膝の痛み

 

今日は膝の疾患で最も多い「変形性膝関節症」についてお話いたします。

どんな病気かというと、

“関節軟骨の変性、磨耗による荒廃と、それに伴う軟骨および骨の新生、増殖による慢性、進行性の変形の関節疾患”です。簡単に言えば、加齢、肥満、けがなどにより、関節の軟骨が磨り減り、さらに骨が変形し痛みを生じる病気です。  明らかな原因のない、一次性関節症とけが、炎症等の後に生じる二次性関節症に分けられます。90%以上は一次性関節症です。  50歳代で発症し、65歳以上で急増します。また、1:2~1:4で女性に多い病気です。

症状は、

(1)痛い:初期は動作開始時の痛みを訴えることが多いです。病期が進むと動作中の痛みを訴えるようになり、階段昇降、特に降りるときの痛みが特徴的です。さらに病期が進むと歩行が困難になることがあります。圧痛は関節の内側にあることが多いです。

(2)伸びない、曲がらない(可動域制限):初期は、関節水腫(水がたまる)、滑膜肥満が原因で、進行すると関節面の変形、関節包の拘縮、筋力低下が原因となります。正座ができない。

(3)太くなった(腫脹):関節内に炎症を起こすと関節液が貯まります。

(4)O脚(変形):骨破壊が進んだとき。

(5)ぐらぐらする(不安定性):歩くとき外側にぐらつく。(図1)

(6)肥満:変形性膝関節症の80%に肥満が認められます。

しかも、今とても寒い時期なので痛みも強くでてくると思います。上記のような症状でお困りの方がいましたら、是非一度当院にご相談下さい。

不眠症でお困りの方へ

最近、なかなか寝付けない、寝てもすぐに目がすぐに覚めてしまうなどこのような症状にお悩みをお持ちでないでしょうか?

不眠症により一日気分が上がらずに終わってしまうのは、嫌ですね。

不眠症の解決策は、なぜ不眠症になってしまったのかその原因を突き止めてその原因を解決していくことが重要です。

まずは、自分がどのような不眠症のタイプかを知ることから始めましょう。

不眠症には次の3タイプがあります。

入眠困難の不眠症タイプ:夜布団に入っても興奮してしまい中々寝付くことができない。

中途覚醒の不眠症タイプ:寝付いた後、何時間かおきに目が覚めてしまう。

早期覚醒の不眠症タイプ:朝の早い時間に目が覚めてしまい睡眠が確保できない。

このように種類があり、不眠症の方はどれかに当てはまるかと思います。または

いくつも当てはまる方は重症の不眠症です。

主な原因には、心理的障害(ストレスによるもの)

身体的原因(体の病気や症状が原因)

精神的原因(精神や神経的な問題が原因です。憂鬱な気分が続いたりしたら抑うつかもしれません。このような気分が続いたら注意が必要です。

薬理学的原因(服用している薬やアルコール、カフェインが原因です。)

このように原因は様々あります。

症状を改善しても不眠症が治らなかったら当院の鍼治療をお勧めします。

鍼治療では、精神的な興奮や自律神経の乱れを抑えて、体のリズムを元に戻していきます。

当院にも多くの不眠症の方が来院され、鍼治療を受けていきます。多くの方が効果を実感してくれています。不眠症でお困りの方は当院の鍼治療を受けてみてください。

鍼治療の方は、完全予約制となっておりますので、お電話でのご予約お待ちしております。

 

 

詳しくはこちらまで↓

http://www.rose-no-hana.com

 

 

自律神経失調症には鍼灸治療がおススメです。

皆様、急に食欲が出たり出なかったり、気分が落ち込んだり高揚したり、といったことはないでしょうか?
本日は自律神経失調症についてお話させて頂きます。

自律神経の働きについて
自律神経と言うのは、自分の意思でコントロールできない部分にはたらく神経です。
主に活動する時に働く交感神経、落ち着きなどに働く副交感神経、
プラスとマイナスとして働く2つの神経は、必要に応じて自動的に切り替わり、主に下記の働きをしています。
◆心臓の動き、外気に対する体温の調節◆
◆感情に対するはたらき(悲しい時の涙や、驚いたときの動悸など)◆
◆ホルモンの分泌(女性の場合、月経や妊娠に関係する事が多いです)、免疫など◆
上記の他にまだたくさんの働きがあり、その分自律神経の不調は全身のいたるところに症状が出ます。
頭痛、眼精疲労、耳なり、味覚異常、動悸、めまいや立ちくらみ、息切れ、酸欠感
吐き気、便秘、下痢、手足の冷えや痛みや疲れやしびれ、月経不順、肩こり
全身の倦怠感、不安感、記憶力や注意力の低下、イライラしやすいなど。
上記の症状の多くは不定愁訴といい、数字や画像検査などで目に見えて異常がでないものをいいます。
上記のものに限らず、人によって様々な症状が心身ともに、重なって出たり、消えたり増えたりします。
また、これらは自覚症状がありながら、医療機関で「異常なし」と判断されてしまうことが多くあります。
「自覚症状しかない」ため、検査結果などで明確にすることができないからです。

