カテゴリー別アーカイブ: 坐骨神経痛

ダウンロード

坐骨神経痛でお困りの方へ

さてさて、今日は《坐骨神経痛》についてお話させていただきます!!

坐骨神経痛はなった人にしかわからない、とても辛い病気です。私も10年前に発症しました。ものすごく辛かったです・・

 

そもそも坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激さ

れることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを言います。おしりから足にかけて電気が走るような

ビリビリした痛みが出てきて歩くのも辛くなってきます。このしびれや痛みが治らないことでのイライラ、精神

的にも、体の面でも辛いといいます。

「坐骨神経痛」の画像検索結果

ほとんどの場合は、腰痛に引き続いて発症します。次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先・・というように痛み

やしびれがあらわれます。しびれは表現するとしたら電気が走っているような、冷たさを感じるようななんとも

いえない感覚です。

坐骨神経痛の原因は、年齢によっても異なりますが、若い人の場合多いのは、腰椎椎間板ヘルニアと言わ

れています。わたしも椎間板ヘルニアがきっかけで坐骨神経痛になりました。

高齢者では変形性腰椎症などの症状がある方や長年の歪みの蓄積がある方に多く見られます。

 

椎間板ヘルニアは突然発症します。そこから坐骨神経痛になるパターンです。そうなったとき、まずは安静

が一番です。動けるからといって無理して動くと症状がひどくなります。長時間の座ったり、重い荷物を持った

り・・腰に負担をかけることは絶対に避けましょう。もしもお持ちでしたらコルセットを装着することをおすすめ

します。

 

整形外科に行って受診しましょう。早めの処置がとても大切です。

なにかお困りの際には当院にご相談ください。

詳しくはこちら↓

http://www.rose-no-hana.com

治療

腰痛でお悩みの方は当院へお越しください!

こんにちは!柿澤です!

今日は腰痛についてお話します。ダウンロード

腰痛の根本的な原因は、実は「背骨と骨盤のズレ」にあります。

歪んだ関節や背骨は、それに付く筋肉、それを包む皮膚に

内側から圧力をかけて伸ばしてしまうため、痛み(障害)を慢性化させてしまいます。

それを正す根本治療を続けると、その後のぎっくり腰などの腰痛予防も十分期待できます。
腰は痛めると日常生活に支障をきたすようになり、身体の要ともいえる箇所です。

腰の不調を感じたら、迷わず診察することをオススメします。

腰痛の場合、放置しておくとヘルニアや坐骨神経痛になる可能性もあります。治療

ご自身のお身体はご自身が一番、理解できると思います。

 

辛いときは、我慢せずにローズの花鍼灸整骨院までお越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

坐骨神経痛でお困りの方へ

今日は坐骨神経痛についてお話し致します。

坐骨神経痛・・・この言葉はみなさんも耳にした事があるのではないでしょうか?

詳しくは知らなくても名前は知っている…という方が多いように、坐骨神経痛でお悩みの方は多くいらっしゃいます。同時に、誰もが坐骨神経痛を起こす可能性があるのです。正直、いつ誰がなってもおかしくないと言っても過言ではありません。

では、坐骨神経痛がいったいどういった症状なのかご存知ですか?

これはあくまで症状の名前であって、坐骨神経痛という疾患・病気ではありません。

坐骨神経は、腰の脊椎から出て、骨盤にある穴を通り大腿の裏を下っていく神経です。

そのためこの神経の走行上に何か障害が起こることで、痛みやしびれが生じます。

症状自体もこの神経に沿うようにして出てきますので、腰やお尻、大腿や下腿の方まで痛みやしびれが起こります。

例えば、歩いたり椅子から立ち上がったりなどでお尻・足の筋肉が働いたとき。この時に働いた筋肉によって神経が絞めつけられて痛みが出ます。

症状が強いと、座ったり横になったりでお尻や足が当たるだけで痛みが出てしまいます。

「腰痛 フリー素材」の画像検索結果

坐骨神経痛の原因として考えられるのは、まず神経が出てくる腰の脊椎の障害です。

脊柱管狭窄症や、腰部椎間板ヘルニアなどは、脊椎の障害により神経を圧迫したり、刺激したりすることで症状が出てきます。

また梨状筋症候群では、お尻にある梨状筋という筋肉の緊張により、神経が圧迫されるために症状が生じます。

慢性的に腰痛を持っている方の中には、これらの原因疾患をお持ちの方はとても多いです。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの場合は原因疾患の治療を行うことが重要ですが、同時に痛みやしびれなどの症状を和らげるということもとても大切です。

