頭痛」カテゴリーアーカイブ

頭痛(ずつう ズツウ)でお悩みの方は当院まで

みなさん、こんにちは。

みなさんは頭痛のお悩みはありませんか?

痛みが出ると、とっても辛いですね

 

頭痛には幾つか種類があります

日常的に起こる頭痛
●風邪や二日酔いなどが原因の頭痛
●原因が解消されれば自然に治る

慢性頭痛
●原因となる他の病気がなく、繰り返し起こる頭痛
●いわゆる「頭痛持ち」の頭痛で、頭痛全体の約80%はこのタイプ。
大きく「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられる

脳の病気に伴う頭痛
(危険な頭痛)
●くも膜下出血や脳出血など他の病気が原因で起こる頭痛
●急激に激しい痛みがあらわれることが多く、生命にかかわることもあるので注意が必要

 

整骨院での治療出来るのは主に慢性頭痛になります

私も月に一度一定の期間、調子が悪く頭痛薬も効かないのですが、

その調子の悪い時に、先生の手技で血行を良くしてもらうと大分楽になります

手技を受けながら「痛いんです」って話を聞いてもらうだけでも全然違う気がします

手技のほか鍼治療も頭痛には効果的です

皆さんも辛い時には無理せず、症状の軽いうちに治療にお越し下さい

慢性的な頭痛(ずつう ズツウ)には鍼灸治療をお試しください。

 

こんにちは。

本日は頭痛についてのお話です。

雨の降る前に頭痛がするという方は意外と多くいらっしゃいます。

これは自律神経の乱れによるものと言われており、低気圧が近づくことにより自律神経が乱れて頭痛や肩こり、めまいなどの症状を引き越すことがあります。

自律神経の乱れは、生活習慣やストレス、睡眠不足などの様々な要因の積み重ねで起こるものです。

 

また、頭痛にはいくつか分類があります。

まず大きく分けて症候性頭痛と慢性頭痛があります。

症候性頭痛は、クモ膜下出血や脳梗塞などの命に関わる病気がひそんでいる場合に起こる頭痛で、今までに感じたことのないような痛みが急激に起こるのが特徴です。

この頭痛の可能性がある方は、すぐに病院で検査を受けましょう。

 

慢性頭痛は、文字どおり慢性的に起こる頭痛で、さらに片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛の3つのタイプに分類することが出来ます。

片頭痛は、『閃輝暗点(せんきあんてん)』と呼ばれる前駆症状の後に生じる拍動性の頭痛です。

緊張型頭痛は、肩や首などの筋肉の過度な緊張により血流障害が起こることで引き起こされる頭痛です。

痛みとしては、ぎゅーっと締めつけられるような痛みが起こるのが特徴です。

群発性頭痛はある時期に集中して起こる頭痛で、1~2ヶ月の間にほぼ毎日起こる頭痛です。

痛みとしては頭の片側に起こり、目の奥がえぐられるように痛むのが特徴です。

 

慢性頭痛の中でも、片頭痛や緊張型頭痛の方は多く、両方が併発している方もいらっしゃいます。

慢性頭痛には、鍼灸治療が有効ですので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

肩こりや首こりが気になり、頭痛もあるという方は、筋肉の緊張を緩和することで頭痛も軽減されることがあります。

ただの頭痛だからと放っておかずに、しっかりと治療をしましょう。

 

なお、鍼灸治療は完全ご予約制となっておりますので、まずはお電話でお問い合わせください。

お問い合わせ:048-999-6306

 

頭痛のイラスト

 

 

 

頭痛のお悩みはご相談下さい

 

本日は頭痛についてお話させて頂きます。

 

頭痛と言っても、色々なタイプに分けられます。

・生体反応としての頭痛 冷たいものを食べた時や、二日酔いなどの頭痛です。

・病気が原因の頭痛 ひどいもので、命にかかわるものもあります。

・慢性的な頭痛 片頭痛や緊張性頭痛もこれに含まれますが、種類によって痛み方も異なります。

 

