安な事はしっかりとご説明させて頂きます。

その後はお子様だけでのご来院でも問題ありませんので、学校帰りなど都合の良い時に治療を受けて頂けます。

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

ローズの花 鍼灸・整骨院 蒲生駅東口店