慢性的な頭痛(ずつう ズツウ)には鍼灸治療をお試しください。

 

こんにちは。

頭痛についてのお話です。

雨の降る前に頭痛がするという方は意外と多くいらっしゃいます。

これは自律神経の乱れによるものと言われており、低気圧が近づくことにより自律神経が乱れて頭痛や肩こり、めまいなどの症状を引き越すことがあります。

自律神経の乱れは、生活習慣やストレス、睡眠不足などの様々な要因の積み重ねで起こるものです。

 

また、頭痛にはいくつか分類があります。

まず大きく分けて症候性頭痛と慢性頭痛があります。

症候性頭痛は、クモ膜下出血や脳梗塞などの命に関わる病気がひそんでいる場合に起こる頭痛で、今までに感じたことのないような痛みが急激に起こるのが特徴です。

この頭痛の可能性がある方は、すぐに病院で検査を受けましょう。

 

慢性頭痛は、文字どおり慢性的に起こる頭痛で、さらに片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛の3つのタイプに分類することが出来ます。

片頭痛は、『閃輝暗点(せんきあんてん)』と呼ばれる前駆症状の後に生じる拍動性の頭痛です。

緊張型頭痛は、肩や首などの筋肉の過度な緊張により血流障害が起こることで引き起こされる頭痛です。

痛みとしては、ぎゅーっと締めつけられるような痛みが起こるのが特徴です。

群発性頭痛はある時期に集中して起こる頭痛で、1~2ヶ月の間にほぼ毎日起こる頭痛です。

痛みとしては頭の片側に起こり、目の奥がえぐられるように痛むのが特徴です。

 

慢性頭痛の中でも、片頭痛や緊張型頭痛の方は多く、両方が併発している方もいらっしゃいます。

慢性頭痛には、鍼灸治療が有効ですので、ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

肩こりや首こりが気になり、頭痛もあるという方は、筋肉の緊張を緩和することで頭痛も軽減されることがあります。

ただの頭痛だからと放っておかずに、しっかりと治療をしましょう。

 

なお、鍼灸治療は完全ご予約制となっておりますので、まずはお電話でお問い合わせください。

お問い合わせ:048-999-6306

 

 

 

緊張性頭痛には鍼灸治療がおすすめです!!

今日は緊張型頭痛のお話をします。

頭痛の中で実は一番多いのが緊張型頭痛と言われており、

主な原因はストレスによって起こると考えられています。

ストレスといっても身体的なものも含まれるので、不自然な姿勢、同じ姿勢を長い間続けることや、

体の冷えなども原因のひとつにあげられます。

そのような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮して硬直した状態になり、頭痛を誘発します。

そしてとにかく精神的ストレスが1番です。

ストレスをため込むと神経や筋肉の緊張を高め、血管が縮こまり頭痛の誘因となります。

緊張性頭痛は、頭の周りや首の後ろから肩、背中にかけての筋肉が緊張するために起こる頭痛です。

ギューっと頭を締めつけられている感覚です。

同時に首や肩こり、めまいなどを伴うこともあります。

予防方法としては・・・ストレスを溜めこまない、ストレス解消をうまくしていく、リラックス状態をつくる、

適度な運動をする、マッサージなどで筋肉をほぐす

日頃から筋肉が過度に緊張しないように自分に合ったリラックス方法を見つけ、

実践していくことが大切です!!

また、鍼治療も効果的です!!
ぜひ当院の鍼治療を試してみてはいかがでしょうか?

↓詳しい情報は下記をご覧ください。

www.rose-no-hana.com/

images

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎 スポーツ障害 関節痛 肘痛)

皆さんこんにちは

本日は【ゴルフ肘】についてお伝えいたします。

こちらはテニス肘の多くが外側上顆に発生するのに対して、内側上顆に殆ど発生します。正式名称は上腕骨内側上顆炎と言われます。

原因としては正しいフォームによるスイングが出来ないため、手首を使う事で内側上顆についている手首を曲げたり腕を内側に向ける筋肉に負担がかかりその筋肉の付着部である内側上顆に炎症を起こすことになります。

発症年齢は幅ひろく、その多くが正しいフォームや自己流でやっている方々の多いアマチュアに多くなります。

正しいフォームを身に着けることで改善されますが、一度発生してしまった痛みを引いたり自分だけでケアを行うことは難しいと思います。

大好きなゴルフも一緒にやっていくためにも当院でケアをしながら治療していきましょう。

お待ちしております。

6d0147e64a1552abc50d5c189526a6fe

 

つらい五十肩をお持ちではありませんか?

