自律神経」カテゴリーアーカイブ

気温の変化と自律神経

この時期は気温の変化が激しいですね。暖かくなったと思ったら、急に寒くなったり、寝る時は暖かいと思ったら、朝方急激に冷え込んだり・・。日によっても違いますし、昼と夜も全然違います。身体がついていけず風邪をひいたり、体調を崩しやすいのもこの時期・・

一般的に、身体は季節の移り変わりに合わせて、少しずつ寒さや暑さに慣れていきます。
暑さや寒さに慣れないうちに起こる急激な気温の変化は身体に大きなストレスを与えます。

実は肩こりと腰痛は、この時期に多く出やすいのです。それは気温差にも原因があると言われています。
人間の身体は「8度」以上の気温差で体調を崩すそうです。
高齢者は気温差5度以上は注意が必要となるかもしれません。。

体温調節をするのは自律神経です。なので、身体に刺激を与えて自律神経を安定させると気温の変化に強くなります。自律神経がカギとなっているんです。そこには3つのポイントがあります。

1.適度な運動を年間通して行う

運動することは自律神経を鍛えることにもなるので、とてもおすすめです!!

夏は朝夕の涼しい時間帯に、冬は日中の温かい時間帯に運動して常に自律神経を活発に保つようにすると、夏バテや風邪を予防できます。運動は身体を健康に保つにはかかすことが出来ません。
暑いから~寒いから~といって運動をしないのは身体に良くありません。常に身体を健康に保つには適度な運動はとても重要です!!

2・十分な睡眠をとる

睡眠の乱れによって免疫機能は低下します。免疫力を強化するためには、質の良い睡眠が大切なのです。ただ睡眠は長時間取ったから良いという問題ではないのです。長さではなく、深い眠りであるかどうかが重要ということです。

3.身体を冷やさない

体温が上がると血液の流れがよくなり免疫力が高まります。逆に体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、ウイルスや細菌に負けてしまいます。また冷えは血行を悪くします。その結果、肩こりや腰痛として症状が出てしまいます。体をいかに冷やさないかが重要です!!

もしなにか体調のことでお困りのことがありましたら、お一人で悩まず当院までご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております!!

 

クーラー病

 

今日は≪クーラー病≫についてお話します!!

 

そもそもクーラー病とは・・長時間クーラーのかかった部屋にいたり、クーラーのきいた部屋と暑い室外を往復することで自律神経のバランスが崩れ、血液の流れやホルモンバランスの異常をきたす病気です。

冷房がきいたオフィスなどでは交感神経が活発に働きます。体温を下げる交感神経が活発なところにクーラーでさらに体を冷やしている状態です。こうして冷え切った体で仕事をしている中、息抜きの休憩やトイレなどで冷えている部屋から外へ出たりすると気温差が5℃以上変わるわけで。。そうなると体温調節をする副交感神経がついていけなくなり、結果、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、クーラー病になってしまいます。imgres

クーラー病の症状として、

頭痛、肩こり、足腰の冷え、手足の疲労感、神経痛、むくみ、食欲不振、不眠症、生理不順などが出ます。

クーラー病にならないために対策法は・・

①外気温と室温の差を5度以内にする・・設定温度はできれば27~28度が理想です。

②クーラーの風を直接当てない

③暑い夜は寝る前にクーラーをつけて部屋を冷やしておき、寝る時にはクーラーを切るようにしましょう。

④温かい食べ物や飲み物を口にする・・冷たい食べ物(生野菜やかき氷、アイスクリームなど)や飲み物(ビール、アイスコーヒー、アイスティー)は避ける。

⑤お風呂は毎日、湯船につかる・・湯につかることで血行を良くし、冷えた身体を内側から温める

などなどです。

体を冷やさない生活を心がけ、夏を乗りきりましょう!!

なにかお困りの際には、我慢せずにローズの花鍼灸整骨院までお越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

胃腸症状を改善するには

こんにちは。

 

今日はストレスと胃腸の不調についてのお話を致します。

ストレス社会と言われる近年、ストレス性の胃腸炎という病気の名前を耳にする事が増えました。

ストレス性胃腸炎とは、ストレスにより胃がむかむかする、食欲がない、吐き気がするなどの症状が出る病気です。

実際には、内視鏡検査で組織に異常が見つからない場合は機能性胃腸症などとも呼ばれます。

 

なぜ、ストレスでこのような症状が出てくるのでしょうか?