今回は、悩んでる方も多い、慢性的な頭痛についてお話します。

慢性的な頭痛に多いのが、片頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛の三つです。

 

片頭痛は、ある部位の血管が拡張して、周囲の神経が引っ張られ痛みが起こると言われています。

血管が拡張する理由としては、睡眠不足・極度の緊張・アルコールや特定の食品・月経等があります。

いずれも自律神経に影響し、血管の収縮拡張のリズムが乱れて痛みが起こると言われています。

こちらに関しては遺伝性の場合があります。

 

緊張性頭痛は、筋肉の緊張から痛みがおこります。

普段の姿勢の悪さ・肩こり・首のこり・ストレスが原因とされています。

後頭部を中心に痛みが起きる事が多いです。

 

群発頭痛は、慢性的な頭痛の中でも強い痛みの出る頭痛です。

ある期間・一定の時間に痛みが起こる事が特徴です。

目の充血・鼻水・涙目などの症状を伴う為、自律神経系の異常な命令や

こめかみ周辺の血管の拡張が原因では無いかと言われていますが、

はっきりとした原因はわかっていません。

 

頭痛でお悩みでしたら、是非ローズへいらして下さい。

スタッフ一同お待ちしております!

頭痛のイラスト

 

 

頭痛でお悩みの方へ

images

皆さまは《頭痛持ち》ではないでしょうか?

『頭痛持ち』という言葉を聞いて、自分の事だとお思いになられる方はたくさんいらっしゃるように思います。

頭痛持ちの方は、雨の日など気圧の変化でいつもよりも頭痛が辛いとおっしゃる方が多いようです。

ちなみに15歳以上の男女の3人に1人がいわゆる『頭痛持ち』で、その数3000万人を越えているそうです。ものすごい人数の方が悩まされているんですね。一言で頭痛と言っても種類はさまざま。今日は女性に多い慢性頭痛、《片頭痛》と《緊張性頭痛》についてご説明します。

 

片頭痛と緊張性頭痛の違いですが、まず片頭痛は時々起こる頭痛で、基本的には毎日は起こらず、頭痛の無い時には何事も無かったように過ごせます。こめかみが脈打つようズキズキと痛むのが特徴的な頭痛です。左右どちらかのこともあれば両方のこともあります。大体月に数回発作がおこり、ひどい場合は3日くらい続きます。日常生活に支障をきたすほどひどいことが多いのも特徴。月経周期に影響を受けることからも女性に多く、特に30代の女性では、5人に1人が偏頭痛に悩んでいるとも言われています。

【原因】
頭の血管が広がって炎症をおこし、周囲の神経を刺激することで痛みが生じるといわれています。片頭痛体質は遺伝すると言われ、特に母親に片頭痛があると、自分も片頭痛になりやすいと言われています。

【対策と治療法】
できるだけ規則正しい生活を心がけてください。アルコール、ダイエットはひかえめに。コーヒーやお茶は血管を収縮させますので効果的です。また、頭を冷やすのも同じ理由で効果があります。 まず、頭痛が起こってしまって、市販の飲み薬で何とかしようという場合は、痛みが軽いうち出来るだけ頭痛が起こってすぐに飲んだほうが効き目があります。

 

次に、緊張性頭痛ですが、日本人に最も多く、7割から8割の方が当てはまるといわれています。頭が締め付けられるようなだらだらした頭痛で、一日中続くことも多い頭痛です。『ジワーっと痛い』『なにかに締め付けられているみたい』『首から肩にかけて辛い』というように表現されます。

【原因】

その名の通り筋肉が『緊張』してコリをおこします。別名ストレス頭痛といわれるほど、ストレス量に左右されます。ストレスや緊張など、血流が悪くなる原因があるとなお悪化します。

【対策と治療法】
まず、ストレスをためない、同じ姿勢をつづけない、などの日常生活の注意が重要です。1時間に1回は立ち上がってストレッチなどをしましょう!また、お風呂など血流を改善するものも効果的です。アロマオイルを使用して精神的にリラックスさせるのも効果的です。

 

 

もしもお辛いときは我慢せずに当院にご相談ください。当院では頭痛に効果的な鍼灸治療や手技により血行を促進させる治療を行っています。

夜も20時まで営業していますので、学校やお仕事の帰りでも、お気軽にお越しください。土日祝日も休まず営業しております!

