腰痛」カテゴリーアーカイブ

腰痛でお悩みの方へ

当院には腰痛でお悩みの方も多く来院されています。

腰痛は、患者様がかかえる主訴の中でとても多い症状です。

 

腰痛の種類について

・ぎっくり腰

腰痛は日本人の国民病と言われるほどで、非常に身近な症状です。

・椎間板ヘルニア

年齢による変化やスポーツなどによる負荷によって椎間板の中身が飛び出し、脊髄神経根を圧迫することで起こる症状です。腰の痛みに加え、下肢にも痛みや痺れを感じる場合もあります。

・脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症

加齢とともに脊柱管の内径が狭まって、神経や血管を圧迫することで起こります。
比較的ご年配の方に多く、立ち上がって腰を伸ばすと痛みを感じたり、腰から足の裏に痛みや痺れが生じたりして、歩ける距離が短くなる、または、ほとんど歩けなくなってしまう場合もあります。

・腰椎分離症

激しい動きなどによって腰椎の後部の椎弓が断裂することで、脊柱が不安定になり起こるものが腰椎分離症です。腰だけでなくしばしば下肢にも痛みを感じ、長時間同じ姿勢のままだと症状が強くあらわれるのが特徴的です。

・腰椎すべり症

分離した腰椎が前方に移動し、神経を圧迫することで起こるものが腰椎すべり症です。ぎっくり腰とは異なって滑ってずれた腰椎が元に戻らず滑ったままの状態であり、腰と下肢ともに痺れや痛みを生じさせます。

・骨粗しょう症

骨の密度が減り、骨に小さな穴が多発してスカスカのもろい状態です。肩から背中にかけて痛みを感じることが多く、背中や腰が曲がったり背が低くなったりという症状が見られます。さらに、尻もち等のある程度以上の負荷がかかると圧迫骨折を起こすこともあります。

・女性の月経に伴う腰痛

ホルモンバランスの乱れなどから起こります。

 

この他、生活習慣や姿勢、ストレスなどの精神的な要因も関係してると考えられています。

腰痛がある場合、まず一度は病院で検査を受けましょう。

原因疾患がある場合はその後に治療方法が変わってきますので、ただの腰痛だからと放っておかずに検査をすることがとても大事です。

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの原因疾患がある場合は放っておくと痛みが慢性化し、周囲の筋肉の緊張や血流障害がおこり、それが症状を悪化させてします悪循環が起こります。

そのため、手技療法や鍼灸治療によって筋肉の緊張や血流障害を緩和させることが治療の一つとして大切になってきます。

原因不明の腰痛に対しては、さまざまな原因が考えられますので、症状に合わせた治療を検討する必要があります。

また、女性の月経に伴う腰痛は、骨盤のバランスや自律神経のバランスなどをチェックする必要があります。

鍼灸治療を用いて、東洋医学的な観点から、月経にともなう女性の体の働きの乱れを整えることで、腰痛も改善されることもあります。

 

腰痛は慢性化してしまうと、日常生活に支障がでたり、歩行に影響が出たりなど、放っておくことでますます辛い状態を引き起こします。

ただの腰痛だからと放っておかず、早めにしっかりとケアをしていきましょう。

当院では保険治療、鍼灸治療、骨盤矯正などさまざまな方法で、患者様ひとりひとりにあった、最適な治療方法を提案させて頂きますので、ぜひ一度ご来院下さい。

なお、鍼灸治療の場合は完全ご予約制となりますので、まずはお電話でのお問い合わせをお待ちしております。

詳しい情報を知りたい方は・・・

こちらまで →http://www.rose-no-hana.com

 

本日は父の日「いつも頑張っているお父さんへ。」

本日は父の日です。いつも遅くまで働いて頑張っているお父さんに感謝の気持ちを込めて

当院の治療をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

お仕事を頑張って疲れがたまっているお父さんにはとてもうれしい父の日の

プレゼントになります!!

