カテゴリー別アーカイブ: 耳鳴り(みみなり 耳なり ミミナリ)

耳鳴りの治療には鍼灸治療がお勧めです

 

本日は、お悩みの方も多い耳鳴りについてお伝えいたします。

当院では耳鳴りに対して鍼灸治療を行っております。

多くの方が一度は体験した事があると思われる耳なり。一般的には、本来しないはずの音が聞こえてくるものであり、キーンという高い音がするものからボーと低い音が鳴るものまで様々な症状を伴います。

耳鳴りを起こす原因と考えられる病気はさまざまあります。

多くが難聴と一緒に耳鳴りを伴いますが、これらはその病気を治すことで一緒に治る事がほとんどです。

ただ、加齢による老人性難聴に関しては改善が難しいといわれています。これは、空気の振動である音を電気信号に変換することのできる有毛細胞と呼ばれるものが年を取るにつれて衰えていき、高音域の音程が徐々に徐々にですが聞こえづらくなる、細胞自体の加齢によるものだからです。難聴や耳鳴り以外の症状が発生していなければ特に問題はない症状となります。

病気やけがによる耳鳴りの代表的なのは、むち打ち症によるものや顎関節症にるものです。これは首周辺に耳に関する神経が存在するためで、これは首の筋肉と密接に関係する都合上、ここが悪い人は耳鳴りを伴う事が多いそうです。

薬の副作用によって難聴が発生する事もあります。比較的昔のことでが、ストマイ難聴と呼ばれる結核の薬が原因のものもあります。また、ドロドロ血を防ぐアスピリンや現在使われている一部の抗がん剤や利尿剤等にも存在し、特にアスピリンは胃腸障害を伴う恐れもあり医者の指示に従って飲んで頂く必要のある薬になります。薬による難聴は飲用をやめることで治る事もありますが、治らないこともあります。

 

さて、耳鳴りに対して当院では鍼灸治療を行っております。

耳鳴りには首周りの筋肉やその自律神経が深く関わっています。つまり、肩こりや首コリにより耳鳴りが発生しうるのですが、このコリの原因と考えられるのはストレスによる緊張だったり、同じ姿勢を繰り返すことでの血行循環が狂う事で発生しうります。

逆にいえば、体をリラックス状態にしてあげたり、血流の改善を行えば耳鳴りは改善するのです。

鍼を刺す刺激で血流が改善され「軽くなった」「楽になった」と実感するはずです。肩や頸を通って内耳や脳に到達する血管も、硬くなった筋肉によって締め付けられることがなくなり血流の改善を見込めますし、お灸による物理的に温める方法は血行の促進、免疫力の向上につながります。

耳鼻科にはいってるけど薬を飲んでも耳鳴りが良くならないとお困りの方はまず一度当院へお越しください。

詳しい内容を知りたい方は

http://www.rose-no-hana.com

耳鳴りのイラスト

 

耳鳴りでお困りの方へ

当院では、耳鳴りの症状にお悩みの患者さんも沢山来院されています。

本日は、お悩みの方も多い耳鳴りについてお伝えいたします。

 

多くの方が一度は体験した事があると思われる耳なり。一般的には、本来しないはずの音が聞こえてくるものであり、キーンという高い音がするものからボーと低い音が鳴るものまで様々な症状を伴います。

ただ、耳鳴りはそこまで酷くない限りは、自覚していないこともあり、全ての人がそこまで気にしていないこともある事が事実です。そのため、耳なり自体の周囲の理解度は低く、客観的にわかりづらい為、精神的苦痛を伴っている患者さまが多いと思われます。

耳鳴りを起こす原因と考えられる病期はさまざまあります。多くが難聴と一緒に耳鳴りを伴いますが、これらはその病気を治すことで一緒に治る事がほとんどです。

ただ、加齢による老人性難聴に関しては難しく、これは耳のコルチ器と呼ばれる本来は空気の振動である音を電気信号に変換することのできる場所で、そこに存在する有毛細胞と呼ばれるものがあります。

有毛細胞は年を取るにつれて高音域の方から脱落していき、高音域の音程が徐々に徐々にですが聞こえづらくなります。ただ、難聴や耳鳴り以外の症状が発生していなければ特に問題はない加齢変性となります。

 

病気以外でも怪我によって耳鳴りが発生する事もあります。代表的なのは、むち打ち症によるものや顎関節症によっても発生する可能性があるそうです。これは首周辺に耳に関する神経が存在するためで、これは首の筋肉と密接に関係する都合上、ここが悪い人は耳鳴りを伴う事が多いそうです。

薬の副作用によって難聴が発生する事もあります。比較的昔のことですが、「ストマイ難聴」と呼ばれる結核の薬が原因のものもありました。また、ドロドロ血を防ぐアスピリンや現在使われている一部の抗がん剤や利尿剤等にも存在し、特にアスピリンは胃腸障害を伴う恐れもあり医者の指示に従って飲んで頂く必要のある薬になります。薬による難聴は飲用をやめることで治る事もありますが、治らないこともあります。