 

詳しくはローズの花鍼灸整骨院のブログをご覧ください!↓↓↓

http://www.rose-no-hana.com

 

頭痛について

 

当院では、鍼灸治療・手技治療にて数多くの患者様が頭痛のお悩みを解決されてきました。

本日はそんな頭痛についてお話していきたいと思います。

 

いま、頭痛で悩まれている方は15歳以上の3人に1人いると言われています。

男性は20~30歳代、女性は30~40歳代に多くみられています。

そして男女比は男性<女性、女性の方が多く男性の3倍です。

 

「頭痛」と言っても種類があるのをご存じですか?

慢性的におこる頭痛は

「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発性頭痛」の3種類に分けられています。

 

●緊張型頭痛

15歳以上の頭痛で悩まれている方の50%以上は「緊張型頭痛」と言われています。
首や肩周辺の筋肉の緊張によって、血管が圧迫されてしまい、頭痛に繋がってしまうものです。

しかし、このタイプの頭痛に悩まれる方が多い分、原因は様々あります。100人いれば100通りの原因があるといわれています。

●偏頭痛

偏頭痛の特徴は、ドクドクと脈をうつように痛みがでる。吐き気を伴うことが多い。女性に多い。マッサージや温めると悪化する。

緊張型頭痛と一緒にされてしまいがちですが、大きな違いは「痛みの特徴」です。
ぎゅーっとしめつけるような頭痛は「緊張型頭痛」、対してズキンズキンと脈をうつような頭痛は「偏頭痛」です。

●群発性頭痛

偏頭痛は女性に多いですが、群発頭痛は男性の20~40代に多いです。女性に比べ約5倍男性が多いようです。
特徴的な症状は片方の「目の奥」がえぐられるような痛み、片側だけに頭痛がおこる、一定期間に何回も痛みがでる、痛くてじっとしていられない、など。
つらく、耐え難い痛みとも言われております。

 

 

頭痛を治すのに薬を飲み続けることが解消方法ではありません。ましてや首や肩を揉んで緊張を和らげても頭痛は解消され無い場合もございます。全身をみて、全身を調整していかなければいけないのです。頭痛の方はまずは病院で検査をしてきてください!!それで問題がなければ整体で頭痛が解消される可能性が高いです。

どこ行っても頭痛が楽にならないという方は、ぜひ当院の整体をお試しください。

詳しい情報はこちらまでお願い致します。

ホーム

「頭痛 イラスト 原因」の画像検索結果

梅雨の辛い偏頭痛でお悩みの方へ

梅雨になると、気温の変化などが激しく体調を崩す方が多くいらっしゃいます。

ストレスを感じやすい、憂鬱になる、肩こり、腰痛、食欲低下、偏頭痛やたくさんの

症状になりやすくなっております。重症化すると夏風や、熱中症になってしまう方もいます。「梅雨 イラスト」の画像検索結果

その中でも当医院には梅雨の辛い症状の中で偏頭痛が辛いと来院される方が多くいます。

偏頭痛の症状の方には、鍼 灸治療をお勧めしております!!

治療された方は、症状が良くなったと言っていただき継続的に来院して下さいます。

本日はそんな頭痛についてお話していきたいと思います。

 

いま、頭痛で悩まれている方は15歳以上の3人に1人いると言われています。

男性は20~30歳代、女性は30~40歳代に多くみられています。

そして男女比は男性<女性、女性の方が多く男性の3倍です。

 

「頭痛」と言っても種類があるのをご存じですか?