自律神経失調症の原因
1.ストレス
過度のストレスによる感情の起伏が自律神経に悪い影響を与えます。悩み、心配、恐れ、怒りなど、ネガティブな感情が過度のストレスを呼び、自律神経の乱れを起こします。
2.緊張状態の継続
仕事や家事などでの緊張が長時間続き、リラックスできない期間が長く続いたりすると、交感神経が働いたままの状態になり、自律神経失調症につながります。このような方は、休日や睡眠時など、休んでもいい状態なのに、リラックス出来ず心も身体も緊張したままになっています。
3.体内リズムの乱れ
睡眠不足や昼夜逆転の生活、不規則な食事など生活リズムの乱れが体内のリズムをくずし、自律神経の乱れをつくります。

自律神経失調症の改善方法
疲れを癒しストレスを溜めないこと!
精神を安定させることが改善につながります。
改善の主な方法としては、
1.運動をする
2.就寝30分〜1時間前までに入浴する
入浴することでストレスはかなり軽減されると言われています。特にその後の眠りを深く安眠しやすくもなります。できればシャワーではなく湯船に浸かることが大事です。
湯船に浸かり汗をかくことで、体温調整の機能を鍛えることが出来ます。
3.ストレスを発散しましょう
4.安眠できる環境を整える
睡眠の1時間前には部屋の明かりを落とし、リラックスした状態で身体を休めましょう。
毎日同じ時間に寝たり起きたり、リズムのある生活を心がけることが大切です。

当院は鍼灸を用いてお身体の体質改善などで自律神経失調症に対して治療していきます。
鍼灸治療は完全予約制のため、お電話でご予約の上ご来院下さい。

詳しくはこちらまで↓↓↓
http://www.rose-no-hana.com/

腰痛でお困りの方へ

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

みなさん、こんにちは。

今日は腰痛対策について説明したいと思います。

対策①
肉体疲労や、血行がよくないために起きている腰痛の場合は、姿勢を変えたり、1時間に一回は休憩を取り2,3分でもデスクなどを離れて歩いたりするといいでしょう。
対策②<背筋と腹筋をきたえる>
腰が痛くないときに、背筋と腹筋をきたえておきましょう。特に呼吸をする際に使う筋肉が重要です。この筋肉が強いかどうかで第3腰椎の椎間板にかかる負荷が5割・一番椎間板ヘルニアの頻度が高い第4~5腰椎椎間板にかかる負荷が3割減り、さらに腰全体の筋肉にかかる負担も5割減るといわれています。

<腰痛は前兆があったら休養を>
腰痛を引き起こす1週間ぐらい前には、腰がだるいとか、朝起きた時に腰に違和感を覚えるといった前兆があります。そういうときは、早めに対策を取りましょう。

<もしもギックリ腰になってしまったら寝て安静に!>
立つのも座るのも、また、いい姿勢をつくろうとするのも、腰に負担がかかります。痛いときには寝るのが一番です。腰にかかる負担が最も少ないといわれている姿勢は横向きで寝て膝を曲げる姿勢といわれています。次に楽な姿勢は仰向けで寝てひざを軽く曲げるといいでしょう。また、患部に熱がある場合(通常ギックリ腰から2~3日間)は温めたり揉んだりせずに、冷やして湿布をするといいでしょう。

<温めて血行促進、疲労物質を排泄する。>

一般的な腰痛は、腰椎(ようつい)のまわりの筋肉が硬直し、血行がとどこおって、筋肉中に疲労物質がたまっている状態です。患部の血行を促して、乳酸などの疲労物質を排泄し、萎縮した筋肉をほぐしてやると、根本的な解決とまではいかなくても、対処的に症状が楽になります。そのためには、温めること。寝転んで蒸しタオルをのせておく、温シップを貼る、熱いシャワーをあてる、湯船につかるなど、温める方法はいろいろあります。また、冷え性は血行不良の大敵です。冷房の強い室内でのデスクワークが続くなど、その日のスケジュールによって腰痛を起こす危険がありそうなら、洋服の下に温シップや、カイロを貼って出かけると、多少は腰痛を防ぐことができます。体の末端を温めるのもおすすめです。手足を温めることで、末端にとどこおっていた血液がどんどん心臓にもどろうとし、全身の血液循環がよくなります。

