今日は顎関節症についてお話します。

顎関節症とは簡単に言うと、

食べ物を飲み込む際や口を開く際に、「顎が痛い」 「ガクッという音が鳴る」 「口が開けにくい」などの症状が慢性的に起こる疾患です。

その原因や症状の程度はさまざまで、20代から30代の女性に多い疾患と言われています。

食事の噛み合わせのバランスや、寝る姿勢による負担、歯ぎしりなど、みなさんが意識しないところで顎関節に負担がかかる事が原因の一つとなります。

顎関節症には顎周囲の筋肉の障害にとって起こるものがあり、これは鍼が効果的な場合があります。

顎を支えている筋肉の緊張をとり、バランスを整えることで症状が緩和されます。

継続的な治療を続けることで、より効果も実感して頂けると思います。

ぜひ当院にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

http:///www.rose-no-hana.com