月別アーカイブ: 2017年12月

だるさの5分類と対処法

 

だるさには「朝起きるのがつらい」・「体が重い」・「むくみや肩こりが気になる」・「落ち込みすぎて何をするのも憂鬱」・「人に会いたくない」・「頭がボーっとして集中できない」などなど症状はさまざまです。

当院はそのだるさに対して多様なメニューをご用意しております。鍼灸・足裏リフレクソロジー・骨盤矯正などたくさんの患者様が施術を受けてその効果をかんじていらっしゃいます。

 

《だるさ》は身体や心が疲れたという、いわば休めのサインです。それを無視して頑張ったり、あきらめてほうっておいたりすると病気にもつながりかねません。今日は《だるさ》について知って上手な対処法を身につけましょう。

《だるい》ってどういうことでしょうか?

だるさの正体は大きく5つに分かれます。

①血中の栄養が不足するガス欠タイプ・・極端なダイエットなどで栄養が不足し、糖分などの血中のエネルギーが足りないタイプ。胃腸の不調で消化吸収力が落ちたり、貧血などで血中の酸素量が不足してだるくなったり、水分が失われてもだるくなります。

→バランスよく栄養をとることが肝心。レバー・ひじき・プルーンなどで鉄分をしっかり補給するのが効果的です。また、一口30回を目安によくかんで食べ消化しやすくすること。あとは腹7分目程度で回数を分けて食べることで消化吸収力を高めるので心掛けてみてください。

 

②疲労物質・乳酸がたまっている筋肉疲れタイプ・・運動や仕事で長時間筋肉を使うと、乳酸という老廃物が生成されます。乳酸はいわゆる疲労物質ででだるさや疲労感のもと。乳酸がたまると筋肉の弾力が失われます。

→酢の物・レモン・梅干しなどのビタミンCやクエン酸を積極的にとりましょう。そうすることで乳酸が早く分解されます。また適度な運動で筋肉を使い活性化することで乳酸がたまりにくくなります。

 

③血のめぐりが悪い血行不良タイプ・・血液の循環が悪いと酸素やエネルギーが体中にうまくいきわたらずだるさを感じます。特に腰や足など下半身がだるくなりがちです。

→毎日のお風呂タイムに温冷浴を試してみましょう。まず18~22℃くらいのぬるめのシャワーをたっぷり浴びてそのあと42~43℃くらいの熱い湯に3分ほど入ります。これを3~4回繰り返すと毛細血管の働きが柔軟になり血行不良が改善されます。また、ストレッチでコリをほぐし血行をよくしましょう。

 

④脳内物質が不足しているプチうつタイプ・・頭を使いすぎると、脳のエネルギー源であるブドウ糖とアミノ酸が不足し、集中力が低下します。慢性的になると脳内物質の分泌量が低下し、うつ的な気分になってだるさを感じやすくなります。

→思いきり笑うことが、何よりのリフレッシュ法です。笑うと脳内物質が増え、気分が良くなるので、コメディビデオを借りて観たり、カラオケに行ったり、趣味を楽しんだり、友人とくだらない話でもして笑いまくりましょう。旅行に行ったりするのもよいですね。また、心を落ち着かせるアロマやサプリを利用するといいと思います。

 

 ⑤緊張とリラックスの切り替えができない自律神経タイプ・・ストレスなどでj緊張が続くと自律神経のうちの活動のための「交感神経」と休養のための「副交感神経」に切り替えがうまくいかなくなり、昼間の活動タイムなのにリラックスモードになるなどして、だるさを感じやすくなります。

→部屋で横になり、のんびりとした草原や森の中、晴れた海辺など自分がくつろいで気持ちよく感じる光景を思い浮かべてイメージ療法でリラックスしましょう。静かな音楽をかけるのも効果的です。また、新呼吸をし、肩の力を抜くことで意識的に調整できますよ。

「疲れ イラスト フリー」の画像検索結果

それでもお辛いときは、我慢せずにローズの花鍼灸整骨院までお越しください。

土曜・日曜・祝日も休まず9:00~20:00まで診療しております。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com

ダウンロード

ぎっくり腰に要注意!!

 

本日はぎっくり腰についてご説明させて頂きます。

寒い時や季節の変わり目などになりやすいと言われておりますが、なぜだかご存知ですか!?

それは、気温差が激しいと体はついてくるのに必死な状態が続き、その時に方だの血流が激しく変化し、

筋肉が硬くなる傾向があるからなんです!!これがぎっくり腰や腰痛に繋がってしまうという事なんです!!