辛いときは、我慢せずにローズの花鍼灸整骨院までお越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

分離症(ぶんりしょう ブンリショウ)とすべり症(すべりしょう スベリショウ)の違いについて

 

こんにちは。

本日は一日中曇りのときどき雨の天気予報ですね。

天気の移り変わりが多く、体調を崩しがちなので、気を付けて下さいね。

 

さて、話が変わりますが、本日は分離症とすべり症の違いのご説明をさせて頂きたいと思います。

まず、分離症とすべり症は症状や原因が似ているため、

同じようなものと判断を誤解している人も多いのではないのでしょうか。

ですが、根本的に違う病気になります。

 

分裂症の場合、椎骨棘突起が折れてしまい症状が出ることになります。

また、すべり症の場合、椎骨がすべることによって症状が起こるのです!!

分離症もすべり症も根本的な原因の違いはありますが、症状的には違いがありません。

腰椎分離症とすべり症は、ぎっくり腰などの急性の腰痛と違って、年配者に多く見られる症状です。

その原因は、腰椎がずれたり折れたりしてしまうからなのです。

 

また、分裂症とすべり症の痛みは、いきなり症状が現れるものではなく、

徐々に症状が進行して、違和感から始まり、慢性痛となっていきます。

腰椎がすべるときに神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛も同時に発症する場合があります。

 

こうした痛みの出方から、激痛を起こすことはほとんどありません。

 

腰に違和感があるような痛みのため、年齢的に仕方がないと思ってしまう人も多く、

激痛ではないために我慢する人も多いのです。

 

しかし、我慢をせずに少しでも違和感や嫌な痛みなどを感じたら

一度、整形外科へ行って診断を受けてみてください。

ソース画像を表示

指を動かす時に引っかかってしまう方もしかして・・・

ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは♪お天気になって良かったですね~(^-^)

今日は《ばね指》についてお話させていただきます。

みなさんは《ばね指》という言葉を耳にしたことはございませんか?

ばね指とは、指の手のひら側の指を曲げる筋肉の腱が通る腱鞘に起きる《腱鞘炎》のことです。

その『腱鞘炎』の中でも、指の動きが制限されたりひっかかったところを過ぎた時に、急に指がばねのように伸びるような現象が起きることを『ばね指』と言います。

指の動きがスムーズにいかなくなったり 指を動かすたびに痛みが伴ったり・・

手作業の仕事などに支障が出てきたり、ひどい場合には、指が曲がったままになってしまい、反対の手で戻さないと戻らなくなります。家事なども辛くなって困っている方が多い症状です。

 

ばね指は指をよく使う仕事やスポーツ・手芸など細かな手先を使う方に多くみられる病気です。

とくに更年期や妊娠・出産後の女性に多く発症します。加齢や閉経などによって、ホルモンバランスの変化や筋力の低下など・・身体が弱くなり始めるため、『腱鞘』や『腱』も傷みやすくなってくるためです。
5本のどの指でも起こりますが、『親指』に1番おきやすくその次に『中指』や『薬指』などに起きやすいです。

対処法は、手指の使いすぎがそもそもの原因となっているため、手指を使わないで安静にしておくことが1番大切です。また、肩こり・首こりも関係している可能性があるので、首肩をほぐすことも大切です。

なにかお困りの際には当院にご相談ください。

疲れが溜まる日々に美容鍼はいかがでしょうか。

私たちが扱っている鍼灸では美容鍼も取り扱っています!

女性の方はもちろん男性の方も気になってる方がたくさんいらっしゃると思います。

美容鍼は顔のツボを(経穴)を刺激して、血流をよくすることでお顔に嬉しい効果があらわれます。「無料画像 美容鍼」の画像検索結果

1.リフトアップ効果でひきしめ力UP

ストレスや疲労、加齢により凝り固まった筋肉が、重力によって下がっていってしまい、たるみが出てきます。顔の筋肉に刺激を与えることで、表情筋をやわらかくほぐし、筋力を活性化させることでひきしめ力がUP します。

2.血流促進でツヤUP

ストレスや疲れにより、全身の血流が悪くなり、むくみやガサガサしたお肌になってしまいます。
ツボに刺激を与えることで、その部分に血液が集まりやすくなって血流が改善され、新陳代謝が活性化されることでハリ・ツヤがUP します。

3.お肌のハリと潤いUP
紫外線や加齢によりお肌のコラーゲンが低下します。
ハリがなくなった真皮に刺激を与えることで、自身でコラーゲンを作り出す力がUPし、ハリ・潤い力がUPします。

お肌の調子というのは老若男女、誰しもが気になることだと思います。

少しでも気になったら是非、当院にご連絡下さい。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ホーム

 

鍼灸治療で肩こりや頭痛を改善しませんか??