ストレスが原因で以下のようなことが起こると考えられます。

  • 胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスの乱れ
  • 過剰な胃酸が分泌され、胃部の痛みや潰瘍がつくられる
  • 胃の収縮が起こり腹痛や胃の痙攣がおこる
  • 運動機能低下、蠕動低下による消化不良、膨満感が起こる
  • 胃の知覚過敏が起こる

このように、ストレスに対して胃腸は敏感に反応するので、様々な症状を引き起こします。

 

さてこれらの症状を改善するにはまず、原因となるストレスを取り除くことが大切です。

仕事が忙しい、辛いという方はまず働き方を見直す必要があるかもしれません。

人間関係に悩んでいるという方も、深く思い悩まずストレスをため込まないことが大切です。

さらに食事による胃腸へのストレスも考慮する必要もあります。

胃腸が弱いという方の中には、油っこいものや甘いものを暴食していたり、冷たいものを飲み過ぎていたりする方もいらっしゃいます。

また、しっかりを食べ物を噛むということをおろそかにしてる方も大変多いのです。

良く噛んで食べるというのは子供のころからよく指導されることですが、これは胃腸内でしっかり消化吸収ができるようにするためです。

あまり噛まずに飲み込んでしまうという方は、胃腸にかなり負担がかかっているんです。

若い時や元気な時はそれでも胃腸が頑張ってくれるのであまり不調を感じないのですが、身体が弱っている時にそのままの食事を続けると胃腸症状が現れる可能性があります。

噛む回数の理想は一口で20回くらいとよく言われます。実際に20回噛もうとすると、結構時間がかかり疲れるものです。

普段自分がどれだけ噛めていないのかがよくわかると思います。

胃腸の不調があったり、便秘があるという方でも、食事のときに噛む回数を意識するだけで症状が改善されることがありますので、ぜひ実践してみてください。

 

さて、ストレスによる胃腸の症状は鍼灸でも治療する事が可能です。

東洋医学では、身体の働きの中で胃や腸の働きは重要視されていて、胃腸に関するツボもたくさんあります。

さらに自律神経の乱れにアプローチすることも可能ですので、身体の不調の根本的な部分を治療することができます。

ストレスによる胃腸の不調に悩んでいらっしゃる方は、ぜひ一度鍼灸治療をお試しください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

激しい温度変化(おんどへんか オンドヘンカ)による体調不良(たいちょうふりょう タイチョウフリョウ)は自律神経(じりつしんけい ジリツシンケイ)の乱れから!?

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

おはようございます。

本日も晴天でとても気持ちのいい朝ですね☆

 

さて、最近まででは雨も降っていて突然の晴天で温度変化が激しいですが、皆様体調は大丈夫でしょうか!?

温度変化のある時の体調不良の原因の一つとして自律神経が乱れているからという原因があります‼

自律神経には副交感神経と交感神経があり、

それらは気温の変化によってバランスが崩れることがあります。

 

また、体が持っている「体温調節機能」がしっかりと鍛えられているかというのも目立つ要素の一つです。

 

 

 

では、自律神経を整えるにはどうしたらいいのか。「体温調節機能」を鍛えるにはどうしたらいいのか。

まず、自律神経を整えるには体の緊張をほぐしてあげること、しっかりとリラックスをする事が必要です!!

「体温調整機能」を鍛えるには自分で体温調節が出来るようにあまり冷暖房に頼ら無いこと。

適度な運動をする事をお勧めいたします。

 

勿論、鍼灸診療で自律神経を整える事も可能です。

温度変化がある今はしっかりと自律神経を整えてあげましょう!!

 

鍼灸診療は完全ご予約制となっておりますので、

少しでも気になった方、興味のある方はお電話でのお問い合わせをお待ちしております。

 

 

気候の変動にともなう自律神経の乱れにご注意ください。

こんにちは。

暑くなってきましたね。

朝晩と昼間の温度差が大きいですね。

このように気候の変動が激しい時期は体調を崩しやすくなります。

単純に急な熱さに体がついていかないために、風邪を引いてしまったり、身体を痛めてしまったりということはイメージしやすいと思います。

 

閾ェ蠕狗・樒オ後・荵ア繧・縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡

さらに気候や気圧が大きく変動する時に、自律神経が乱れ体調不良を訴えるという方もいらっしゃいます。

天気が崩れる前に頭痛が起こるという方は、自律神経の乱れによるものかもしれません。

 

自律神経の乱れは、生活習慣やストレス、睡眠不足などの原因を普段から抱えており、気候の変動が引き金となり起こることがあります。

そういった方は、普段から体のだるさ、肩こり、頭痛などの症状もお持ちです。

当院では、自律神経の乱れにともなう肩こり、頭痛などの症状には鍼灸治療をオススメxしております。

鍼灸治療は、身体をリラックスさせる作用があり、自律神経の乱れを整える効果があります。

ご興味のある方は、ぜひ一度鍼灸治療をお試しください。

 

