カテゴリー別アーカイブ: 自律神経

自律神経失調症でお悩みの方には鍼灸治療がおすすめです

 

皆様、急に食欲が出たり出なかったり、気分が落ち込んだり高揚したり、といったことはないでしょうか?

本日は自律神経失調症についてお話させて頂きます。

 

 

自律神経の働きについて

自律神経と言うのは、自分の意思でコントロールできない部分にはたらく神経です。

主に活動する時に働く交感神経、落ち着きなどに働く副交感神経

プラスとマイナスとして働く2つの神経は、必要に応じて自動的に切り替わり、主に下記の働きをしています。

◆心臓の動き、外気に対する体温の調節◆

◆感情に対するはたらき(悲しい時の涙や、驚いたときの動悸など)◆

◆ホルモンの分泌(女性の場合、月経や妊娠に関係する事が多いです)、免疫など◆

上記の他にまだたくさんの働きがあり、その分自律神経の不調は全身のいたるところに症状が出ます。

頭痛、眼精疲労、耳なり、味覚異常、動悸、めまいや立ちくらみ、息切れ、酸欠感

吐き気、便秘、下痢、手足の冷えや痛みや疲れやしびれ、月経不順、肩こり

全身の倦怠感、不安感、記憶力や注意力の低下、イライラしやすいなど。

上記の症状の多くは不定愁訴といい、数字や画像検査などで目に見えて異常がでないものをいいます。

上記のものに限らず、人によって様々な症状が心身ともに、重なって出たり、消えたり増えたりします。

また、これらは自覚症状がありながら、医療機関で「異常なし」と判断されてしまうことが多くあります。

「自覚症状しかない」ため、検査結果などで明確にすることができないからです。

 

自律神経失調症の原因

1.ストレス

過度のストレスによる感情の起伏が自律神経に悪い影響を与えます。悩み、心配、恐れ、怒りなど、ネガティブな感情が過度のストレスを呼び、自律神経の乱れを起こします。

2.緊張状態の継続

仕事や家事などでの緊張が長時間続き、リラックスできない期間が長く続いたりすると、交感神経が働いたままの状態になり、自律神経失調症につながります。このような方は、休日や睡眠時など、休んでもいい状態なのに、リラックス出来ず心も身体も緊張したままになっています。

3.体内リズムの乱れ

睡眠不足や昼夜逆転の生活、不規則な食事など生活リズムの乱れが体内のリズムをくずし、自律神経の乱れをつくります。

 

自律神経失調症の改善方法

疲れを癒しストレスを溜めないこと!
精神を安定させることが改善につながります。

改善の主な方法としては、

1.運動をする

2.就寝30分〜1時間前までに入浴する

入浴することでストレスはかなり軽減されると言われています。特にその後の眠りを深く安眠しやすくもなります。できればシャワーではなく湯船に浸かることが大事です。
湯船に浸かり汗をかくことで、体温調整の機能を鍛えることが出来ます。

3.ストレスを発散しましょう

4.安眠できる環境を整える

睡眠の1時間前には部屋の明かりを落とし、リラックスした状態で身体を休めましょう。

毎日同じ時間に寝たり起きたり、リズムのある生活を心がけることが大切です。

 

 

 

当院は鍼灸を用いてお身体の体質改善などで自律神経失調症に対して治療していきます。

鍼灸治療は完全予約制のため、お電話でご予約の上ご来院下さい。

 

「自律神経 イラスト フリー」の画像検索結果

 

詳しくはこちらまで↓↓↓

http://www.rose-no-hana.com/

 

 

Fotolia_6505140_XS1

自律神経の治療もやっております。

当院では、鍼治療で自律神経を整える事が出来ます。

皆様、急に食欲が出たり出なかったり、気分が落ち込んだり高揚したりしませんか?