 

なので、温度変化の激しい季節の変わり目にも要注意なんですが、

それ以外にも温度差に体はすごく弱い為、

生活環境から腰に負担がかかる仕事が多い仕事をしている方は普段から要注意が必要なんです‼(><)

 

また、あたたくなる季節に変わると、寒かった時より体を動かす方が多いと思います。

寒かった時期に動かしてない筋肉を急に動かすことで、

無理が生じ、ぎっくり腰や腰痛に繋がってしまう事も…(T_T)

 

ぎっくり腰になってしまった、腰痛が辛いといった方は上記の様な事をしてしまっているかもしれません。

もし辛くなってしまったら我慢をせずに当院へお越しください‼

保健治療での希望のお客様はご予約しないで来て下さって大丈夫です!!

また、鍼灸治療でもぎっくり腰への対応は可能です。そちらはご予約制となておりますので

一度お電話いただければと思います。

各種保険取り扱っておりますので、お気軽にご来院下さい。

下記からのお問い合わせもお待ちしております。

「腰痛」の画像検索結果

http://www.rose-no-hana.com/

images

頭痛でお困りの方へ

 

当院では、鍼灸治療・手技治療にて数多くの患者様が頭痛のお悩みを解決されてきました。

本日はそんな頭痛についてお話していきたいと思います。

 

いま、頭痛で悩まれている方は15歳以上の3人に1人いると言われています。

男性は20~30歳代、女性は30~40歳代に多くみられています。

そして男女比は男性<女性、女性の方が多く男性の3倍です。

 

「頭痛」と言っても種類があるのをご存じですか?

慢性的におこる頭痛は

「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発性頭痛」の3種類に分けられています。

 

●緊張型頭痛

15歳以上の頭痛で悩まれている方の50%以上は「緊張型頭痛」と言われています。
首や肩周辺の筋肉の緊張によって、血管が圧迫されてしまい、頭痛に繋がってしまうものです。

しかし、このタイプの頭痛に悩まれる方が多い分、原因は様々あります。100人いれば100通りの原因があるといわれています。

●偏頭痛

偏頭痛の特徴は、ドクドクと脈をうつように痛みがでる。吐き気を伴うことが多い。女性に多い。マッサージや温めると悪化する。

緊張型頭痛と一緒にされてしまいがちですが、大きな違いは「痛みの特徴」です。
ぎゅーっとしめつけるような頭痛は「緊張型頭痛」、対してズキンズキンと脈をうつような頭痛は「偏頭痛」です。

●群発性頭痛

偏頭痛は女性に多いですが、群発頭痛は男性の20~40代に多いです。女性に比べ約5倍男性が多いようです。
特徴的な症状は片方の「目の奥」がえぐられるような痛み、片側だけに頭痛がおこる、一定期間に何回も痛みがでる、痛くてじっとしていられない、など。
つらく、耐え難い痛みとも言われております。

 

 

頭痛を治すのに薬を飲み続けることが解消方法ではありません。ましてや首や肩を揉んで緊張を和らげても頭痛は解消され無い場合もございます。全身をみて、全身を調整していかなければいけないのです。頭痛の方はまずは病院で検査をしてきてください!!それで問題がなければ整体で頭痛が解消される可能性が高いです。

どこ行っても頭痛が楽にならないという方は、ぜひ当院の整体をお試しください。

詳しい情報はこちらまでお願い致します。

http://www.rose-no-hana.com/

「頭痛 イラスト 原因」の画像検索結果

スマホから来る肩こり

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

こんにちは。

 

最近、情報化が進みインターネットやスマホでのゲームをする方が多いと思いますが、

皆様はどのくらいの時間スマホやパソコンを使っていますか??

 

仕事ではパソコン、移動中にはスマホで情報収集、寝る前にスマホでゲームなどと、

一日中こういった機器を使う事が日常化になっていますが、

これらが原因で肩こりや疲労がたまったりするんですっ!!

 

繧ケ繝槭・ 鬥・縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡

そんなこと言っても使わざる得ない日常ですよね・・・。

なので出来る限り、

休憩の合間を取ること。

外に出て遠くの物を見て緊張をほぐすこと。

また至近距離での使用は控えてくだいさい。

 

他にも休憩をする際に軽く肩をなどのストレッチもすると疲れも取れると思います。

 

当院ではお客様一人一人にあった自宅などで簡単にできるストレッチ方法等も

アドバイスさせて頂いてます。

 

ぜひ一度当院へお越し下さい。

http://www.rose-no-hana.com/

 

産後の骨盤矯正は当院におまかせください!!