慢性的におこる頭痛は

「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発性頭痛」の3種類に分けられています。

 

●緊張型頭痛

15歳以上の頭痛で悩まれている方の50%以上は「緊張型頭痛」と言われています。
首や肩周辺の筋肉の緊張によって、血管が圧迫されてしまい、頭痛に繋がってしまうものです。

しかし、このタイプの頭痛に悩まれる方が多い分、原因は様々あります。100人いれば100通りの原因があるといわれています。

●偏頭痛

偏頭痛の特徴は、ドクドクと脈をうつように痛みがでる。吐き気を伴うことが多い。女性に多い。マッサージや温めると悪化する。

緊張型頭痛と一緒にされてしまいがちですが、大きな違いは「痛みの特徴」です。
ぎゅーっとしめつけるような頭痛は「緊張型頭痛」、対してズキンズキンと脈をうつような頭痛は「偏頭痛」です。

●群発性頭痛

偏頭痛は女性に多いですが、群発頭痛は男性の20~40代に多いです。女性に比べ約5倍男性が多いようです。
特徴的な症状は片方の「目の奥」がえぐられるような痛み、片側だけに頭痛がおこる、一定期間に何回も痛みがでる、痛くてじっとしていられない、など。
つらく、耐え難い痛みとも言われております。

 

 

頭痛を治すのに薬を飲み続けることが解消方法ではありません。ましてや首や肩を揉んで緊張を和らげても頭痛は解消され無い場合もございます。全身をみて、全身を調整していかなければいけないのです。頭痛の方はまずは病院で検査をしてきてください!!それで問題がなければ整体で頭痛が解消される可能性が高いです。

どこ行っても頭痛が楽にならないという方は、ぜひ当院の整体をお試しください。

ほかにも、鍼治療では、上記にも挙げた症状を治療する事が出来ます。

当院での鍼治療は完全予約制になっております。治療をご希望の方は、お電話で受付致します。

詳しい情報はこちらまでお願い致します。「頭痛 画像」の画像検索結果

http://www.rose-no-hana.com/

梅雨のだるさをお取り致します

6月も半分、本格的に梅雨に入ろうとしております。

この時期は、なぜかだるくなったりしてしまいます。しかし、そのだるさにもちゃんとした原因があります!

そのままにはせず、治療をちゃんとすればだるさも取れ身体が楽になります。

だるさにも色々あり、

だるさには「朝起きるのがつらい」・「体が重い」・「むくみや肩こりが気になる」・「落ち込みすぎて何をするのも憂鬱」・「人に会いたくない」・「頭がボーっとして集中できない」などなど症状はさまざまです。

当院はそのだるさに対して多様なメニューをご用意しております。鍼灸・足裏リフレクソロジー・骨盤矯正などたくさんの患者様が施術を受けてその効果をかんじていらっしゃいます。

 

《だるさ》は身体や心が疲れたという、いわば休めのサインです。それを無視して頑張ったり、あきらめてほうっておいたりすると病気にもつながりかねません。今日は《だるさ》について知って上手な対処法を身につけましょう。

《だるい》ってどういうことでしょうか?

だるさの正体は大きく5つに分かれます。

①血中の栄養が不足するガス欠タイプ・・極端なダイエットなどで栄養が不足し、糖分などの血中のエネルギーが足りないタイプ。胃腸の不調で消化吸収力が落ちたり、貧血などで血中の酸素量が不足してだるくなったり、水分が失われてもだるくなります。

→バランスよく栄養をとることが肝心。レバー・ひじき・プルーンなどで鉄分をしっかり補給するのが効果的です。また、一口30回を目安によくかんで食べ消化しやすくすること。あとは腹7分目程度で回数を分けて食べることで消化吸収力を高めるので心掛けてみてください。

 

②疲労物質・乳酸がたまっている筋肉疲れタイプ・・運動や仕事で長時間筋肉を使うと、乳酸という老廃物が生成されます。乳酸はいわゆる疲労物質ででだるさや疲労感のもと。乳酸がたまると筋肉の弾力が失われます。

