痺れ

こんにちは、栗原です。

本日は、誰でも一度は経験のある「痺れ」についてお話いたします。

痺れの原因には様々なものがあります。基本的に、正座を長時間した後や足を組んだ後、肘をついて横になった後にくる一過性の痺れについては特に問題ありません。しかし、痺れがどんどん強くなったり、繰り返し起こるようになったり、1週間以上その痺れが続いているようであれば、身体に何かしらの異変が起きている可能性があります。

そこでポイントとなってくるのが、「動かしたときに痺れが強くなるのかそうでないのか」です。例えば足を上げた時や手を上げた時、また首を曲げたときや回した時に痺れが強くなるようであれば、ヘルニアや狭窄症、頚椎症や胸郭出口症候群などの整形外科疾患が疑われます。

しかし、安静時にも継続した痺れがあるようであれば脳卒中や脳腫瘍、糖尿病や閉塞性動脈硬化症などの内科・外科的な疾患が潜んでいる可能性があります。

いずれにせよ、上記のような症状が見られましたら一度専門医にご相談することをお勧めいたします。

それではこの辺で失礼します。m(_ _ )m

sibire2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>