こんにちは。

肩こりなどお困りの方に鍼灸治療をお勧めしております。

肩こりは日常生活の中で様々な原因によって起こります。

  • 姿勢や動作による蓄積されたこコリ
  • 寒さによる筋肉の緊張
  • ストレスや自律神経の乱れによる血行不良

などなど、、、

当院では様々な原因から肩こりに悩まれている患者様に対して、ひとりひとりにあった丁寧な治療をさせて頂きます。

さらに、当院では肩こりの筋緊張からくる頭痛にお悩みの患者様も多くいっらっしゃいます。

肩こりからくる頭痛は鍼灸治療によって症状が改善されることがあります。

肩凝り に対する画像結果

主訴が頭痛の方でも、知らず知らずに肩こり・首こりが蓄積していて、こういった症状を改善することで頭痛がなくなるというケースもあるのです。

寒さやパソコン作業などにより肩こりや頭痛にお悩みの方は、ぜひ当院の鍼灸治療をお試しください。

また頭痛に限らず、肩こりが改善されるだけでその他のお身体の不調が改善されるということもあります。

肩こり症状があり、その他のお身体の不調も感じるという方は、当院の鍼灸師にお気軽にご相談ください。

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

月経痛・月経不順のお悩みにも鍼灸治療がお勧めです

 

当院では女性特有のお悩みである、月経不順や、月経痛などに対応する鍼灸治療も行っております。

そもそも月経不順はホルモンの乱れが原因です。月経が始まったばかりの思春期の女の子の月経不順は卵巣や子宮の未発達も原因といわれますが、20代~40代の女性の場合は、生活習慣が原因であることが多いのです。

なかには「よくあること」と、月経不順を軽視される方もいらっしゃいますが、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気の前兆である場合も考えられるので、放置しておくと重大な病気にもつながりかねません。

また、月経痛も子宮内膜症やホルモンの乱れなどの要因が考えられます。

 

月経痛や月経不順でお悩みの方にも鍼灸治療が勧めです!

鍼灸治療で血液(経血)の流れを良くし、ホルモンのバランスを整え、子宮を暖めることで月経不順や月経痛を和らげることができます。月経に伴う、腰が痛む・だるくなるなどの不快症状も改善できます。

鍼灸施術後、血流が良くなるに伴い経血の量が増える事もありますが、悪い血を外に出し新しい健康な血を身体に巡らせるという考えによる施術の結果です。お身体に悪い影響が出ているわけではないのでご安心ください。

 

冷えは月経痛だけでなく、万病のもとです。特に女性に冷えは大敵です。鍼灸治療で身体を暖め基礎代謝を上げることをお勧めしますが、突然月経痛がひどくなったり、立てないほどの痛みが走るなどの場合は子宮内膜症などの疑いがありますので、産婦人科に行くことをお勧め致します。

他にもご不明な点、ご予約のお問い合わせなどは下記からご連絡下さい。

お電話でもお待ちしております。

「生理痛 フリー」の画像検索結果

詳しくはこちらまで↓

http://www.rose-no-hana.com/

 

最近肌寒くなってきましたね・・・

 

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

こんにちは

最近肌寒い日が多くなってきましたね。

こんな日が続くと筋肉が固まってしまい身体の調子が悪くなってしまうかたも多いのではないでしょうか???

本日は腰痛、ぎっくり腰についてお話したいと思います。

 

腰痛の大きな原因のひとつに筋肉の疲れがあります。 腰痛・ぎっくり腰は突然起こりますが症状として突然起こるだけでその原因になるもの自体はゆっくり進行しています。荷物を持ち上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいて勢いよく片足をついてしまったりしたときなどがぎっくり腰になりやすいです。

少しずつ溜めこんだ筋肉疲労が、あるとき許容量を超えてしまい腰痛を発症してしまうというケースがよくあります。日常生活をおくる中で筋肉の疲れは必ずたまると言えるでしょう。身体にはそれを回復できるメカニズムが備わっていますが、睡眠不足や日々の食事の栄養バランスが偏っていたり運動不足だったりすると、上手くはたらかなかったりします。座りっぱなしの仕事をしている方はご注意ください。

 

腰痛、ぎっくり腰が起きてしまったら是非ローズにご来院下さい。お待ちしております。

尚 受付時間は9:00~20:00です。