良く耳にする腰痛は国民病とも言われるほど多くの方が悩んでいる症状です。

腰が痛いと何をするのも億劫になってしまいますね。

その「腰痛」には様々な種類があります。

<急性腰痛>
ぎっくり腰と呼ばれるものです。
欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。重い物を持ち上げたり、咳やくしゃみをした瞬間など日常の何気ない動作の中で激痛が起こります。

<慢性腰痛>
腰痛は二足歩行をする人間の宿命とでもいえるでしょう。慢性腰痛は、外傷や骨折などの要因が無く、足やお尻への神経痛など神経根症状も見られないものが殆どですが、原因が特定できないために積極的で正確な治療を受けている方が少なく、完全に治癒するまでに長い期間を要し痛みを我慢されている方も多いのが実情です。長時間同じ姿勢で痛みが増したり、朝、布団から起き上がる時に辛く、動き出すと痛みが軽減する、重たいものを持つと痛いなど、急性腰痛ほどの激しい痛みではないものの、長期間痛みが続いたり違和感を感じるものを慢性腰痛としています。

腰痛の原因

1、長時間同じ姿勢を続けたことによる筋肉の疲れ。

2、ぎっくり腰、打撲など、外的要因によるもの。

3、内臓疾患に関係するもの。

4、2から3が複合して起きているもの。

5、骨粗しょう症からくるもの。

 

腰痛の対策
<座るより歩く>
長時間同じ姿勢で座る仕事は、腰痛を起こしやすくなります。
これは、立っているときよりも、座っているほうが腰に負担がかかるためです。立っているときより負担が軽いのは実は歩いているときなのです。
ですから、肉体疲労や血行不良のために起きている腰痛の場合は、1時間に1度ストレッチをしたり歩くことが大事になります。これは簡単ですが、自分でできる一番の腰の調整方法なのです。
歩きやすい靴で歩くことも大事になります。

2のぎっくり腰など、急性の腰痛の時には、動かさない、温めないことが鉄則です。

3のように内臓の疾患がある場合には、病院にてその根本的な治療が必要となります。

5の場合は、カルシウムなどを積極的に摂取して骨を丈夫にしましょう。

<腰痛は前兆があったら休みましょう>
腰痛を引き起こす1週間ぐらい前に、腰のだるさや違和感などの前兆があったりしますので、
そういうときは、すぐに体を休めましょう。

<痛いときは寝てしまう>
立つのも座るのも、また、いい姿勢を作ろうとするのも、
腰に負担がかかります。
痛いときには寝るのが一番です。
仰向けで軽くひざを曲げると、腰がまっすぐになり楽になります。

<背筋と腹筋をきたえる>
腰痛がないときに、背筋と腹筋を鍛えましょう。
筋肉で腰を支えることが出来るようになるため大分楽になります。

<温めて血行促進>
一般的な腰痛は、腰椎周辺の筋肉の硬直により血行が悪くなり筋肉中に疲労物質が溜まっている状態です。
患部の血行を促して、乳酸などの疲労物質を排泄し、萎縮した筋肉をほぐすことでとても楽になります。そのためにまずしたいのが、温めること。
冷えは血行不良を起こします。冷房の効いた室内に長くいるなど、その日の予定によって腰痛を起こす危険がありそうなら、あらかじめ洋服の下に温湿布や、カイロを貼って出かけると、多少は腰痛を防ぐことができます。体の末端を温めるのも効果があります。
手足を温めることで、末端に滞っていた血液がどんどん心臓に戻ろうとし、全身の血液循環が
よくなります。

眠るときにカイロを貼ったまにするのは火傷の危険がありますので絶対にしないようにして下さい。

<急性の腰痛は冷やして安静に>
ギックリ腰は、腰の筋肉や靭帯が疲労などで固まって柔軟性を失ったり、弱っているときに起こりやすくなります。そういったタイミングで腰をひねるなどの大きな負担が加わると、筋肉や靭帯に小さな傷がついたり、捻挫となり炎症を起こすのです。
こんなときは、とにかく安静第一にしましょう。

温めると内部の出血が広がってしまうので注意しましょう。冷やして、炎症を鎮めることを心がけて下さい。

質問等ありましたらしたのURLかお電話をお待ちしております。

ぎっくり腰

 

http://www.rose-no-hana.com

腰痛とは

腰痛は国民病とも言われるほど多くの方が悩んでいる症状です。

腰が痛いと何をするのも億劫になってしまいますね。

その「腰痛」には様々な種類があります。

<急性腰痛>
ぎっくり腰と呼ばれるものです。
欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。重い物を持ち上げたり、咳やくしゃみをした瞬間など日常の何気ない動作の中で激痛が起こります。

<慢性腰痛>
腰痛は二足歩行をする人間の宿命とでもいえるでしょう。慢性腰痛は、外傷や骨折などの要因が無く、足やお尻への神経痛など神経根症状も見られないものが殆どですが、原因が特定できないために積極的で正確な治療を受けている方が少なく、完全に治癒するまでに長い期間を要し痛みを我慢されている方も多いのが実情です。長時間同じ姿勢で痛みが増したり、朝、布団から起き上がる時に辛く、動き出すと痛みが軽減する、重たいものを持つと痛いなど、急性腰痛ほどの激しい痛みではないものの、長期間痛みが続いたり違和感を感じるものを慢性腰痛としています。