しかし、上記で述べたように、坐骨神経痛は日常生活で痛みがでて、また痛みの程度も大きい事が多いです。

症状によっては、根本治療を行うより症状を抑える事が優先される事もあります。

坐骨神経痛の症状の緩和に対しての治療は当院にお任せ下さい。

当院では、柔道整復師による手技療法と鍼灸師によ鍼灸治療を用いて治療をさせて頂きます。

腰痛がある、足にしびれがある、お尻のコリがあるなどなど、自覚症状があるの方は是非一度当院にご相談ください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

下記のURLよりお問い合わせください。お電話でも、メールでもお待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com

お尻や太ももの裏が痛い…坐骨神経痛かも

今日は坐骨神経痛についてお話し致します。

坐骨神経痛・・・この言葉はみなさんも耳にした事があるのではないでしょうか?

詳しくは知らなくても名前は知っている…という方が多いように、坐骨神経痛でお悩みの方は多くいらっしゃいます。同時に、誰もが坐骨神経痛を起こす可能性があるのです。正直、いつ誰がなってもおかしくないと言っても過言ではありません。

では、坐骨神経痛がいったいどういった症状なのかご存知ですか?

これはあくまで症状の名前であって、坐骨神経痛という疾患・病気ではありません。

坐骨神経は、腰の脊椎から出て、骨盤にある穴を通り大腿の裏を下っていく神経です。

そのためこの神経の走行上に何か障害が起こることで、痛みやしびれが生じます。

症状自体もこの神経に沿うようにして出てきますので、腰やお尻、大腿や下腿の方まで痛みやしびれが起こります。

例えば、歩いたり椅子から立ち上がったりなどでお尻・足の筋肉が働いたとき。この時に働いた筋肉によって神経が絞めつけられて痛みが出ます。

症状が強いと、座ったり横になったりでお尻や足が当たるだけで痛みが出てしまいます。

「腰痛 フリー素材」の画像検索結果

坐骨神経痛の原因として考えられるのは、まず神経が出てくる腰の脊椎の障害です。

脊柱管狭窄症や、腰部椎間板ヘルニアなどは、脊椎の障害により神経を圧迫したり、刺激したりすることで症状が出てきます。

また梨状筋症候群では、お尻にある梨状筋という筋肉の緊張により、神経が圧迫されるために症状が生じます。

慢性的に腰痛を持っている方の中には、これらの原因疾患をお持ちの方はとても多いです。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの場合は原因疾患の治療を行うことが重要ですが、同時に痛みやしびれなどの症状を和らげるということもとても大切です。

しかし、上記で述べたように、坐骨神経痛は日常生活で痛みがでて、また痛みの程度も大きい事が多いです。

症状によっては、根本治療を行うより症状を抑える事が優先される事もあります。

坐骨神経痛の症状の緩和に対しての治療は当院にお任せ下さい。

当院では、柔道整復師による手技療法と鍼灸師によ鍼灸治療を用いて治療をさせて頂きます。

腰痛がある、足にしびれがある、お尻のコリがあるなどなど、自覚症状があるの方は是非一度当院にご相談ください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

下記のURLよりお問い合わせください。お電話でも、メールでもお待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう ザコツシンケイツ)でお困りでしたら、当院にご相談ください!!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

皆さんこんにちは♪

今日もなんだかすっきりしないお天気で寒いですね。

今日は《坐骨神経痛》についてお話させていただきたいと思います!!

