月別アーカイブ: 2018年3月

自律神経失調症について

 

こんにちわ♪

桜がきれいですね🌸

今日は《自律神経》についてお話させていただきます。

自律神経とは・・交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。2つがバランスよく働くことで、健康を維持しています。

交感神経】

交感神経がはたらくのは、活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時など・・

主に、昼間の活動中は交感神経が働いています。まわりの状況に応じて、すばやく反応して行動できるのは交感神経が働いているからです。朝起きて、準備、通勤、仕事、勉強、家事、スポーツ、など、活動している時は、交感神経がはたらいています。

また、緊張やストレスを感じている時も交感神経。会議やプレゼンの前の極度の緊張や、上司に怒られたり、嫌なことがあったり・・ストレスを感じると、交感神経もかなり高まっていることになります。

副交感神経】

副交感神経がはたらくのは、リラックスしている時、眠っている時など・・

主に、睡眠中、お風呂に入っている時、食事をしている時です。マッサージされて眠くなってくるのも、副交感神経が働いているからです。筋肉がゆるんで血管がひろがるので、栄養・酸素・体温が全身にいきわたり、体の修復がおこなわれます。

副交感神経がはたらく時間が長い方が体の回復が十分におこなえていることになります。逆に短ければ、体が十分回復できずに、疲れがとれない、体が重たい、目覚めが悪い、肩や首がこる、めまい、微熱など、さまざまな不調があらわれてきます。

この2つの神経は、シーソーのように交互にはたらきます。交感神経がはたらいている時は、副交感神経はお休み。副交感神経がはたらいている時は、交感神経はお休み。

体調がなんだかすぐれないと感じている方・・交感神経による筋肉の緊張が、不調の原因かもしれません。。

ストレスや嫌なことがある→交感神経が過剰に働く→筋肉が固くなる→血管が縮んで、栄養・酸素・体温が全身に行き渡らなくなる→リンパの流れが悪くなるので、疲労物質や老廃物が排出されにくい→疲労回復や体の修復が追いつかず、疲れや不調をかかえてしまう

といったことになります。。

なにか身体の不調でお悩みでしたら、当院までご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

ホーム

 

春は美容鍼で第一印象アップ♪

3月も明日で終わりですね。

4月に入ると新しい出会いが多くなります。

新しい出会いの前に、

第一印象をアップさせる、当院で人気メニューの《美容鍼》を受けてみてはいかがでしょうか?

みなさん、「美容鍼灸にはどんな効果があるの?」 「どんな施術をするの?」といった疑問を持っていらっしゃることと思います。

美容のツボを鍼で刺激することで、肌荒れ・しわ・たるみ・くすみ・目のくま、むくみ・顔色の改善・ニキビ・アトピーなどの症状に美容効果が期待できるのがこの美容鍼治療なんです。女性の美容の悩みを幅広く治療できるとハリウッド女優などにも大人気となっています。

当院で美容鍼を受けた患者さんの多くから「フェイスラインが上がった」「頬がシャープになった」と言う声を聞きます。

施術回数を重ねることで、さらに効果はアップしていきますよ。

ぜひ大切な日・特別な日の前に当院の美容鍼をお試し下さい。

スタッフ一同お待ちしております!

ホーム

美容鍼のイラスト

 

鍼灸で不妊治療!

こんにちは。

最近は気温が上がってきて桜もきれいに咲いてますね。

 

さて、皆様は不妊症をご存じでしょうか?

正常な性生活を送り、且つ避妊をしていないのに2~3年妊娠しない状態の事をさします。

卵子の老化により、妊娠の可能性は年齢とともに下がっていきます。

また、妊娠後のリスクも高まってきますので、早く確実な治療を受ける必要があります。

不妊症の原因としては、働く女性が増えたと共に結婚年齢・出産年齢が上がったことが

一番の原因だと言われています。

 

女性が妊娠する際には、十分な体力・安定した精神力・そして、消耗をした際の自然治癒力が必要で、

若い時には以上の3つの力は十分にあります。ですが、年齢とともにどうしてもその力は弱まってしまいます。

年齢とともに、妊娠後のリスクが高まってしまうのはそのためです。

ここに、日々のストレス・睡眠不足・身体の冷え・食生活の乱れなどが加わると

子宮・卵巣など、生殖機能も衰えてしまいます。

鍼治療 に対する画像結果

 