→酢の物・レモン・梅干しなどのビタミンCやクエン酸を積極的にとりましょう。そうすることで乳酸が早く分解されます。また適度な運動で筋肉を使い活性化することで乳酸がたまりにくくなります。

 

③血のめぐりが悪い血行不良タイプ・・血液の循環が悪いと酸素やエネルギーが体中にうまくいきわたらずだるさを感じます。特に腰や足など下半身がだるくなりがちです。

→毎日のお風呂タイムに温冷浴を試してみましょう。まず18~22℃くらいのぬるめのシャワーをたっぷり浴びてそのあと42~43℃くらいの熱い湯に3分ほど入ります。これを3~4回繰り返すと毛細血管の働きが柔軟になり血行不良が改善されます。また、ストレッチでコリをほぐし血行をよくしましょう。

 

④脳内物質が不足しているプチうつタイプ・・頭を使いすぎると、脳のエネルギー源であるブドウ糖とアミノ酸が不足し、集中力が低下します。慢性的になると脳内物質の分泌量が低下し、うつ的な気分になってだるさを感じやすくなります。

→思いきり笑うことが、何よりのリフレッシュ法です。笑うと脳内物質が増え、気分が良くなるので、コメディビデオを借りて観たり、カラオケに行ったり、趣味を楽しんだり、友人とくだらない話でもして笑いまくりましょう。旅行に行ったりするのもよいですね。また、心を落ち着かせるアロマやサプリを利用するといいと思います。

 

 ⑤緊張とリラックスの切り替えができない自律神経タイプ・・ストレスなどでj緊張が続くと自律神経のうちの活動のための「交感神経」と休養のための「副交感神経」に切り替えがうまくいかなくなり、昼間の活動タイムなのにリラックスモードになるなどして、だるさを感じやすくなります。

→部屋で横になり、のんびりとした草原や森の中、晴れた海辺など自分がくつろいで気持ちよく感じる光景を思い浮かべてイメージ療法でリラックスしましょう。静かな音楽をかけるのも効果的です。また、新呼吸をし、肩の力を抜くことで意識的に調整できますよ。

そして今、単鍼という鍼治療があり、こちらは鍼を置く時間が無くすぐに治療ができお時間が無い方に

お勧めします。

週末にご来院頂くと50%オフの500円で治療が出来ます。

こちらは週末限定ですので是非この機会にご来院下さい。

「疲れ イラスト フリー」の画像検索結果

土曜・日曜・祝日も休まず診療しております。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ホーム

頭痛でお困りの方へ

本日は頭痛についてお話していきたいと思います。

いま、頭痛で悩まれている方は15歳以上の3人に1人いると言われています。

男性は20~30歳代、女性は30~40歳代に多くみられています。

そして男女比は男性<女性、女性の方が多く男性の3倍です。

 

「頭痛」と言っても種類があるのをご存じですか?

慢性的におこる頭痛は

「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発性頭痛」の3種類に分けられています。

 

●緊張型頭痛

15歳以上の頭痛で悩まれている方の50%以上は「緊張型頭痛」と言われています。
首や肩周辺の筋肉の緊張によって、血管が圧迫されてしまい、頭痛に繋がってしまうものです。

しかし、このタイプの頭痛に悩まれる方が多い分、原因は様々あります。100人いれば100通りの原因があるといわれています。

●偏頭痛

偏頭痛の特徴は、ドクドクと脈をうつように痛みがでる。吐き気を伴うことが多い。女性に多い。マッサージや温めると悪化する。

緊張型頭痛と一緒にされてしまいがちですが、大きな違いは「痛みの特徴」です。
ぎゅーっとしめつけるような頭痛は「緊張型頭痛」、対してズキンズキンと脈をうつような頭痛は「偏頭痛」です。