腰痛の原因

1、長時間同じ姿勢を続けたことによる筋肉の疲れ。

2、ぎっくり腰、打撲など、外的要因によるもの。

3、内臓疾患に関係するもの。

4、2から3が複合して起きているもの。

5、骨粗しょう症からくるもの。

 

腰痛の対策
<座るより歩く>
長時間同じ姿勢で座る仕事は、腰痛を起こしやすくなります。
これは、立っているときよりも、座っているほうが腰に負担がかかるためです。立っているときより負担が軽いのは実は歩いているときなのです。
ですから、肉体疲労や血行不良のために起きている腰痛の場合は、1時間に1度ストレッチをしたり歩くことが大事になります。これは簡単ですが、自分でできる一番の腰の調整方法なのです。
歩きやすい靴で歩くことも大事になります。

2のぎっくり腰など、急性の腰痛の時には、動かさない、温めないことが鉄則です。

3のように内臓の疾患がある場合には、病院にてその根本的な治療が必要となります。

5の場合は、カルシウムなどを積極的に摂取して骨を丈夫にしましょう。

<腰痛は前兆があったら休みましょう>
腰痛を引き起こす1週間ぐらい前に、腰のだるさや違和感などの前兆があったりしますので、
そういうときは、すぐに体を休めましょう。

<痛いときは寝てしまう>
立つのも座るのも、また、いい姿勢を作ろうとするのも、
腰に負担がかかります。
痛いときには寝るのが一番です。
仰向けで軽くひざを曲げると、腰がまっすぐになり楽になります。

<背筋と腹筋をきたえる>
腰痛がないときに、背筋と腹筋を鍛えましょう。
筋肉で腰を支えることが出来るようになるため大分楽になります。

<温めて血行促進>
一般的な腰痛は、腰椎周辺の筋肉の硬直により血行が悪くなり筋肉中に疲労物質が溜まっている状態です。
患部の血行を促して、乳酸などの疲労物質を排泄し、萎縮した筋肉をほぐすことでとても楽になります。そのためにまずしたいのが、温めること。
冷えは血行不良を起こします。冷房の効いた室内に長くいるなど、その日の予定によって腰痛を起こす危険がありそうなら、あらかじめ洋服の下に温湿布や、カイロを貼って出かけると、多少は腰痛を防ぐことができます。体の末端を温めるのも効果があります。
手足を温めることで、末端に滞っていた血液がどんどん心臓に戻ろうとし、全身の血液循環が
よくなります。

眠るときにカイロを貼ったまにするのは火傷の危険がありますので絶対にしないようにして下さい。

<急性の腰痛は冷やして安静に>
ギックリ腰は、腰の筋肉や靭帯が疲労などで固まって柔軟性を失ったり、弱っているときに起こりやすくなります。そういったタイミングで腰をひねるなどの大きな負担が加わると、筋肉や靭帯に小さな傷がついたり、捻挫となり炎症を起こすのです。
こんなときは、とにかく安静第一にしましょう。

温めると内部の出血が広がってしまうので注意しましょう。冷やして、炎症を鎮めることを心がけて下さい。

ぎっくり腰

 

http://www.rose-no-hana.com

ぎっくり腰になってしまったら

さて、今回は急に起きてしまうぎっくり腰についてのお話です。

実は、この時期にはぎっくり腰になりやすいというのをみなさんご存じでしょうか?