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことをいいます。 多くの場合、腰痛(主に椎間板ヘルニア)に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などどんどん広範囲に痛みやしびれがあらわれ、歩くことも辛くなることもあります。

坐骨神経痛になった方の大半が、おしりから足にかけて電気が走るようなビリビリした痛みやしびれが辛い・・とおっしゃいます。そして痛みが治らないことでのストレスもついてまわるのです。なかなか良くならない苛立ちで治療をあきらめてしまう方もいらっしゃるようです。そうなるとますます悪循環です。

 坐骨神経痛は、適切な治療をすれば早期に回復していきます。

あきらめず、しっかりと治療をしましょう。

坐骨神経痛には、鍼治療が効果的だといわれています。ぜひ当院の鍼灸治療を受けてみてください。

鍼治療は完全予約制となっておりますので、事前にご連絡ください。

048-999-6306

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう ザコツシンケイツウ)について・・

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

みなさん、こんにちわ♪今日は風が冷たくて寒いですね・・風邪などひかないようお気をつけください!

さてさて、今日は《坐骨神経痛》についてお話させていただきます!!

坐骨神経痛はなった人にしかわからない、とても辛い病気です。私も10年前に発症しました。ものすごく辛かったです・・

そもそも坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを言います。おしりから足にかけて電気が走るようなビリビリした痛みが出てきて歩くのも辛くなってきます。このしびれや痛みが治らないことでのイライラ、精神的にも、体の面でも辛いといいます。

ほとんどの場合は、腰痛に引き続いて発症します。次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先・・というように痛みやしびれがあらわれます。しびれは表現するとしたら電気が走っているような、冷たさを感じるようななんともいえない感覚です。

坐骨神経痛の原因は、年齢によっても異なりますが、若い人の場合多いのは、腰椎椎間板ヘルニアと言われています。わたしも椎間板ヘルニアがきっかけで坐骨神経痛になりました。

高齢者では変形性腰椎症などの症状がある方や長年の歪みの蓄積がある方に多く見られます。

 

椎間板ヘルニアは突然発症します。そこから坐骨神経痛になるパターンです。そうなったとき、まずは安静が一番です。動けるからといって無理して動くと症状がひどくなります。長時間の座ったり、重い荷物を持ったり・・腰に負担をかけることは絶対に避けましょう。もしもお持ちでしたらコルセットを装着することをおすすめします。

 

整形外科に行って受診しましょう。早めの処置がとても大切です。

 

なにかお困りの際には当院にご相談ください。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう ザコツシンケイツウ)の症状改善には

 

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

こんにちは。昨日今日と気温が上がり、暖かい日になりましたね。

急な気温差で体調を崩されないようお気を付け下さい。

 

さて、今日は坐骨神経痛についてお話しさせていただきます。

坐骨神経痛・・・この言葉はみなさんも耳にした事があるのではないでしょうか?

坐骨神経痛がいったいどういった疾患なのかざっくりとしか知らない方が多いと思います。

そもそも、坐骨神経とは腰の脊椎から出て、お尻の下を通り大腿の裏を下っていく大きな神経です。

そのためこの神経の走行上に何か障害が起こることで、痛みやしびれが生じます。

症状自体もこの神経に沿うようにして出てきますので、

腰やお尻、大腿や下腿の方まで痛みやしびれが起こります。

 

坐骨神経痛の原因として考えられるのは、まず神経が出てくる腰の脊椎の障害です。

脊柱管狭窄症や、腰部椎間板ヘルニアなどは、脊椎の障害により神経を圧迫したり、

刺激したりすることで症状が出てきます。

また梨状筋症候群では、お尻にある梨状筋という筋肉の緊張により、

坐骨神経が圧迫されるために症状が生じます。

慢性的に腰痛を持っている方の中には、これらの原因疾患をお持ちの方はとても多いです。

 

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの場合は原因疾患の治療を行うことが重要ですが、

同時に痛みやしびれなどの症状を和らげるということもとても大切です。

梨状筋症候群では、お尻の筋肉のコリを解消することで、症状も改善することがあります。

坐骨神経痛の症状の緩和に対しての治療は当院にお任せ下さい。

 

当院では、柔道整復師による手技療法と鍼灸師によ鍼灸治療を用いて治療をさせて頂きます。

腰痛がある、足にしびれがある、お尻のコリがあるなどなど、

自覚症状があるの方は是非一度当院にご相談ください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう ザコツシンケイツウ)について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

