スポーツ障害について

今日は《スポーツ障害》についてご説明したいと思います。

スポーツ障害とは、長期的に同じスポーツを続けた結果、体の一定の部位に負担がかかって起こる痛みや違和感などの障害のことです。同じスポーツをやっていると同じ箇所を使うことになります。簡単に言うと、スポーツにおける体の使い過ぎが原因とされています。

テニス肘、野球肘、野球肩、サッカー膝、ランナー膝、モートン病、アキレス腱炎、疲労骨折など他にもたくさんの障害が挙げられます。

スポーツをすること自体はとても良いことです。ただ、無理しすぎたり、体の使い方を間違えたままずっと続けていたり、そのあとのケアを怠ると、疲労が蓄積したり、気づいたら一部分に大きな負荷がかかってしまってしまったというのがスポーツ障害です。

スポーツ障害を予防するには、運動前に必ず準備運動をすることが大切です。ゆっくりと体温を上げていくことが重要となります。急に動き出すと、体にとても負担がかかりますし、怪我もしやすくなります。また、運動後は必ず整理運動をしましょう。スポーツした日はゆっくり湯船に浸かってから、ストレッチをするのもいいですね。

詳しくはこちらから

http://www.rose-no-hana.com/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です