本日は五十肩についてお話しします。

五十肩というのは転んで手をついてとか、何かにぶつかってなどの明らかな外傷がない、ある日突然なんとなく動かせる範囲が狭い。その範囲以上動かすと痛みが強いなどの症状が出るときに肩周りの筋肉や腱などの怪我を総称して診断されるものが五十肩です。

年齢によって四十肩や五十肩など様々な呼び方がありますが、正式には肩関節周囲炎と言われ、肩関節周囲の怪我で原因がはっきりない時にこのように診断されます。
なぜこのような事が起こるか、今のところ実際の原因ははっきり分かっていません。
高いところにある物を取ろうとした時や手を突いて立ち上がろうとした時、またはちょっとした重いものを持ち上げようとした時に肩の付け根に「ズキッ」と痛みが走り、発症していることを気付くことが多いようです。五十肩の発生する左右差は殆どありません。利き腕だから起りやすいと言うこともありません。発症しやすい年齢はやはり30代後半から60才代までの男性に割合多いようです。

五十肩は、フローズンショルダー、凍結肩とも言われズボンの後ポケットまで手が回らない、腕を持ち上げようとすると肩から先に挙がり腕自体は挙げられていない、手が頭に届かないため髪の毛がしばれないというような運動制限も起ります。また、夜間または明け方にかけて寝がえりなどで動かしたなどとは別に眠りを妨げる程の痛みが起ることも特徴です。
症状には段階があり、炎症が強い時期、動かしづらく固まってしまう時期、それが少しずつとけてきて動かせるようにてくる時期、大まかに言うとこの3段階に分かれます。

しかし、この痛みがなかなかおさまらない、動かすと激痛が走り動かせない。そのようなときは石灰が筋肉や腱の方に入り込んでしまって炎症が強くなってしまっているかもしれません。そういう症状が出ている時は病院でしっかり症状を見てもらい対処する事も必要です。

五十肩への鍼治療はこの石灰の沈着以外なら対応が可能です。痛みを落ち着ける効果や筋肉の張りをとり動かせる範囲を広げていくことが出来ます。また、動かしにくくなる前に悪化しないように行うこともできます。五十肩は一定の期間を越えると徐々に症状が改善し治ってくるものですが数年かかることもあるので、ただつらい症状を我慢して過ごすことなく何か少しでも改善したい、良くしたい、悪化を防ぎたいと思う方は是非当院にお越しください。相談のみでも大丈夫です。お気軽にお問い合わせください。

当院の詳しい情報は下記をご覧ください。
http://www.rose-no-hana.com/

頭痛について

 

当院では、鍼灸治療・手技治療にて数多くの患者様が頭痛のお悩みを解決されてきました。

本日はそんな頭痛についてお話していきたいと思います。

 

いま、頭痛で悩まれている方は15歳以上の3人に1人いると言われています。

男性は20~30歳代、女性は30~40歳代に多くみられています。

そして男女比は男性<女性、女性の方が多く男性の3倍です。

 

「頭痛」と言っても種類があるのをご存じですか?

慢性的におこる頭痛は

「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発性頭痛」の3種類に分けられています。

 

●緊張型頭痛

15歳以上の頭痛で悩まれている方の50%以上は「緊張型頭痛」と言われています。
首や肩周辺の筋肉の緊張によって、血管が圧迫されてしまい、頭痛に繋がってしまうものです。

しかし、このタイプの頭痛に悩まれる方が多い分、原因は様々あります。100人いれば100通りの原因があるといわれています。

●偏頭痛

偏頭痛の特徴は、ドクドクと脈をうつように痛みがでる。吐き気を伴うことが多い。女性に多い。マッサージや温めると悪化する。

緊張型頭痛と一緒にされてしまいがちですが、大きな違いは「痛みの特徴」です。
ぎゅーっとしめつけるような頭痛は「緊張型頭痛」、対してズキンズキンと脈をうつような頭痛は「偏頭痛」です。