鍼灸治療では、こういった身体の乱れを整えて、妊娠する際に必要な3つの力が少しでも戻るよう、

または妊娠した後に母子ともに健康でいられるような身体に近づけていきます。

 

お悩みの方は、是非スタッフまでお声掛け下さい。お電話でもお待ちしております。

ホーム

 

 

花粉症でお辛い方は鍼灸治療がおススメです

今日は花粉についてお話したいと思います。

花粉症は、植物の花粉が、目や鼻などの粘膜に接触することによって引き起こされ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出ます。スギ、マツ、ブタクサなど、反応する花粉は人によってさまざまです。アレルギー体質の人は花粉症になる可能性が高いのですが、アレルギー体質でない人も長年の蓄積で、体の一定の許容量を超えると突然花粉症が発症する可能性があります。

花粉症の人が年々増えている原因は、スギを植林してスギの花粉飛散量が増えたことも多く関係しているのですが、食生活の問題、ストレスの増大、大気汚染なども影響していると言われています。

 

食生活で注意すること

たんぱく質は、免疫機能を高めるためにも必要ですが、摂りすぎると症状がひどく出てしまうようです。花粉症が気になる季節、症状が出たときなどは、高カロリー食にならないように、脂肪の多い肉類は避けたほうがよいそうです。お肉を食べるなら脂肪分の少ない赤身やささみ、また魚などを食べましょう。青魚などに多く含まれているEPAやDHAは、アレルギー症状を抑える働きがあるので積極的に摂ると良いです。そしてビタミンやミネラルなどを多めに摂りましょう。カラダの機能をスムーズに働かせるのに重要です。不足するとアレルギーが出やすくなると言われています。

 

また、花粉症の時は目の炎症が起こりやすく目に負担がかかってしまいますので、
しっかりと目を休ませてあげる事が大切です。しっかりと睡眠をとること、目を休ませる時間を取ること、コンタクトレンズを控えてメガネを使用すること、などに注意をしてくだいさい。
また、目がかゆくて我慢が出来ない時は、冷たい冷えたタオルで目を冷やすことで、かゆみを抑えることができます。

 

鼻の花粉症の方は鼻をかみすぎて鼻の所だけ肌が荒れる場合があります。
このような時はワセリンを塗ってみてください。保湿効果があります。
また、鼻に負担がかからないよう保湿ティッシュを使用することをお勧めいたします。

 

花粉症はセルフケアをすることが大事です!!

1.花粉の多い日は、なるべく外に出ない。
2.ドアや窓の戸締りをしっかりして、花粉の侵入を防ぐ。
3.ドアや窓の開閉をした時には、室内に進入した花粉をこまめに掃除する。
4.外出時は、帽子・メガネ・マスク・マフラーなどを身に着ける。
5.外出したら、身体や衣服に付着した花粉をブラシなどでよく落としてから家に入る。
6.帰宅したら、洗顔やうがいをする。
7.洗濯物や布団を外に干した時は花粉をよく落としてから取り込む。

 

花粉症には鍼灸治療が効果的です!!

東洋医学の考えでは、花粉症の発症には体質が大きく関わっているとされています。花粉症、アレルギー疾患は、体質・体調・免疫機能の低下により、全身に歪みが生じ引き起こされると考えられています。そのため、体質を改善して症状を押さえようというのが、花粉症の鍼灸治療になります。
鍼灸治療は、花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの不快な症状の緩和に優れた効果を発揮するだけでなく治療を継続的に行なうことにより、身体に元々備わっている自然治癒力を強化し、副腎の働きを高めて、アレルギー体質を根本的に改善していくことができます。鍼灸治療は花粉症の時期が終わっても続けることが重要です。長期間の治療を続けることで花粉症の症状の出にくい体質に変えていくことができるのです。

ローズの花鍼灸整骨院では女性鍼灸師がたくさん在籍しておりますので、女性の方も安心してご相談ください。また、鍼灸治療は予約制となっていますので、ご予約の上ご来院ください。

 

詳しくはこちらのホームページをご覧ください ↓

https://www.rose-no-hana.com/

花粉症の無料イラスト・フリー素材

 