今日は《産後の骨盤矯正》についてお話させていただきます。

みなさん、出産後の悩みで多く上がっているのが骨盤のことです。

妊娠3ヶ月くらいから、赤ちゃんが出て来やすいように骨盤周辺が関節・筋肉・腱が緩むようになっています。そのため普段より身体に負担がかかりやすくなる、プラス重たくなるお腹の影響で骨盤の歪みが生じてしまうんです。その結果、産後に骨盤の開きが残ってしまったりするのです。

今は昔と変わって骨盤ベルトだったり、骨盤ダイエットだったり・・色々とありますよね。

中でも「産後の骨盤矯正」がとても注目されているんです!!

骨盤は産後なるべく早いうちに、本来の状態に戻すのことをおすすめします!!

産後のお悩みで、体型が戻らない・体重が戻らない・尿漏れがある・股関節が痛い・O脚が気になった骨盤が痛い感じがする・・・

などのお悩みがある方は早めの骨盤矯正をお勧めします。

 

当院では《産後の骨盤矯正》をおこなっております。

お悩みやご相談がありましたら、ローズの花鍼灸整骨院までお越しください。

土曜・日曜・祝日も休まず9:00~20:00まで診療しております。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

images

野球肘は早期治療が大切です

みなさん、こんにちは。

今日は野球肘についてお話します。
投球による肘傷害を総称して野球肘といいます。
野球肘は「外側型」と「内側型」の2種類があります。

yakyuuhiji に対する画像結果

『内側型』野球肘

「肘が痛い」といって来院される中で一番多い症状です。

原因の大多数は肘の内側の骨につく腱や筋肉によるもので、投げすぎ、ストレッチ不足、フォームの異常が元になっています。投球しながらの治療も可能です。

内側型野球肘の中で最も頻度が高いのは、「内側上顆裂離」です。
少年野球をやっている子供達の20%が罹患していると言われています。
ほとんどがリハビリを中心とした保存療法でスポーツ復帰が可能です。

『外側型』野球肘

「離断性骨軟骨炎」と呼ばれるタイプです。
ほとんどが小学生時に発症し、少年野球をやっている子供達の約2%に発症すると言われています。
内側型野球肘に比べて頻度は低いものの、長期間(半年から場合によっては1年半以上)の投球動作の禁止を強いられることになります。治療が遅れると手術が必要になることもあります。

野球肘は早期治療がとても大切です。思い切り野球に楽しめるように、お早めにご来院下さい!

スタッフ一同お待ちしております!

腱鞘炎の症状でお悩みの方へ

本日は腱鞘炎についてお話し致します。

腱鞘炎とは、同じ動きを長時間続けたりしていると発症する症状です。

デスクワーク作業が多い人に起こりやすくなっております。

腱鞘炎の初期症状は、手や手首に違和感を覚えます。ここで症状に気づき治療をするのが一番良いのですが、多くの人は我慢をしてしまい、症状が悪化してしまいます。

症状が悪化してしまうと手を動かしていなくても痛みが生じてしまいます。手首が曲げられない腫脹がでてきたら病院に行く事をお勧め致します。

腱鞘炎とは腱鞘と言われる部分に炎症が起きて症状が出て来ます。

「腱鞘炎 説明 イラスト」の画像検索結果

最悪の場合、日常生活にも支障をきたしてしまうかもしれません。そうなる前に治療をする事をお勧め致します。

腱鞘炎を悪化させない為の一番の治療は安静にする事です。使いすぎから腱鞘炎は発症するので安静にして湿布などを貼り冷やしてあげて下さい。

その時のシップの貼る位置なのですが、手首の腱鞘炎が痛い時、

正しい治し方は手首に貼るのではなく肘の裏に貼ります!

実はここから手足の腱鞘炎が来てる場合が多いのです。

そのワケは腱と言われるものが繋がっているからです。

ここから腱と言われるものが手首まで繋がるスタート地点なのでここが一番炎症しやすい部分なのです。

安静にしていても痛みがひかなかったり、腱鞘炎の症状が出てきた思ったら当院にお越しください。

当院では、腱鞘炎の症状には超音波治療をおこなっております。

超音波で筋肉の凝りや硬さを取っていき症状を取っていきます。

腱鞘炎の症状でお悩みの方は、ぜひ当院にお越しください。

しっかりと治療をしていき、腱鞘炎の症状をお取りします。

お電話でのご相談なども承っております。

 

詳しい情報はこちらまで↓

http://www.rose-no-hana.com/

20121029_747607

大掃除でのぎっくり腰には注意しましょう。

 

当院ではぎっくり腰に対して、保険施術・鍼灸施術の両方で対応しており、

たくさんの患者様がぎっくり腰の症状を改善されています。

 

さて、今日はぎっくり腰についてお話します。

重たいものを持ち上げた瞬間にビリッ!と電気が走ったかのように腰が痛くなり、その姿勢のまま動けなくなってしまった…それこそがぎっくり腰です。トイレに行くことも、寝返りをうつこともできずに大変な思いをされたご経験はありませんか?

