今回はVDT症候群についてお話します。

パソコンやスマホ・タブレットなどを見ながら作業のことをVDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)作業と言います。

IT機器が普及したことにより、仕事だけでなくプライベートでも長時間使用することが多いと思います。

症状としては・・

VDT作業中は画面を凝視するため、まばたきの回数が減りドライアイなど眼精疲労を起こします。

・目の疲れ、かすみ、痛み、充血・・

長時間同じ姿勢でいることで、身体の血流が悪くなり凝り固まってしまいます。

・頭痛、首肩凝り、手足のしびれなどを起こします。

VDT症候群にならないようにするには、

休憩時間をつくり目を休ませること

時々立ち上がったり動いたり、ストレッチなどを行う事も効果的です。

また上記してある症状に対しては鍼灸治療で緩和させることができます。

お困りの症状などありましたら、ぜひ当院にご相談下さい。

http://www.rose-no-hana.com/blog/