●群発性頭痛

偏頭痛は女性に多いですが、群発頭痛は男性の20~40代に多いです。女性に比べ約5倍男性が多いようです。
特徴的な症状は片方の「目の奥」がえぐられるような痛み、片側だけに頭痛がおこる、一定期間に何回も痛みがでる、痛くてじっとしていられない、など。
つらく、耐え難い痛みとも言われております。

 

 

頭痛を治すのに薬を飲み続けることが解消方法ではありません。ましてや首や肩を揉んで緊張を和らげても頭痛は解消され無い場合もございます。全身をみて、全身を調整していかなければいけないのです。頭痛の方はまずは病院で検査をしてきてください!!それで問題がなければ整体で頭痛が解消される可能性が高いです。

どこ行っても頭痛が楽にならないという方は、ぜひ当院の整体をお試しください。

詳しい情報はこちらまでお願い致します。

ホーム

「頭痛 イラスト 原因」の画像検索結果

坐骨神経痛について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは。最近暑くなってきましたね体調管理には充分お気をつけ下さい。

 

さて、今日は坐骨神経痛についてのお話です。

坐骨神経痛という言葉は最近では一般的に耳にするようになった言葉だと思います。

というのも、腰痛や腰椎椎間板ヘルニアをお持ちの患者様はとても多く、坐骨神経痛が併発している方も多くいらっしゃいますので、一般的な言葉になってきたのだと思われます。

坐骨神経は、腰椎の骨の間から出てお尻の下を通り、大腿の裏を下っていく神経です。

この神経の走行上になにか障害が起こると神経を刺激して痛みが出るのが坐骨神経痛です。

 

坐骨神経痛の原因は以下のようにいくつか考えられます。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群

腰椎椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症などにより、腰椎の神経の出口が障害されていう場合や、梨状筋と呼ばれるお尻の筋肉の緊張が強いために神経を圧迫してしまう場合に神経の走行に沿って痛みが生じます。

 

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの根本的な原因を治療することが理想的なのですが、加齢に伴うものであったり慢性化してる場合が多いので、痛みの治療をともに行っていくことが必要です。

こういった症状をお持ちの方は、かばうために周囲の筋肉がとても緊張していることがあり、これが痛みを増強させてしまっていることが多くます。

そのため、当院ではそういった症状に対してアプローチすることで痛みの緩和を行ったり、さらには姿勢の調整や指導を行うことで、治療をお手伝いをさせて頂きます。

 

また梨状筋症候群と呼ばれるお尻の筋肉の緊張による痛みでは、やはり筋肉の緊張を取り除いてあげることで症状の改善が期待できます。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに比べて、比較的治療効果が高いのがこちらのタイプです。

 

また、鍼灸治療では筋肉の緊張を取るのと同時に、全身の気のめぐりを良くすることで治療効果を高める事が可能です。

痛みが強すぎてマッサージが受けられないという場合も鍼灸治療で遠隔的に治療をすることもあります。

 

坐骨神経痛にお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。

当院では保険適応の施術と、自費での鍼灸治療を行うことができますので、患者様の状態にあわせて治療方法を提案させて頂きます。

なお、鍼灸治療ご希望の場合は完全ご予約制となりますので、まずはお電話をお待ちしております。

TEL:048‐999‐6306

 

 

なんとなく不調を感じるという方へ

こんにちは。

 

 

みなさんは何となく体調が悪いと感じることはありませんか?

夜ぐっすり眠れない、気分が落ち込む、全身の倦怠感がある、頭痛、肩こりなど原因はわからないけれど、お身体の辛さを感じるという方は、自律神経が乱れている可能性があります。

自律神経は内臓の働きやホルモンバランスなど無意識下で体内の様々な機能を調整しています。

ストレス生活習慣の乱れにより自律神経のバランスが崩れることで、いろいろな症状が出てきます。

 

自律神経の乱れを改善するには、リラックスすることが大切です。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は緊張状態の時に優位に働き、副交感神経はリラックス状態の時に優位に働きます。