花粉症の症状でお悩みの方、鍼治療がおすすめです。

この時期、花粉症でお悩みの方が多く来院されます

その患者さんにおススメしているのが鍼治療です。

治療された患者さんは良くなったといっていただけます。

今日は花粉についてお話したいと思います。

花粉症は、植物の花粉が、目や鼻などの粘膜に接触することによって引き起こされ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出ます。スギ、マツ、ブタクサなど、反応する花粉は人によってさまざまです。アレルギー体質の人は花粉症になる可能性が高いのですが、アレルギー体質でない人も長年の蓄積で、体の一定の許容量を超えると突然花粉症が発症する可能性があります。

花粉症の人が年々増えている原因は、スギを植林してスギの花粉飛散量が増えたことも多く関係しているのですが、食生活の問題、ストレスの増大、大気汚染なども影響していると言われています。

 

食生活で注意すること

たんぱく質は、免疫機能を高めるためにも必要ですが、摂りすぎると症状がひどく出てしまうようです。花粉症が気になる季節、症状が出たときなどは、高カロリー食にならないように、脂肪の多い肉類は避けたほうがよいそうです。お肉を食べるなら脂肪分の少ない赤身やささみ、また魚などを食べましょう。青魚などに多く含まれているEPAやDHAは、アレルギー症状を抑える働きがあるので積極的に摂ると良いです。そしてビタミンやミネラルなどを多めに摂りましょう。カラダの機能をスムーズに働かせるのに重要です。不足するとアレルギーが出やすくなると言われています。

 

また、花粉症の時は目の炎症が起こりやすく目に負担がかかってしまいますので、
しっかりと目を休ませてあげる事が大切です。しっかりと睡眠をとること、目を休ませる時間を取ること、コンタクトレンズを控えてメガネを使用すること、などに注意をしてくだいさい。
また、目がかゆくて我慢が出来ない時は、冷たい冷えたタオルで目を冷やすことで、かゆみを抑えることができます。

 

鼻の花粉症の方は鼻をかみすぎて鼻の所だけ肌が荒れる場合があります。
このような時はワセリンを塗ってみてください。保湿効果があります。
また、鼻に負担がかからないよう保湿ティッシュを使用することをお勧めいたします。

 

花粉症はセルフケアをすることが大事です!!

1.花粉の多い日は、なるべく外に出ない。
2.ドアや窓の戸締りをしっかりして、花粉の侵入を防ぐ。
3.ドアや窓の開閉をした時には、室内に進入した花粉をこまめに掃除する。
4.外出時は、帽子・メガネ・マスク・マフラーなどを身に着ける。
5.外出したら、身体や衣服に付着した花粉をブラシなどでよく落としてから家に入る。
6.帰宅したら、洗顔やうがいをする。
7.洗濯物や布団を外に干した時は花粉をよく落としてから取り込む。

 

花粉症には鍼灸治療が効果的です!!

東洋医学の考えでは、花粉症の発症には体質が大きく関わっているとされています。花粉症、アレルギー疾患は、体質・体調・免疫機能の低下により、全身に歪みが生じ引き起こされると考えられています。そのため、体質を改善して症状を押さえようというのが、花粉症の鍼灸治療になります。
鍼灸治療は、花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの不快な症状の緩和に優れた効果を発揮するだけでなく治療を継続的に行なうことにより、身体に元々備わっている自然治癒力を強化し、副腎の働きを高めて、アレルギー体質を根本的に改善していくことができます。鍼灸治療は花粉症の時期が終わっても続けることが重要です。長期間の治療を続けることで花粉症の症状の出にくい体質に変えていくことができるのです。

ローズの花鍼灸整骨院では女性鍼灸師がたくさん在籍しておりますので、女性の方も安心してご相談ください。また、鍼灸治療は予約制となっていますので、ご予約の上ご来院ください。

 

詳しくはこちらのホームページをご覧ください ↓

https://www.rose-no-hana.com/

花粉症の無料イラスト・フリー素材

 

美容鍼でぷるぷるなお肌を目指しませんか?