みなさん、こんにちは。

今日は坐骨神経痛についてお話します。

坐骨神経痛の原因として特に多くみられるのは、腰痛が悪化して坐骨神経痛がでるというケースです。腰痛という自覚症状がなくても、腰の状態が良くないまま、腰に負担をかけ続けた生活をした結果として、坐骨神経痛という「痛み」「しびれ」症状がでてしまいます。

腰に負担をかける腰痛そして坐骨神経痛を招く原因として、

・筋肉が硬くなって腰の骨に負担をかけ続ける
・身体のバランスが悪く歪みをつくってしまう

この2つが多くなります。多くの坐骨神経痛は、第二段階ででてくる症状であり腰痛にさらに負担をかけた結果として坐骨神経痛がでてしまうのです。

ローズの花鍼灸整骨院では、坐骨神経痛を引き起こしている「筋肉のこり」や「ズレ」、「歪み」を改善する施術をしていきます。辛いときは、我慢せずに是非ご相談下さい。

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう ザコツシンケイツウ)について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

みなさん、こんにちわ♪

今日でもう年が明けてから7日・・あっという間ですね。七草粥を食べると、1年間無病息災で過ごせると言われています。せり、なずな、ごぎょう、はこべらなど・・春の七草をお粥に入れて食べると、正月に疲れた胃腸をいたわることができ、また不足しがちなビタミンも補えるそうですよ~

さてさて、今日は《坐骨神経痛》についてお話させていただきます!!

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを言います。

ほとんどの場合は、腰痛に引き続いて発症します。次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先・・というように痛みやしびれがあらわれます。症状がひどいと、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

坐骨神経痛の原因は?

年齢により異なりますが、若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニアと言われています。ほとんどの場合、片側の坐骨神経痛が出現しますが、ヘルニアの位置や大きさにより両側に見られることもあります。

一方、高齢者では腰部脊柱管狭窄症や変形性腰椎症などの症状がある方に多く見られます。

◆治療法は?

突然発症する腰椎椎間板ヘルニアの場合、まずは安静が一番です。無理せず動くのはやめましょう。高齢者の変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの場合は必ずしも安静が必要とは言えませんが、腰にかかる重荷を減らす目的で、長時間の座ることを避けたり、コルセットを装着することをおすすめします。

坐骨神経痛の治療では、原因にかかわらず、まずは症状をやわらげることを目標にします。

①薬物療法・・痛み止めとしてまず非ステロイド性消炎鎮痛薬で様子をみます。

②神経ブロック療法・・局所麻酔薬により、痛みが神経を伝わるのをブロックする治療法です。ブロック注射といわれているものです。整形外科などで実施されています。

③理学療法(リハビリテーション)・・マッサージやストレッチなど、身体機能などの改善を目的に行う治療法です。

最初は上記のような手術以外の治療を行い、それらを十分に行っても痛みが軽減しない場合や、体内部に

異常があらわれに障害があらわれた場合には手術も検討されます。

なにかお困りの際には当院にご相談ください。

 

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう ザコツシンケイツウ)について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

みなさん、こんにちは。

今日は坐骨神経痛についてお話します。

坐骨神経痛の症状というのは、お尻から太ももの裏、ふくらはぎ、足の甲、足の横の部分や足の裏といったようにとても幅広い範囲に痛みや痺れがあらわれます。坐骨神経の経路に沿って症状が出てくるのです。部位や程度というのは患者様ごとに異なりますが、たとえ軽い症状だと思っても決して侮ることは出来ません。放っておくとどんどん範囲が広がって普通に歩くのもつらくなってしまうこともあるのです。

坐骨神経痛を起こす原因としては、椎間板ヘルニアや、変形性脊椎症、脊椎分離すべり症、脊柱管狭窄症などが挙げられます。慢性的に腰痛を抱えていて、それが悪化して坐骨神経痛につながってしまうこともあります。ただ痛みや痺れを抑えるのではなく、これらの原因をしっかりと取り除いていくための治療をおこなうことが大切です。

治りづらい症状だというイメージも強いかも知れませんが、坐骨神経痛の場合ほとんどが骨盤を始めとする骨格の状態を整えてあげたり、経絡の流れを良くすることにより解消されますのでご安心ください。

痛みを我慢せずお早めにご来院をおススメします。