常にストレスにさらされているような生活をしている人は、緊張状態あるため交感神経が優位になっています。

そのため、身体の状態をリラックスした状態にしてあげることが自律神経を整える近道です。

日常生活で簡単にできることは、まず呼吸です。

人は、緊張状態やストレスフルな状況では呼吸が浅くなります。

疲れている人はよくため息が出ますよね。これは呼吸が浅く、体内で酸素と二酸化炭素の交換がうまくできていないために起こります。

呼吸は本来無意識で調節されていますが、意識的にも調節することができますよね。

そのため、ゆっくりと深く呼吸をすることを意識することでしっかりとガス交換も行われ、自律神経にも働きかけることができますので、とても簡単でいい方法です。

他にも、ゆっくり湯船につかる、心地の良い音楽を聴く、ストレッチをするなど、簡単なことでも効果はあります。

 

さらに、鍼灸治療でも自律神経を整える治療を行う事が出来ます。

鍼というと痛いイメージがあるかもしれませんが、気のめぐりが良くなり、実はとても気持ちがいいものなのです。

治療中に気持ちよくて寝てしまう患者様もいるほどです。

鍼灸治療では自律神経の乱れに伴う症状に対しても直接アプローチすることが可能ですのでオススメです。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

https://www.rose-no-hana.com/

美容鍼の効果って

 

美容鍼は、「小顔効果」があるんですか?

このような質問はよく受けます。

美容鍼ではもともとの骨格自体を矯正する効果はありませんが、

普段しっかり使えていない筋肉によるたるみ

使いすぎて硬くなってしまっている筋肉による顔のアンバランス感

また、循環が悪く上手く流すことのできない水分などによるむくみを改善し

元の状態より顔をすっきり見せる、その状態をキープする事が可能です。

小顔効果はもちろんですが、それ以外にもしわやしみ等のお顔のトラブルを緩和することもできるんです。

美容鍼は顏にいくつもあるツボに刺激を与え、肌の内側から悩みを改善することができる美容法なのです。

 

でも、中には「鍼は怖い…」という方もいらっしゃると思います。

美容鍼で使用する鍼は髪の毛くらいの細さのもので、痛みはほとんどありません。

また、初めてで不安な点がある方には納得して安心して施術が受けられるよう

しっかりと説明をしてから施術に入っていきます。

お悩みや不安な点がある場合はお気軽に相談して下さい。

これからの行事など、綺麗に小顔になって見ませんか?

当院では様々な美容鍼のコースがありますので、お電話でのご質問もお気軽にお受けいたします。

また、鍼の施術に関しましては完全御予約制となっておりますので、事前にご連絡をお願い致します。

気になる事がございましたら、こちらまでお願い致します。

ローズの花 鍼灸・整骨院 蒲生駅東口店

https://www.rose-no-hana.com

胃腸症状を改善するには

こんにちは。

 

今日はストレスと胃腸の不調についてのお話を致します。

ストレス社会と言われる近年、ストレス性の胃腸炎という病気の名前を耳にする事が増えました。

ストレス性胃腸炎とは、ストレスにより胃がむかむかする、食欲がない、吐き気がするなどの症状が出る病気です。

実際には、内視鏡検査で組織に異常が見つからない場合は機能性胃腸症などとも呼ばれます。

 

なぜ、ストレスでこのような症状が出てくるのでしょうか?

ストレスが原因で以下のようなことが起こると考えられます。

  • 胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスの乱れ
  • 過剰な胃酸が分泌され、胃部の痛みや潰瘍がつくられる
  • 胃の収縮が起こり腹痛や胃の痙攣がおこる
  • 運動機能低下、蠕動低下による消化不良、膨満感が起こる
  • 胃の知覚過敏が起こる

このように、ストレスに対して胃腸は敏感に反応するので、様々な症状を引き起こします。

 

さてこれらの症状を改善するにはまず、原因となるストレスを取り除くことが大切です。

仕事が忙しい、辛いという方はまず働き方を見直す必要があるかもしれません。

人間関係に悩んでいるという方も、深く思い悩まずストレスをため込まないことが大切です。

さらに食事による胃腸へのストレスも考慮する必要もあります。

胃腸が弱いという方の中には、油っこいものや甘いものを暴食していたり、冷たいものを飲み過ぎていたりする方もいらっしゃいます。

また、しっかりを食べ物を噛むということをおろそかにしてる方も大変多いのです。

良く噛んで食べるというのは子供のころからよく指導されることですが、これは胃腸内でしっかり消化吸収ができるようにするためです。

あまり噛まずに飲み込んでしまうという方は、胃腸にかなり負担がかかっているんです。

若い時や元気な時はそれでも胃腸が頑張ってくれるのであまり不調を感じないのですが、身体が弱っている時にそのままの食事を続けると胃腸症状が現れる可能性があります。

噛む回数の理想は一口で20回くらいとよく言われます。実際に20回噛もうとすると、結構時間がかかり疲れるものです。

普段自分がどれだけ噛めていないのかがよくわかると思います。

胃腸の不調があったり、便秘があるという方でも、食事のときに噛む回数を意識するだけで症状が改善されることがありますので、ぜひ実践してみてください。

 