はじめてのぎっくり腰になった方は「なんで、こんなことになってしまったんだろう」と

本当に不安だと思います。

 

ただ、ぎっくり腰は重い荷物を持ったから、無理な姿勢をとったから起きるわけではありません。

ぎっくり腰は日々の生活の中でためてきた疲労に腰が耐えきれなくなって起きるものなのです。

「ずっと同じ姿勢をとり続けている」などのぎっくり腰になってしまうような「土台」があって

初めてぎっくり腰になってしまいます。

 

日頃から適度な運動やストレッチはとっても重要です!!

また1日の終わりにゆっくりお風呂に漬かり、血行をよくすることも大切です。

年末の大掃除は、身体が冷えやすくなったりなどで筋肉の緊張がとても強くなってしまいます。

普段あまり運動をされていない方が突然頑張りすぎると、ぎっくり腰になりやすいので十分注意してください。

 

その他お身体の不調など、お悩みの事がございましたら当院までご相談下さい。

お電話でもメールもいつでもお待ちしております。

土曜・日曜・祝日も休まず9:00~20:00まで受付、

年末年始は31日~3日まで休診となっております。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com/

月経痛・月経不順のお悩みにも鍼灸治療がお勧めです

 

当院では女性特有のお悩みである、月経不順や、月経痛などに対応する鍼灸治療も行っております。

そもそも月経不順はホルモンの乱れが原因です。月経が始まったばかりの思春期の女の子の月経不順は卵巣や子宮の未発達も原因といわれますが、20代~40代の女性の場合は、生活習慣が原因であることが多いのです。

なかには「よくあること」と、月経不順を軽視される方もいらっしゃいますが、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気の前兆である場合も考えられるので、放置しておくと重大な病気にもつながりかねません。

また、月経痛も子宮内膜症やホルモンの乱れなどの要因が考えられます。

 

月経痛や月経不順でお悩みの方にも鍼灸治療が勧めです!

鍼灸治療で血液(経血)の流れを良くし、ホルモンのバランスを整え、子宮を暖めることで月経不順や月経痛を和らげることができます。月経に伴う、腰が痛む・だるくなるなどの不快症状も改善できます。

鍼灸施術後、血流が良くなるに伴い経血の量が増える事もありますが、悪い血を外に出し新しい健康な血を身体に巡らせるという考えによる施術の結果です。お身体に悪い影響が出ているわけではないのでご安心ください。

 

冷えは月経痛だけでなく、万病のもとです。特に女性に冷えは大敵です。鍼灸治療で身体を暖め基礎代謝を上げることをお勧めしますが、突然月経痛がひどくなったり、立てないほどの痛みが走るなどの場合は子宮内膜症などの疑いがありますので、産婦人科に行くことをお勧め致します。

他にもご不明な点、ご予約のお問い合わせなどは下記からご連絡下さい。

お電話でもお待ちしております。

「生理痛 フリー」の画像検索結果

詳しくはこちらまで↓

http://www.rose-no-hana.com/

 

胃腸症状にも鍼治療は効果的です。

 

寒さが続いていますが、体調を崩していませんか?

こまめな水分補給はとても大事なのですが、

キンキンに冷えた飲み物を欲してしまいがちですが、冷えた飲み物は要注意です。

冷えた飲み物は胃腸の働きを悪くしますので、充分に栄養を摂取できないため、体力が落ちてしまimagesいます。

さらに下痢になってしまうと、体内の水分が外に出てしまうため、脱水状態になることがありとても危険です。

冷たい飲み物はほどほどにして、できるだけ常温の飲み物を摂取するようにしましょう。

そして胃腸の不調には鍼灸治療が有効です。

鍼灸では弱ってしまった胃腸の調子を整え、しっかりと飲食物を栄養に変える働きを補うことで、

体調を整えるお手伝いをすることができます。

また、慢性的にストレスなどにより胃腸の不調を感じるという方にもオススメです。

ご興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせください。