カテゴリー別アーカイブ: ストレス

images

胃腸とストレスの関係

こんにちは。今日は暑いですね。

しっかりと水分補給をして、体調が崩れないように気をつけましょう。

さて、今日はストレスと胃腸の不調についてのお話を致します。

ストレス社会と言われる近年、ストレス性の胃腸炎という病気の名前を耳にする事が増えました。

ストレス性胃腸炎とは、ストレスにより胃がむかむかする、食欲がない、吐き気がするなどの症状が出る病気です。

実際には、内視鏡検査で組織に異常が見つからない場合は機能性胃腸症などとも呼ばれます。

なぜ、ストレスでこのような症状が出てくるのでしょうか?images

ストレスが原因で以下のようなことが起こると考えられます。

  • 胃の働きをコントロールしている自律神経のバランスの乱れ
  • 過剰な胃酸が分泌され、胃部の痛みや潰瘍がつくられる
  • 胃の収縮が起こり腹痛や胃の痙攣がおこる
  • 運動機能低下、蠕動低下による消化不良、膨満感が起こる
  • 胃の知覚過敏が起こる

このように、ストレスに対して胃腸は敏感に反応するので、様々な症状を引き起こします。

さてこれらの症状を改善するにはまず、原因となるストレスを取り除くことが大切です。

仕事が忙しい、辛いという方はまず働き方を見直す必要があるかもしれません。

人間関係に悩んでいるという方も、深く思い悩まずストレスをため込まないことが大切です。

さらに食事による胃腸へのストレスも考慮する必要もあります。

胃腸が弱いという方の中には、油っこいものや甘いものを暴食していたり、冷たいものを飲み過ぎていたりする方もいらっしゃいます。

また、しっかりを食べ物を噛むということをおろそかにしてる方も大変多いのです。

良く噛んで食べるというのは子供のころからよく指導されることですが、これは胃腸内でしっかり消化吸収ができるようにするためです。

あまり噛まずに飲み込んでしまうという方は、胃腸にかなり負担がかかっているんです。

若い時や元気な時はそれでも胃腸が頑張ってくれるのであまり不調を感じないのですが、身体が弱っている時にそのままの食事を続けると胃腸症状が現れる可能性があります。

噛む回数の理想は一口で20回くらいとよく言われます。実際に20回噛もうとすると、結構時間がかかり疲れるものです。

普段自分がどれだけ噛めていないのかがよくわかると思います。

胃腸の不調があったり、便秘があるという方でも、食事のときに噛む回数を意識するだけで症状が改善されることがありますので、ぜひ実践してみてください。

さて、ストレスによる胃腸の症状は鍼灸でも治療する事が可能です。

東洋医学では、身体の働きの中で胃や腸の働きは重要視されていて、胃腸に関するツボもたくさんあります。

さらに自律神経の乱れにアプローチすることも可能ですので、身体の不調の根本的な部分を治療することができます。

ストレスによる胃腸の不調に悩んでいらっしゃる方は、ぜひ一度鍼灸治療をお試しください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

梅雨のだるさをお取り致します

6月も半分が過ぎ、本格的に梅雨に入ろうとしております。

今週の天気予報は雨マークが目立っています。

この時期は、なぜかだるくなったりしてしまいます。しかし、そのだるさにもちゃんとした原因があります!

そのままにはせず、治療をちゃんとすればだるさも取れ身体が楽になります。

だるさにも色々あり、

だるさには「朝起きるのがつらい」・「体が重い」・「むくみや肩こりが気になる」・「落ち込みすぎて何をするのも憂鬱」・「人に会いたくない」・「頭がボーっとして集中できない」などなど症状はさまざまです。

当院はそのだるさに対して多様なメニューをご用意しております。鍼灸・足裏リフレクソロジー・骨盤矯正などたくさんの患者様が施術を受けてその効果をかんじていらっしゃいます。

 

《だるさ》は身体や心が疲れたという、いわば休めのサインです。それを無視して頑張ったり、あきらめてほうっておいたりすると病気にもつながりかねません。今日は《だるさ》について知って上手な対処法を身につけましょう。

《だるい》ってどういうことでしょうか?