なお、鍼灸治療は完全ご予約制となっておりますので、まずはお電話でのお問い合わせをお待ちしております。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

TEL:048-999-6306

ホーム

 

副交感神経を優位にしましょう

 

今日は《自律神経》についてお話させていただきます。

自律神経とは・・交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。この2つがバランスよく働くことで、健康を維持しています。

交感神経】

活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時など・・に働きます。

主に、昼間はこの交感神経が働いています。朝起きてから、準備、通勤、仕事、勉強、家事、スポーツ、など・・活動している時は、交感神経がはたらいています。

また、緊張やストレスを感じている時も交感神経が働いています。

副交感神経】

副交感神経がはたらくのは、リラックスしている時、眠っている時など・・

主に、睡眠中、お風呂に入っている時、食事をしている時です。

副交感神経がはたらく時間が長い方が体の回復が十分におこなえていることになります。逆に短ければ、体が十分回復できずに、疲れがとれない、体が重たい、肩や首がこる、めまい、など、さまざまな不調があらわれてきます。

現代ではストレス社会と言われ、交感神経の方が優位になってしまいがちです。

副交感神経を優位にさせてあげる、または交感神経を鎮めてあげることが大切になっていきます。

体調がなんだかすぐれないと感じている方・・自律神経のバランスが崩れているのが、不調の原因かもしれません。。

そんな方はぜひ鍼灸治療がおすすめです!!

なにか身体の不調でお悩みでしたら、当院までご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

自律神経失調症について

 

こんにちわ♪

桜がきれいですね🌸

今日は《自律神経》についてお話させていただきます。

自律神経とは・・交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。2つがバランスよく働くことで、健康を維持しています。

交感神経】

交感神経がはたらくのは、活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時など・・

主に、昼間の活動中は交感神経が働いています。まわりの状況に応じて、すばやく反応して行動できるのは交感神経が働いているからです。朝起きて、準備、通勤、仕事、勉強、家事、スポーツ、など、活動している時は、交感神経がはたらいています。

また、緊張やストレスを感じている時も交感神経。会議やプレゼンの前の極度の緊張や、上司に怒られたり、嫌なことがあったり・・ストレスを感じると、交感神経もかなり高まっていることになります。

副交感神経】

副交感神経がはたらくのは、リラックスしている時、眠っている時など・・

主に、睡眠中、お風呂に入っている時、食事をしている時です。マッサージされて眠くなってくるのも、副交感神経が働いているからです。筋肉がゆるんで血管がひろがるので、栄養・酸素・体温が全身にいきわたり、体の修復がおこなわれます。

副交感神経がはたらく時間が長い方が体の回復が十分におこなえていることになります。逆に短ければ、体が十分回復できずに、疲れがとれない、体が重たい、目覚めが悪い、肩や首がこる、めまい、微熱など、さまざまな不調があらわれてきます。

この2つの神経は、シーソーのように交互にはたらきます。交感神経がはたらいている時は、副交感神経はお休み。副交感神経がはたらいている時は、交感神経はお休み。

体調がなんだかすぐれないと感じている方・・交感神経による筋肉の緊張が、不調の原因かもしれません。。

ストレスや嫌なことがある→交感神経が過剰に働く→筋肉が固くなる→血管が縮んで、栄養・酸素・体温が全身に行き渡らなくなる→リンパの流れが悪くなるので、疲労物質や老廃物が排出されにくい→疲労回復や体の修復が追いつかず、疲れや不調をかかえてしまう

といったことになります。。

なにか身体の不調でお悩みでしたら、当院までご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

ホーム

 

鍼治療に抵抗がある方・・・ぜひ置き鍼から始めてみませんか?

今日は《置き鍼》についてお話させていただきたいと思います。

「鍼に興味があるけどちょっと恐いな・・・」と思ってらっしゃる方には、まずは置き鍼から始めるのが良いと思います!

当院の置き鍼はパイオネックスを使用しています。

パイオネックスは、小さいシールの真ん中に髪の毛くらい細い短い鍼がついているものです。これをツボに貼れば、鍼と同様に、様々な症状を改善させる事ができます!

シールは肌色なので目立ちにくいです。通気性が良く、かぶれにくいですしお風呂に入ってもとれにくいです。一枚40円という手軽さも嬉しいですよね♪
・肩こり・腰痛・頭痛・寝違え・ダイエット・スポーツ障害・・・などなどでお悩みの方におすすめです。

興味のある方は是非お試しください!!