当院でも、最近は毎日のようにぎっくり腰の患者様がご来院されます。

急に寒くなったと思えば今日のように温かくなったりと、

身体が気候の変動に追い付かないですよね。

気温の変動が激しいと、体の中でも血流の変化が激しくなります。

気温が高くても身体が冷えた状態であったり、筋肉が固まった状態の時にぎっくり腰が起こりやすくなります。

筋肉はかたまっているけれど、無意識に急な動きをしてしまい、、腰の筋肉や周囲の組織を痛めてしまいます。

また、身体の歪みも原因の一つに挙げられています。

歪みにより、筋肉のバランスが悪くなることで筋肉疲労がおこってしまうからです。

ぎっくり腰は急な動きをしたり、いきなり腰に急激に負担をかけた時にも起こる可能性があります

「ぎっくり腰」の画像検索結果

では、実際にぎっくり腰になってしまった時、どのように対処すればよいでしょう。

ぎっくり腰は、一般的に腰部を温めたりマッサージをすることはあまり良くないとされています。

赤くなっていたり熱を持っている場合は、その部位に炎症が起きていますので温めたりすることで炎症を酷くしてしまう可能性がります。

ですので、ぎっくり腰の時には湯船につかることは避け、リラクゼーションサロンなどでマッサージを受ける事はやめましょう。

当院では、ぎっくり腰の患者様には手技療法や鍼灸治療、骨盤のバランスを整える施術などを用いて多方面からアプローチすることが可能です。

ぎっくり腰といっても、患者様によって症状はさまざまですので患者様ひとりひとりにあった方法で施術をさせて頂きますのでご安心ください。

ぎっくり腰は一度なってしまうと、その後もなりやすい傾向があります。

当院ではそういった患者様にも、再発しにくい身体づくりをサポートさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

腰の調子はいかがですか?

こんにちは

皆さん、腰の調子はいかがですか?

日本人は骨格的にも欧米人と比較して腰周りの筋肉量が少ないので腰痛になりやすいそうです

腰は日常生活上のほぼあらゆる動作にかかわり、腰椎と椎間板には常に大きな負担がかかっています。

荷物を持ち上げる時、しゃがむ時などふとした時に痛めやすいです。

寒くなってくると冷えて余計に痛みを感じたりと辛い季節になってきましたね

腰痛は筋肉の血行不良も関係していますので、なるべくお風呂に入って腰を温めたり、ストレッチをするのが良いようです

 

ご自身でケアすることも大切ですが、鍼治療・保険治療などと一緒にやっていくと更に治りが良いと思います。土日祝日も営業していますので我慢せずローズでご相談下さいね。

20121029_747607

肩こりや腰痛には鍼灸治療が効きますよ♪

みなさん、こんにちは。

今日は鍼灸治療についてお話したいと思います。

鍼治療は、肩こりだけでなく、腰痛などいろんな症状に対して有効な治療法です。
今回は、肩こりにおける鍼治療の効果について、なぜ鍼をすると痛みが和らぐのか、症状が改善するのかということについてお話をしたいと思います。

 

鍼治療は痛い?

ただ、その前に鍼灸(鍼治療)に対する悪い先入観から取り払っておきましょう。
よく「鍼治療は痛いんじゃないですか?」と言われるのですが、実際は、まったくそんなことはありません。
鍼治療に使う鍼の先は、「松葉型」といって注射鍼とは形状が違い、痛みを感じにくい作りになっています。

 

鍼治療が、肩こりや腰痛に効く理由

では、鍼をするとなぜ肩こりや腰痛の痛みが和らぐのか?どんな効果があるのか?と言いますと、鍼で刺激をすることにより、自律神経系、内分泌系、免疫系などに作用して、その結果筋肉の緊張の緩和、血液、リンパ液の循環の改善、自然治癒力の向上、鎮痛効果等の作用があります。

例えば肩こりに鍼治療をすると、固くなった筋肉の緊張を緩和させ、血液やリンパの流れがよくなることで疲労物質を流し、痛みや不快感を抑えてくれます。
手では届かない筋肉の根っこまで刺激ができるので、表面からだけではなく奥からの治療が可能になります。

これを機会に鍼治療に対する良いイメージをもっていただけると嬉しいです。

受けてみると想像以上に痛くなく、効果があるのがわかると思います。

当院の治療に関しましては、下記もご覧ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

www.rose-no-hana.com

A307_003

腰痛にお困りの方は

こんにちは(^v^)

11月になって木々の葉っぱが落ちて寒い日が多くなってきました。

寒さには怪我が付きものですので、ご注意ください

本日は腰痛についてお話させて頂きます。

 

まず、腰痛になりやすい人は以下の点になります。

・前姿勢をする事が多い人 

・座る時に足を組む人 

・長時間、椅子に座ってお仕事をしている人 

・重い荷物を持つことが多い人   などが腰痛になりやすいと言われています。

Version:1.0 StartHTML:000000380 EndHTML:000116977 StartFragment:000116636 EndFragment:000116876 StartSelection:000116636 EndSelection:000116876 SourceURL:https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=4pXZvo8M&id=71935C2AD5087766AF0CCA293A628C4B58298134&thid=OIP.4pXZvo8MmqlZWPFz8nThHwDKE0&q=%e8%85%b0%e7%97%9b&simid=608024056520838328&selectedIndex=2&mode=overlay閻ー逞・- Bing images

閻ー逞・縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡

 

そして、なぜどうして腰痛にが起こるのか。皆さんご存じでしょうか?