こんにちは。

当院では美容鍼の患者様に多くご来院頂いております。

当院の美容鍼は、お肌の表層だけでなく、深層の筋肉までアプローチします。

鍼をすることで血流を改善させ、お肌の生まれ変わりを促進するのと共に、凝り固まった筋肉をほぐします。

そうすることで、重力に引っ張られてたるんでいたお肌を引き上げる効果が期待できます。

 

美容鍼は継続した施術をおススメしておりますので、当院でも定期的に通っていただいている方がほとんどです。

普段美容鍼の施術をしていて思うのは、継続して施術を受けて頂いている方のお肌がぷるぷるとしていてみずみずしいということです。

美容鍼をすることで、化粧水の吸い込みが良くなるという声を多くの方から頂いております。

我々も、施術をしていてみなさんのお肌の水分保持力がアップしているのだなぁと実感しています。

お肌が正常な潤いを保てると、さまざまな肌トラブルを防ぐことができます。

それだけでも、本当に美容鍼は価値のあるものです。

ハードルが高いように感じるかもしれませんが、まだお試しされていない方はぜひお試しください。

 

詳しくはこちらまで、お問い合わせください。

048-999-6306

 

アレルギー症状でお困りの方へ

この時期になりますと、花粉などのアレルギー症状でお困りの患者様が多く来院されます。

当院ではアレルギー症状でお悩みの患者様には経絡治療を勧めております。

治療を続けていくことで症状が楽になったとおっしゃって下さる患者様が多くいらっしゃいます。

本日はそんな当院で人気の経絡治療についてご案内します。

経絡治療とは、病気を全身の変調、経絡-経穴の変動として捉え、

全身を整え体質を変化させ、内側から自然快復させる治療法です。

一般治療が局部的部分治療であるのに対し、

経絡治療は全身をコントロールするので、今まで気がつかなかった他の部分まで一緒に治っていきます。
全身症状のある病気や、慢性疾患、特に花粉症やアトピーなどのアレルギーに効果が期待できます。

経絡治療により根本的な体の免疫力をはじめ、自然治癒力といわれる

自ら正常になろうとする力を引き出し、病気になりにくい身体を作っていきます。

また東洋医学には「未病治療」(病気になる前の段階で治すのが最も良い)という考え方があります。

定期的な治療をすることにより、常に全身の気血のバランスが整え、

諸病の発現を防ぎ(未病を治す)、健康増進を図っていくことができるのです。

 

何か気になる症状のある方、是非治療を受けてみて下さい。

鍼灸治療は予約制となっています。お電話でご予約のうえ、お越しください。

直接のご来院での予約もお待ちしております!「アレルギー イラスト」の画像検索結果

ホーム

 

スポーツを行う方は要チェックです!

本日はお子様にも多いスポーツ障害についてお話しさせて頂きます。

スポーツ障害とは、主にスポーツをする際に負担がかかる部位に生じてしまう疼痛や運動障害のことです。

『使い過ぎ症候群』と呼ばれることもあり、過剰なトレーニングによる関節への負担や、

体の使い方のバランスが悪いことで一部に負担がかかることで生じてしまいます。

スポーツ障害の代表的なものは、野球肩、テニス肘、オスグッド病、疲労骨折、シンスプリントなどです。

もちろん成人の方にも起こる障害なのですが、

部活動などでスポーツを盛んに行う時期のお子様にも多い障害です。

 

例えば、野球肩は繰り返しの投球動作により、

肩関節周囲の組織の損傷や炎症により痛みや運動障害が生じるものです。

野球をしていれば多少は肩が痛むものだと考えてしまわれる方も多いのですが、

痛みには何か原因があります。

その原因を知り適切な処置を行わないと、どんどん治りにくくなってしまうのです。

またお子様の場合、野球をを頑張りたい意欲が高かったり、

自分で自分の限界を把握することができず無理をしてしまう傾向があります。

一度痛みを生じてしまうと、その痛みをかばうために全力投球ができなくなったり、

身体が無意識に他の部位で代償して投球を行うことで、他の部位にまで痛みや障害が生じることもあります。

重症化すると、野球の際だけでなく日常動作にも影響が出てくるため、

しっかりとした早めのケアが必要です。

 

当院では、柔道整復師による手技療法や、

超音波治療、鍼灸師による鍼灸治療などを用いて治療を行っていきます。

高校生や中学生のお子様も多くご来院頂いておりますので、

お子様のスポーツ障害にお悩みの方もぜひご来院ください。

ご不明な点はしっかりとご説明させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

********************
ローズの花 鍼灸整骨院 蒲生駅東口店
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町17-4惣マンション1F
TEL/FAX 048-999-6306
********************

腰回りの疲れや痛みには骨盤矯正

 

こんにちは。今日は雨が降っていて寒いですね。

最近は寒暖差が激しいので体調を壊さないようお気をつけ下さい。

 