だるさの正体は大きく5つに分かれます。

①血中の栄養が不足するガス欠タイプ・・極端なダイエットなどで栄養が不足し、糖分などの血中のエネルギーが足りないタイプ。胃腸の不調で消化吸収力が落ちたり、貧血などで血中の酸素量が不足してだるくなったり、水分が失われてもだるくなります。

→バランスよく栄養をとることが肝心。レバー・ひじき・プルーンなどで鉄分をしっかり補給するのが効果的です。また、一口30回を目安によくかんで食べ消化しやすくすること。あとは腹7分目程度で回数を分けて食べることで消化吸収力を高めるので心掛けてみてください。

 

②疲労物質・乳酸がたまっている筋肉疲れタイプ・・運動や仕事で長時間筋肉を使うと、乳酸という老廃物が生成されます。乳酸はいわゆる疲労物質ででだるさや疲労感のもと。乳酸がたまると筋肉の弾力が失われます。

→酢の物・レモン・梅干しなどのビタミンCやクエン酸を積極的にとりましょう。そうすることで乳酸が早く分解されます。また適度な運動で筋肉を使い活性化することで乳酸がたまりにくくなります。

 

③血のめぐりが悪い血行不良タイプ・・血液の循環が悪いと酸素やエネルギーが体中にうまくいきわたらずだるさを感じます。特に腰や足など下半身がだるくなりがちです。

→毎日のお風呂タイムに温冷浴を試してみましょう。まず18~22℃くらいのぬるめのシャワーをたっぷり浴びてそのあと42~43℃くらいの熱い湯に3分ほど入ります。これを3~4回繰り返すと毛細血管の働きが柔軟になり血行不良が改善されます。また、ストレッチでコリをほぐし血行をよくしましょう。

 

④脳内物質が不足しているプチうつタイプ・・頭を使いすぎると、脳のエネルギー源であるブドウ糖とアミノ酸が不足し、集中力が低下します。慢性的になると脳内物質の分泌量が低下し、うつ的な気分になってだるさを感じやすくなります。

→思いきり笑うことが、何よりのリフレッシュ法です。笑うと脳内物質が増え、気分が良くなるので、コメディビデオを借りて観たり、カラオケに行ったり、趣味を楽しんだり、友人とくだらない話でもして笑いまくりましょう。旅行に行ったりするのもよいですね。また、心を落ち着かせるアロマやサプリを利用するといいと思います。

 

 ⑤緊張とリラックスの切り替えができない自律神経タイプ・・ストレスなどでj緊張が続くと自律神経のうちの活動のための「交感神経」と休養のための「副交感神経」に切り替えがうまくいかなくなり、昼間の活動タイムなのにリラックスモードになるなどして、だるさを感じやすくなります。

→部屋で横になり、のんびりとした草原や森の中、晴れた海辺など自分がくつろいで気持ちよく感じる光景を思い浮かべてイメージ療法でリラックスしましょう。静かな音楽をかけるのも効果的です。また、新呼吸をし、肩の力を抜くことで意識的に調整できますよ。

そして今、単鍼という鍼治療があり、こちらは鍼を置く時間が無くすぐに治療ができお時間が無い方に

お勧めします。

週末にご来院頂くと50%オフの500円で治療が出来ます。

こちらは週末限定ですので是非この機会にご来院下さい。

「疲れ イラスト フリー」の画像検索結果

土曜・日曜・祝日も休まず9:00~20:00まで診療しております。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com

土曜日、日曜日診療

副腎疲労症候群について

今日は副腎疲労症候群についてお話します。

まず「副腎疲労症候群」とは何でしょうか?

私達の左右の腎臓の上部にあるクルミ大の臓器、それが副腎です。「無料画像 ストレス」の画像検索結果

副腎は私達のカラダにストレスがかかると、
ストレスに打ち勝ち、カラダを活動させてくれるホルモンを出します。

過度なストレスが長期的にかかったり、不規則な生活、
栄養状態の悪い食事を摂っていると副腎が疲労していきます。

副腎が疲労してこのホルモンが出にくくなると、ストレスに対応できず、うつ症状が現れます。

朝起きるのがつらい、疲れがとれない、塩辛いものや甘いものが無性に食べたくなる、

倦怠感、性欲の低下、昼間はぼんやりしていて夕食後やっと元気になる、などが主な症状になります。

他にもPMS(月経前症候群)の悪化、花粉症やアトピーなどのアレルギーの悪化などが起こります。

これを副腎疲労症候群と言います。

このような症状でお悩みも鍼灸治療や手技治療で改善していくことができます。

辛い症状に悩まずローズの花鍼灸整骨院までお越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております!土曜日、日曜日診療