・腹腔圧力が弱くなって腰椎がしっかり支えられなくなって腰痛が起きてしまったり、

・仙腸関節にズレやゆがみが生じて骨盤全体に歪みが起きて腰痛障害が起きてしまったり、

・背骨が変形して自然なS字型でなくなると腰に過度なストレスが生じて腰痛が起きてしまったり、

・中殿筋の筋力不足  だったりします。

 

このようなこと、(ご年配の方であれば、突然のぎっくり腰)

もしくは腰痛に困っているかたは是非ローズへご来院ください。

 

保険治療はもちろんのこと、鍼灸(鍼、お灸)も行っております。

当院は、9:00~20:00までとなっております。

また土日、祝日も通常通り受付しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

http://www.rose-no-hana.com/

腰痛肩こりが辛い方は

こんにちわ☆

これから寒い日が続きそうですね。

日差しがあると暖かい時もありますが、皆さん調子はいかがでしょうか?

朝や夜は特に冷え込むこの頃ですが、

気温差によって肩こりや腰痛、神経痛をも起こりうる可能性があるのはご存じでしたでしょうか!?

 

肩や腰は、普段の生活から体を支えていながら、

それに加えて気温の変化が加わる事によってかなりの負担になるのです!!(-_-;)

 

気温の変化は一種のストレスとなり筋肉に負担をかけます。

すると、筋肉を硬直させる疲労物質というものが溜まっていくのです‼

閧ゥ縺薙j 縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡

 

また、硬直した筋肉は、肩や腰にある血管や末梢神経を圧迫してしまいます!!((+_+))

圧迫された血管の中では、血流の流れが悪くなり、酸素や栄養素が運ばれにくくなり、

疲労物質はさらに溜まりやすくなってしいまうのですっ!!(>_<)

 

温度変化の激しい日などは腰痛・肩こりなどには要注意‼

皆さんもお気を付けてください。

 

また、もし、ひどく辛いようでしたら、当院にお任せ下さいっ!!

保健治療はもちろん、鍼やお灸もありますので、お客様にあった施術をさせて頂きます。

お気軽に当院へお越しください☆

スタッフ一同心よりお待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com/

腰痛、ぎっくり腰にご注意を!!

 

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

ぎっくり腰は一般的に『急性腰痛』または『椎間捻挫』と言われており、いきなりグキっと言う衝撃と共に激痛が走ります

1つ上げられるのは筋肉疲労です。

ぎっくり腰は急に起こりますが、症状としていきなり起きているだけで、ゆっくりと原因になるものは進行しているのです。荷物を持ち上げようとした時に激痛が走ったり、よろめいてちょっと方足が勢いよくついてしまったときなどぎっくり腰になりやすいですが、日常のなかで同じ動作をしても平気だったのにも関わらず、ある瞬間ぎっくり腰になってしまうのです。

 

骨格の歪みが原因の場合もあります。

日常生活を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいる事が多いでしょう。こうしていると身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉を使ってしまう事になってしまうのです。使われている筋肉に負荷がかかり、使われてない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたことが筋肉のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまうのです。

 

辛いときは、我慢せずにローズの花鍼灸整骨院までお越しください。

土曜・日曜・祝日も休まず9:00~20:00まで診療しております。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

鍼灸治療+αで早期治療を!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

皆様こんにちは

いよいよ本格的な秋が近づいてきた今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?

さて、秋といえば食欲・睡眠・読書・運動の秋ですね。ですが、季節の変わり目はその温度差の激しさから身体がついていけず、様々な傷害や症状を起こしやすくなります。

具体的には

・ギックリ腰

・腱鞘炎

・寝違え

上記3つは比較的発生し易く、当院でもこの時期に患者様が多く見受けられます。

また、最近はこの上記の症状になったためハリを受けられるという方も多いです。

 

骰シ豐サ逋・縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡

ただ、ぎっくり腰の患者様に見受けられたのですが、手技療法はやらない方が良いのではないのか?と聞かれたことがあります。

当院としましては、鍼灸をやった後に更に保険を使って手技療法をやることで、治療効果が増すため是非やっていただきたいと思っております。

鍼に加えて、テーピングによる固定や治療の一環として骨盤矯正を行うことで、早期治療を目指すことが出来ます。

蒲生店では鍼灸の予約は常に受け付けております。気軽にご連絡下さい。

本日はここまで!それでは!