さて、ストレスによる胃腸の症状は鍼灸でも治療する事が可能です。

東洋医学では、身体の働きの中で胃や腸の働きは重要視されていて、胃腸に関するツボもたくさんあります。

さらに自律神経の乱れにアプローチすることも可能ですので、身体の不調の根本的な部分を治療することができます。

ストレスによる胃腸の不調に悩んでいらっしゃる方は、ぜひ一度鍼灸治療をお試しください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

頭痛でお悩みの方へ

images

皆さまは《頭痛持ち》ではないでしょうか?

『頭痛持ち』という言葉を聞いて、自分の事だとお思いになられる方はたくさんいらっしゃるように思います。

頭痛持ちの方は、雨の日など気圧の変化でいつもよりも頭痛が辛いとおっしゃる方が多いようです。

ちなみに15歳以上の男女の3人に1人がいわゆる『頭痛持ち』で、その数3000万人を越えているそうです。ものすごい人数の方が悩まされているんですね。一言で頭痛と言っても種類はさまざま。今日は女性に多い慢性頭痛、《片頭痛》と《緊張性頭痛》についてご説明します。

 

片頭痛と緊張性頭痛の違いですが、まず片頭痛は時々起こる頭痛で、基本的には毎日は起こらず、頭痛の無い時には何事も無かったように過ごせます。こめかみが脈打つようズキズキと痛むのが特徴的な頭痛です。左右どちらかのこともあれば両方のこともあります。大体月に数回発作がおこり、ひどい場合は3日くらい続きます。日常生活に支障をきたすほどひどいことが多いのも特徴。月経周期に影響を受けることからも女性に多く、特に30代の女性では、5人に1人が偏頭痛に悩んでいるとも言われています。

【原因】
頭の血管が広がって炎症をおこし、周囲の神経を刺激することで痛みが生じるといわれています。片頭痛体質は遺伝すると言われ、特に母親に片頭痛があると、自分も片頭痛になりやすいと言われています。

【対策と治療法】
できるだけ規則正しい生活を心がけてください。アルコール、ダイエットはひかえめに。コーヒーやお茶は血管を収縮させますので効果的です。また、頭を冷やすのも同じ理由で効果があります。 まず、頭痛が起こってしまって、市販の飲み薬で何とかしようという場合は、痛みが軽いうち出来るだけ頭痛が起こってすぐに飲んだほうが効き目があります。

 

次に、緊張性頭痛ですが、日本人に最も多く、7割から8割の方が当てはまるといわれています。頭が締め付けられるようなだらだらした頭痛で、一日中続くことも多い頭痛です。『ジワーっと痛い』『なにかに締め付けられているみたい』『首から肩にかけて辛い』というように表現されます。

【原因】

その名の通り筋肉が『緊張』してコリをおこします。別名ストレス頭痛といわれるほど、ストレス量に左右されます。ストレスや緊張など、血流が悪くなる原因があるとなお悪化します。

【対策と治療法】
まず、ストレスをためない、同じ姿勢をつづけない、などの日常生活の注意が重要です。1時間に1回は立ち上がってストレッチなどをしましょう!また、お風呂など血流を改善するものも効果的です。アロマオイルを使用して精神的にリラックスさせるのも効果的です。

 

 

もしもお辛いときは我慢せずに当院にご相談ください。当院では頭痛に効果的な鍼灸治療や手技により血行を促進させる治療を行っています。

夜も20時まで営業していますので、学校やお仕事の帰りでも、お気軽にお越しください。土日祝日も休まず営業しております!

 

詳しくはローズの花鍼灸整骨院のブログをご覧ください!↓↓↓

http://www.rose-no-hana.com