 

耳鳴りのイラスト

 

 

耳鳴りの鍼灸治療とは

耳鳴りには首周りの筋肉やその自律神経が深くかかわる事をお伝えいたしましたが、肩のこりや首こりにより耳鳴りが発生します。このコリの原因と考えられるのは、ストレスにより交感神経が優位になったための緊張だったり、同じ姿勢を繰り返すことでの血行循環が悪くなることで発生すると考えられています。

逆にいえば、リラックス状態になる副交感神経を優位にしてあげたり、血流の改善を行えば耳鳴りは改善するのです。

鍼を刺す刺激で血流が改善され「軽くなった」「楽になった」と実感するはずです。肩や頸を通って内耳や脳に到達する血管も、硬くなった筋肉によって締め付けられることがなくなり血流の改善を見込めますし、お灸による物理的に温める方法は血行の促進、免疫力の向上につながります。

「耳鼻科に行っているけれど薬を飲んでも良くならない」など、お困りの方はまず一度当院へお越しください。

鍼治療は完全予約制となっておりますので治療の際は御予約をお願い致します。

スタッフ一同お待ちしております。

 

詳しくはこちら ↓↓↓

http://www.rose-no-hana.com

 

耳鳴り(みみなり ミミナリ)で耳鼻科に行ってお悩みの方は、ご相談を!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

皆さんこんにちは

本日は、お悩みの方も多い耳鳴りについてお伝えいたします。

多くの方が一度は体験した事があると思われる耳なり。一般的には、本来しないはずの音が聞こえてくるものであり、キーンという高い音がするものからボーと低い音が鳴るものまで様々な症状を伴います。

ただ、耳鳴りはそこまで酷くない限りは、自覚していないこともあり、全ての人がそこまで気にしていないこともある事が事実です。そのため、耳なり自体の周囲の理解度は低く、客観的にわかりづらい為、精神的苦痛を伴っている患者さまが多いと思われます。

耳鳴りを起こす原因と考えられる病期はさまざまあります。多くが難聴と一緒に耳鳴りを伴いますが、これらはその病気を治すことで一緒に治る事がほとんどです。

ただ、加齢による老人性難聴に関しては難しく、これは耳のコルチ器と呼ばれる本来は空気の振動である音を電気信号に変換することのできる場所で、そこに存在する有毛細胞と呼ばれるものがあります。

有毛細胞は年を取るにつれて高音域の方から脱落していき、高音域の音程が徐々に徐々にですが聞こえづらくなります。ただ、難聴や耳鳴り以外の症状が発生していなければ特に問題はない加齢変性となります。

病気以外でも怪我によって耳鳴りが発生する事もあります。代表的なのは、むち打ち症によるものや顎関節症によっても発生する可能性があるそうです。これは首周辺に耳に関する神経が存在するためで、これは首の筋肉と密接に関係する都合上、ここが悪い人は耳鳴りを伴う事が多いそうです。

薬の副作用によって難聴が発生する事もあります。比較的昔のことでが、ストマイ難聴と呼ばれる結核の薬が原因のものもあります。また、ドロドロ血を防ぐアスピリンや現在使われている一部の抗がん剤や利尿剤等にも存在し、特にアスピリンは胃腸障害を伴う恐れもあり医者の指示に従って飲んで頂く必要のある薬になります。薬による難聴は飲用をやめることで治る事もありますが、治らないこともあります。

ストマイ難聴(ストレプトマイシン難聴):結核の抗生物質として使用されるお薬による副作用で発生する難聴。一番最初に使用されるようになった抗生物質の一つだが、ミトコンドリアのエネルギー産生を阻害する。また、第Ⅷ脳神経と腎臓に障害を与えるため、使用時は腎機能と聴覚機能の検査を常に行う必要がある。難聴自体は不可逆性である。

さて、鍼灸治療ではこの耳鳴りにどう対処していくか。

以前にお書きしましたが、耳鳴りには首周りの筋肉やその自律神経が深くかかわる事をお伝えいたしました。つまり、肩こりや首コリにより耳鳴りが発生しうるのですが、このコリの原因と考えられるのはストレスにより交感神経が優位になっていることによる緊張だったり、同じ姿勢を繰り返すことでの血行循環が狂う事で発生しうります。

逆にいえば、リラックス状態になる副交感神経を優位にしてあげたり、血流の改善を行えば耳鳴りは改善するのです。

鍼を刺す刺激で血流が改善され「軽くなった」「楽になった」と実感するはずです。肩や頸を通って内耳や脳に到達する血管も、硬くなった筋肉によって締め付けられることがなくなり血流の改善を見込めますし、お灸による物理的に温める方法は血行の促進、免疫力の向上につながります。

耳鼻科にはいってるけど薬を飲んでも良くならないとお困りの方はまず一度当院へお越しください。