本日は、骨盤矯正についてお知らせいたします。

なかなか良くならない腰回りや足までのだるさ、痛みが

実は骨盤の歪みからくるものだった、という例はとても多いです。

背骨は骨盤に乗っているため骨盤のゆがみに合わせて背骨も傾きを変えたりしてゆがみが生まれていきます。

骨盤 に対する画像結果

座っているときに足を組む、ひじ掛けがあるイスなどでよっかかり片方に荷重をかけている

など様々な状況で骨盤がゆがんでいきます。

しかし、それらは癖でもあるのでなかなかご自身では気づきづらかったりします。

気づいた時にはすでに痛みが出ているということがほとんどです。

そのため、腰に痛みが出ている場合でももしかしたらそれは腰に原因が

あるのではなく骨盤のゆがみの問題があるのかもしれません。

 

当院はキッズルームも完備しておりますのでお子様連れの方もお気軽にお越しください。

お電話もお待ちしております。

048-999-6306

ホーム

 

乾燥肌に鍼治療

 

本日は乾燥肌に関してお話していきたいと思います。

 

 

もともと肌が弱い、もともと乾燥肌、という方。

今の時期ですと花粉でも乾燥してしまいますね。

 

そんな皆様に、当院の美容鍼がおススメです。

 

美容鍼は、お肌の深層に働きかけて、血流改善効果やお肌本来の働きを活性化させる効果が期待できます。

そういった肌のお悩みで美容鍼をご希望され、当院の施術に満足された方がおおくいらっしゃいます。

鍼灸治療は東洋医学の考えのもと施術が行われていますが、

その東洋医学の視点で、乾燥肌について考えましょう。乾燥部位に何が起こっているか?

単純に考えれば、「保湿ができない肌」状態になっています。

では、「保湿ができる肌」にするためにはどうしたらよいでしょうか。

保湿を行う細胞がいないため、保湿ができる細胞に入れ替える

「保湿を行う=身体の維持」のための身体の仕組み、いわゆる「新陳代謝」「皮膚新生」いうものです。

「新陳代謝」・・・古い身体組織が新しい身体組織に入れ替わり、機能を維持すること
「皮膚新生」・・・皮膚が新たに生まれかわること。

この新陳代謝を高め、皮膚新生に影響を与えて保湿性に優れた皮膚を生成させるというのが乾燥肌への鍼の狙いです。

◆どういうときに新陳代謝が高まるのか?
皆様ご経験があると思いますが、怪我の後にかさぶたができて、その後数日でかさぶたが消え、皮膚が再生したりしますよね。
このように傷・ダメージを受けたときに新陳代謝を含めた、人の持つ修復機能は活性化されます。

上記を例に、あえて皮膚にダメージを与え、代謝能力の活性化を促します。

さて、この修復機能は、ダメージを受けたところを中心に血液の流れを通してに全身に影響がでます

つまり、現に乾燥しているなど問題のある部位に対して刺激を行うのが効果的ということです。

しかし、再生機能の限度を超えた場合、修復は行われないため、修復可能な範囲かつ、最小限のダメージに留める必要があります。

また、東洋医学の考えでは「気の調整」を行うとその対象の力が活性化すると言われておりますのでそれを考慮すると

乾燥部位とその皮膚新生をする浅い部分(乾燥肌への治療)とその時の身体の状態に合わせた気の調整を行えば良いという事になります。

また、もう一方で東洋医学では、肺は身体の重要な役割を占めており、下記のような働きをすると言われております。

  • 空気を吸い込んで吐きだす
  • 身体に入った気や水を、全身に行きわたらせる

呼吸を担っているため、肺は外気に触れやすく、乾燥に弱いです。
乾燥で肺が弱まると、気と水が十分に満たされなくなり、肌荒れ・乾燥肌の症状が現れます。

他にも…

  • のどに痰が絡みやすくなる。
  • くしゃみがでる
  • 咳がでる
  • むくみやすくなる

最近肌が荒れる、ハリやツヤがなくなってきた、乾燥するなど様々なお肌の悩みにぜひ一度美容鍼をお試しください。

当院は、とてもお手頃な価格でご利用いただけますので、まず1回試してみたいという方にもとてもおススメです。

美容鍼のすぐ後にも効果を感じる事ができると思いますが、やはり継続して受けて頂くことで、より効果を実感して頂けますので、ほとんどの方が継続してご来院頂いております。

そういった患者様のために、当院ではお得な回数券もご用意しております。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

biyo

www.rose-no-hana.com/