ゴルフ肘」カテゴリーアーカイブ

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎 スポーツ障害 関節痛 肘痛)

皆さんこんにちは

本日は【ゴルフ肘】についてお伝えいたします。

こちらはテニス肘の多くが外側上顆に発生するのに対して、内側上顆に殆ど発生します。正式名称は上腕骨内側上顆炎と言われます。

原因としては正しいフォームによるスイングが出来ないため、手首を使う事で内側上顆についている手首を曲げたり腕を内側に向ける筋肉に負担がかかりその筋肉の付着部である内側上顆に炎症を起こすことになります。

発症年齢は幅ひろく、その多くが正しいフォームや自己流でやっている方々の多いアマチュアに多くなります。

正しいフォームを身に着けることで改善されますが、一度発生してしまった痛みを引いたり自分だけでケアを行うことは難しいと思います。

大好きなゴルフも一緒にやっていくためにも当院でケアをしながら治療していきましょう。

お待ちしております。

6d0147e64a1552abc50d5c189526a6fe

 

スポーツを行う方は要チェックです!

本日はお子様にも多いスポーツ障害についてお話しさせて頂きます。

スポーツ障害とは、主にスポーツをする際に負担がかかる部位に生じてしまう疼痛や運動障害のことです。

『使い過ぎ症候群』と呼ばれることもあり、過剰なトレーニングによる関節への負担や、

体の使い方のバランスが悪いことで一部に負担がかかることで生じてしまいます。

スポーツ障害の代表的なものは、野球肩、テニス肘、オスグッド病、疲労骨折、シンスプリントなどです。

もちろん成人の方にも起こる障害なのですが、

部活動などでスポーツを盛んに行う時期のお子様にも多い障害です。

 

例えば、野球肩は繰り返しの投球動作により、

肩関節周囲の組織の損傷や炎症により痛みや運動障害が生じるものです。

野球をしていれば多少は肩が痛むものだと考えてしまわれる方も多いのですが、

痛みには何か原因があります。

その原因を知り適切な処置を行わないと、どんどん治りにくくなってしまうのです。

またお子様の場合、野球をを頑張りたい意欲が高かったり、

自分で自分の限界を把握することができず無理をしてしまう傾向があります。

一度痛みを生じてしまうと、その痛みをかばうために全力投球ができなくなったり、

身体が無意識に他の部位で代償して投球を行うことで、他の部位にまで痛みや障害が生じることもあります。

重症化すると、野球の際だけでなく日常動作にも影響が出てくるため、

しっかりとした早めのケアが必要です。

 

当院では、柔道整復師による手技療法や、

超音波治療、鍼灸師による鍼灸治療などを用いて治療を行っていきます。

高校生や中学生のお子様も多くご来院頂いておりますので、

お子様のスポーツ障害にお悩みの方もぜひご来院ください。

ご不明な点はしっかりとご説明させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

********************
ローズの花 鍼灸整骨院 蒲生駅東口店
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町17-4惣マンション1F
TEL/FAX 048-999-6306
********************