ちなみに置き鍼は、鍼灸師しか扱えないので鍼灸師がいるときにしかできませんので、

ご予約をお願い致しております。

大変お手数ですがご協力を宜しくお願い致します。

********************
ローズの花 鍼灸整骨院 蒲生駅東口店
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町17-4惣マンション1F
TEL/FAX 048-999-6306
********************

自律神経失調症でお悩みの方には鍼灸治療がおすすめです

 

皆様、急に食欲が出たり出なかったり、気分が落ち込んだり高揚したり、といったことはないでしょうか?

本日は自律神経失調症についてお話させて頂きます。

 

 

自律神経の働きについて

自律神経と言うのは、自分の意思でコントロールできない部分にはたらく神経です。

主に活動する時に働く交感神経、落ち着きなどに働く副交感神経

プラスとマイナスとして働く2つの神経は、必要に応じて自動的に切り替わり、主に下記の働きをしています。

◆心臓の動き、外気に対する体温の調節◆

◆感情に対するはたらき(悲しい時の涙や、驚いたときの動悸など)◆

◆ホルモンの分泌(女性の場合、月経や妊娠に関係する事が多いです)、免疫など◆

上記の他にまだたくさんの働きがあり、その分自律神経の不調は全身のいたるところに症状が出ます。

頭痛、眼精疲労、耳なり、味覚異常、動悸、めまいや立ちくらみ、息切れ、酸欠感

吐き気、便秘、下痢、手足の冷えや痛みや疲れやしびれ、月経不順、肩こり

全身の倦怠感、不安感、記憶力や注意力の低下、イライラしやすいなど。

上記の症状の多くは不定愁訴といい、数字や画像検査などで目に見えて異常がでないものをいいます。

上記のものに限らず、人によって様々な症状が心身ともに、重なって出たり、消えたり増えたりします。

また、これらは自覚症状がありながら、医療機関で「異常なし」と判断されてしまうことが多くあります。

「自覚症状しかない」ため、検査結果などで明確にすることができないからです。

 

自律神経失調症の原因

1.ストレス

過度のストレスによる感情の起伏が自律神経に悪い影響を与えます。悩み、心配、恐れ、怒りなど、ネガティブな感情が過度のストレスを呼び、自律神経の乱れを起こします。

2.緊張状態の継続

仕事や家事などでの緊張が長時間続き、リラックスできない期間が長く続いたりすると、交感神経が働いたままの状態になり、自律神経失調症につながります。このような方は、休日や睡眠時など、休んでもいい状態なのに、リラックス出来ず心も身体も緊張したままになっています。

3.体内リズムの乱れ

睡眠不足や昼夜逆転の生活、不規則な食事など生活リズムの乱れが体内のリズムをくずし、自律神経の乱れをつくります。

 

自律神経失調症の改善方法

疲れを癒しストレスを溜めないこと!
精神を安定させることが改善につながります。

改善の主な方法としては、

1.運動をする

2.就寝30分〜1時間前までに入浴する

入浴することでストレスはかなり軽減されると言われています。特にその後の眠りを深く安眠しやすくもなります。できればシャワーではなく湯船に浸かることが大事です。
湯船に浸かり汗をかくことで、体温調整の機能を鍛えることが出来ます。

3.ストレスを発散しましょう

4.安眠できる環境を整える

睡眠の1時間前には部屋の明かりを落とし、リラックスした状態で身体を休めましょう。

毎日同じ時間に寝たり起きたり、リズムのある生活を心がけることが大切です。

 

 

 

当院は鍼灸を用いてお身体の体質改善などで自律神経失調症に対して治療していきます。

鍼灸治療は完全予約制のため、お電話でご予約の上ご来院下さい。

 

「自律神経 イラスト フリー」の画像検索結果

 

詳しくはこちらまで↓↓↓

http://www.rose-no-hana.com/

 

 

立ちくらみ

 

今回は立ちくらみについてお話します。

みなさんは、立ちくらみの経験はございませんか?

座っていて立ち上がる時にふらっと感じたり、お風呂からあがるときにくらっとしたりするのが立ちくらみです。

上記のような立ちくらみはそんなに心配いらないそうですが、不整脈や自律神経の障害、消化器障害だったりと様々な原因でおこる立ちくらみもありますので、もしも頻繁に立ちくらみが起こるようでしたら病院で受診する必要があります。

基本的には立ちくらみは起立性低血圧の影響が多いので若い女性に多いものです。

立ちくらみの予防

・正しい生活リズムを作りましょう

・睡眠を十分に取りましょう

・過度な仕事やストレスなど溜めないようにしましょう

・過度な運動やストレッチもおすすめです。

・血流をよくするためにぬるめの湯に浸かるようにしましょう

ぜひお試しください。

また鍼灸は崩れてしまった身体のバランスを整えることができます。

もしもお辛いときは当院にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com