タグ別アーカイブ: ぎっくり腰

腰痛、ぎっくり腰にご注意を!!

 

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

ぎっくり腰は一般的に『急性腰痛』または『椎間捻挫』と言われており、いきなりグキっと言う衝撃と共に激痛が走ります

1つ上げられるのは筋肉疲労です。

ぎっくり腰は急に起こりますが、症状としていきなり起きているだけで、ゆっくりと原因になるものは進行しているのです。荷物を持ち上げようとした時に激痛が走ったり、よろめいてちょっと方足が勢いよくついてしまったときなどぎっくり腰になりやすいですが、日常のなかで同じ動作をしても平気だったのにも関わらず、ある瞬間ぎっくり腰になってしまうのです。

 

骨格の歪みが原因の場合もあります。

日常生活を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいる事が多いでしょう。こうしていると身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉を使ってしまう事になってしまうのです。使われている筋肉に負荷がかかり、使われてない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたことが筋肉のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまうのです。

 

辛いときは、我慢せずにローズの花鍼灸整骨院までお越しください。

土曜・日曜・祝日も休まず9:00~20:00まで診療しております。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

腰痛でお悩みの方へ

腰痛は国民病とも言われるほど多くの方が悩んでいる症状です。

腰が痛いと何をするのも億劫になってしまいますね。

その「腰痛」には様々な種類があります。

<急性腰痛>
ぎっくり腰と呼ばれるものです。
欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。重い物を持ち上げたり、咳やくしゃみをした瞬間など日常の何気ない動作の中で激痛が起こります。

<慢性腰痛>
腰痛は二足歩行をする人間の宿命とでもいえるでしょう。慢性腰痛は、外傷や骨折などの要因が無く、足やお尻への神経痛など神経根症状も見られないものが殆どですが、原因が特定できないために積極的で正確な治療を受けている方が少なく、完全に治癒するまでに長い期間を要し痛みを我慢されている方も多いのが実情です。長時間同じ姿勢で痛みが増したり、朝、布団から起き上がる時に辛く、動き出すと痛みが軽減する、重たいものを持つと痛いなど、急性腰痛ほどの激しい痛みではないものの、長期間痛みが続いたり違和感を感じるものを慢性腰痛としています。

腰痛の原因

1、長時間同じ姿勢を続けたことによる筋肉の疲れ。

2、ぎっくり腰、打撲など、外的要因によるもの。

3、内臓疾患に関係するもの。

4、2から3が複合して起きているもの。

5、骨粗しょう症からくるもの。

 

腰痛の対策
<座るより歩く>
長時間同じ姿勢で座る仕事は、腰痛を起こしやすくなります。
これは、立っているときよりも、座っているほうが腰に負担がかかるためです。立っているときより負担が軽いのは実は歩いているときなのです。
ですから、肉体疲労や血行不良のために起きている腰痛の場合は、1時間に1度ストレッチをしたり歩くことが大事になります。これは簡単ですが、自分でできる一番の腰の調整方法なのです。
歩きやすい靴で歩くことも大事になります。

2のぎっくり腰など、急性の腰痛の時には、動かさない、温めないことが鉄則です。

3のように内臓の疾患がある場合には、病院にてその根本的な治療が必要となります。

5の場合は、カルシウムなどを積極的に摂取して骨を丈夫にしましょう。

<腰痛は前兆があったら休みましょう>
腰痛を引き起こす1週間ぐらい前に、腰のだるさや違和感などの前兆があったりしますので、
そういうときは、すぐに体を休めましょう。

<痛いときは寝てしまう>
立つのも座るのも、また、いい姿勢を作ろうとするのも、
腰に負担がかかります。
痛いときには寝るのが一番です。
仰向けで軽くひざを曲げると、腰がまっすぐになり楽になります。

<背筋と腹筋をきたえる>
腰痛がないときに、背筋と腹筋を鍛えましょう。
筋肉で腰を支えることが出来るようになるため大分楽になります。

<温めて血行促進>
一般的な腰痛は、腰椎周辺の筋肉の硬直により血行が悪くなり筋肉中に疲労物質が溜まっている状態です。
患部の血行を促して、乳酸などの疲労物質を排泄し、萎縮した筋肉をほぐすことでとても楽になります。そのためにまずしたいのが、温めること。
冷えは血行不良を起こします。冷房の効いた室内に長くいるなど、その日の予定によって腰痛を起こす危険がありそうなら、あらかじめ洋服の下に温湿布や、カイロを貼って出かけると、多少は腰痛を防ぐことができます。体の末端を温めるのも効果があります。
手足を温めることで、末端に滞っていた血液がどんどん心臓に戻ろうとし、全身の血液循環が
よくなります。

眠るときにカイロを貼ったまにするのは火傷の危険がありますので絶対にしないようにして下さい。

<急性の腰痛は冷やして安静に>
ギックリ腰は、腰の筋肉や靭帯が疲労などで固まって柔軟性を失ったり、弱っているときに起こりやすくなります。そういったタイミングで腰をひねるなどの大きな負担が加わると、筋肉や靭帯に小さな傷がついたり、捻挫となり炎症を起こすのです。
こんなときは、とにかく安静第一にしましょう。

温めると内部の出血が広がってしまうので注意しましょう。冷やして、炎症を鎮めることを心がけて下さい。

ぎっくり腰

辛い時は我慢せず早めにご来院ください。

スタッフ一同お待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com

急な気温差はぎっくり腰にご注意(ぎっくりごし ギックリゴシ)

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは♪昨日は台風の影響で雨風が凄かったですね・・((+_+))

今日は昨日とはうって変わってすっかりお天気で、ちょっと暑さがまた戻った感じですね。気温差が激しいので体調を崩されないようお気を付け下さい。

今日は《ぎっくり腰》についてお話します!!

 

ぎっくり腰とは急性腰痛症とよばれるもので、急に腰に激痛がはしる症状のことです。

ふとした瞬間や、急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、などに腰がギクっとなり、動けなくなりその場にうずくまってしまうほどの激痛が走ると言われています。

ぎっくり腰になってしまったら・・まずは絶対安静です。ベッドに横になって安静にするしかありません。痛みの少ない姿勢を探し、とりあえずは安静にします。

少しでも動けるようになったら、痛みの様子をみながら少しずつ様子を日常活動は続けることが後々の痛みの改善につながるという研究結果が報告されています。

以上のことから、数時間〜半日ベッドで様子をみて、動ける範囲で少しずつ活動を開始しましょう。

 

 

ぎっくり腰になってしまったら(土日診療 鍼灸 骨盤矯正)

こんにちは!

今日はぎっくり腰についてお話しようと思います!

ぎっくり腰にもいろいろありまして、痛め方や痛めた箇所によって治療法が異なります。

また気を付けて頂きたいのですが、

ぎっくり腰は炎症ですので、むやみに自分で揉まないでください!

悪化する可能性があります!

また、そのまま放って置くと、痛みが治まった後に腰が固くなって今までのように動かなくなる可能性もあります。
ローズの先生は全員国家資格保持者です。

ぎっくり腰の患者さんも多くこられますが、「楽になった!」と言って頂いてます。

腰を痛めてしまったら、一度ローズに来てご相談下さい。

スタッフ一同、お待ちしております^^

 

治療

治療