そのようなお辛い症状出お悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

自律神経の働きについて

自律神経と言うのは、自分の意思でコントロールできない部分にはたらく神経です。

主に活動する時にはたらく交感神経、落ち着きなどにはたらく副交感神経の2つがあります。

プラスとマイナスとしてはたらくふたつの神経は、必要に応じて自動的に切り替わり、主に下記のはたらきをしています。

◆心臓の動き、外気に対する体温の調節◆

◆感情に対するはたらき(悲しい時の涙や、驚いたときの動悸など)◆

◆ホルモンの分泌(女性の場合、月経や妊娠に関係する事が多いです)、免疫など◆

 

他にもたくさんのはたらきがあり、その分自律神経の不調は全身のいたるところに症状が出ます。

頭痛、眼精疲労、耳なり、味覚異常、動悸、めまいや立ちくらみ、息切れ、酸欠感

吐き気、便秘、下痢、手足の冷えや痛みや疲れやしびれ、月経不順、肩こり

全身の倦怠感、不安感、記憶力や注意力の低下、イライラしやすいなど。

上記の症状の多くは不定愁訴といい、数字や画像検査などで目に見えて異常がでないものをいいます。

上記のものに限らず、人によって様々な症状が心身ともに、重なって出たり、消えたり増えたりします。

 

また、これらは自覚症状がありながら、医療機関で「異常なし」と判断されてしまう事が多いです。

「自覚症状しかない」ため、検査結果などで明確にすることができず、

結果的に内臓や器官に症状は出てしまっても、そもそもの原因が内臓や器官ではないからです。

逆に、本来であれば別の病気でありながら、安易に「自律神経失調症」と判断されてしむ事も

少なくありません。

 

これらは神経の異常であって、ご本人の精神状態や生活スタイルに大きく関係があります。

カウンセリングや音楽療法なども勿論、効果があると言われておりますが実は整骨院でも治療が出来ます。

当院は鍼灸を用いてお身体の体質改善などで自律神経失調症に対して治療していきます。

 

 

「自律神経 イラスト フリー」の画像検索結果

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.rose-no-hana.com/

 

ダウンロード

自律神経のバランスの乱れに鍼灸治療が効果的です!!

こんにちは!

突然ですが、1日生活している中で人は様々な事を頭で考えて処理しています。

それは喜怒哀楽であったり、その他にも様々な感情をともなっています。

それが頭で上手く処理できれば良いのですが、上手く出来なくなってくると

なんかそわそわしてしまう事が多くなったり、常に不安な感情が心の中にあったり、、、

自分自身をコントロールするのが難しくなってしまいます。ダウンロード

このような状態は身体の中で様々なものをコントロールしてくれている自律神経の乱れでもあります。

この自律神経を整えるには鍼灸治療がとても効果的です。

鍼灸治療では自律神経のバランスの乱れを、体の陰陽のバランスの乱れとして捉え、

五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中の気・血・水を整えていきます。

身体の中から変えてみたいと考えている方や何か少しでも当てはまるなと感じた方は

当院にご連絡下さい!

スタッフ一同、心よりお待ちしております!!

http://www.rose-no-hana.com

Fotolia_6505140_XS1

自律神経を整える治療

 

なぜ天気が悪いと(低気圧だと)体調が悪くなる方が多いのか?

それは自律神経が乱れるからです。
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経が働くと脳と体がいい意味でも悪い意味でも緊張します。
副交感神経はが働くと脳も体もリラックスします。

本来は交感神経と副交感神経がバランスよく働いていますが、
低気圧だと副交感神経が優位になります。

ということは体が常にリラックスし、体の活動が無いため、
血液の循環が悪くなり、筋肉が硬くなって
頭痛、むくみ、ダルさなどの症状が出るのです。

ローズの花鍼灸整骨院では、手技治療や鍼灸治療で
血行を改善し自律神経を整える治療をすることができます。
体調が優れない方は、ぜひご相談ください

Fotolia_6505140_XS1

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.rose-no-hana.com/