●群発性頭痛

偏頭痛は女性に多いですが、群発頭痛は男性の20~40代に多いです。女性に比べ約5倍男性が多いようです。
特徴的な症状は片方の「目の奥」がえぐられるような痛み、片側だけに頭痛がおこる、一定期間に何回も痛みがでる、痛くてじっとしていられない、など。
つらく、耐え難い痛みとも言われております。

 

 

頭痛を治すのに薬を飲み続けることが解消方法ではありません。ましてや首や肩を揉んで緊張を和らげても頭痛は解消され無い場合もございます。全身をみて、全身を調整していかなければいけないのです。頭痛の方はまずは病院で検査をましょう!!その上で問題がなければ整体で頭痛が解消される可能性が高いです。

どこ行っても頭痛が楽にならないという方は、ぜひ当院の整体をお試しください。

詳しい情報はこちらまでお願い致します。

ホーム

「頭痛 イラスト 原因」の画像検索結果

鍼灸治療で肩こりや頭痛を改善しませんか??

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

雪もとけ、お日さまが気持ちいい一日ですね♪

 

寒い日が続きますが、寒さにより肩こりに悩まれている方も多いのではないでしょうか?

そんな方には鍼灸治療がおススメです。

肩こりは日常生活の中で様々な原因によって起こります。

  • 姿勢や動作による蓄積されたこコリ
  • 寒さによる筋肉の緊張
  • ストレスや自律神経の乱れによる血行不良

などなど、、、

当院では様々な原因から肩こりに悩まれている患者様に対して、ひとりひとりにあった丁寧な治療をさせて頂きます。

さらに、当院では肩こりの筋緊張からくる頭痛にお悩みの患者様も多くいっらっしゃいます。

肩こりからくる頭痛は鍼灸治療によって症状が改善されることがあります。

肩凝り に対する画像結果

主訴が頭痛の方でも、知らず知らずに肩こり・首こりが蓄積していて、こういった症状を改善することで頭痛がなくなるというケースもあるのです。

寒さやパソコン作業などにより肩こりや頭痛にお悩みの方は、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

また頭痛に限らず、肩こりが改善されるだけでその他のお身体の不調が改善されるということもあります。

肩こり症状があり、その他のお身体の不調も感じるという方は、当院の鍼灸師にお気軽にご相談ください。

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

肩こりと頭痛の関係性

 

さて、本日は肩こりでお悩みの方に鍼灸治療のご紹介です。

当院では頭痛のある患者様には鍼灸治療をご案内しております。

肩こりの自覚症状をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思いますが、怪我や病気とは違い病院で治せるものではないので、慢性的な肩こりにお悩みの方は多いのではないでしょうか?

そんな方には鍼灸治療がおススメです。

慢性的な肩こりの原因はいくつかあり、鍼灸治療はさまざまな原因に対して治療することができます。

日常生活での姿勢や動作により筋肉の緊張がある場合は筋肉を緩ませてあげるような治療を行うことができます。

ストレス自律神経の乱れにより起こる血流障害や筋肉の緊張に対してもアプローチすることが可能です。

特にパソコン作業などが多い現代社会では、姿勢、筋緊張、ストレスなどさまざまな要因が絡み合って肩こりを引き起こします。

さらに、慢性的な肩こりをお持ちの方で頭痛も持っているという方にも鍼灸治療が有効な事があります。

実は肩こりに筋緊張が頭痛を誘発させている場合があるのです!

慢性的な肩こりがある、さらに頭痛にも悩まされているという方はぜひ一度、鍼灸治療をお試しください。

当院の鍼灸治療はすべて女性鍼灸師が担当させて頂きます。

ですので、女性の方でも安心して治療を受けて頂く事ができますし、肩こり以外にも女性特有の体調に関するお悩みがありましたら、鍼灸治療でお役にお役に立てる可能性がございますのでお気軽にご相談ください。

鍼灸治療は完全ご予約制ですので、ご興味がある方は下記をご覧ください

→http://www.rose-no-hana.com

「頭痛 イラスト」の画像検索結果