カテゴリー別アーカイブ: 花粉症(かふんしょう)

8476805

今から行うべき!?花粉症の鍼灸施術

皆さんこんにちは

本日は鍼灸治療を行える事の出来る疾患の一つである花粉症についてお伝えいたします。

花粉症は今や全国民の15~20%の人が感染している病気であり、身近な病期の一つともいえるでしょう。

全国には花粉症の原因となる花粉は40ほど存在すると言われ、これらのほとんどが風によって周囲に花粉を飛ばす風媒花と呼ばれるものになります。

また、アレルギー疾患の一つであるためある日突然発生することも特徴とされています。主な原因として考えられるのは、不規則な生活・体に無理を長期に渡って強いること(暴飲暴食、睡眠不足、ストレス)が多いとされ、結果的に免疫機能がバランスを崩してしまい、アレルギーとなると考えられています。

闃ア邊臥裸 縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡

では、今回の本題ですがこの冬の時期からなぜ花粉の鍼灸治療を行うと良いのでしょうか?

実の事をいいますと、花粉は冬の時期からすでに飛び始めています。2~3月が花粉症の症状が出る方が多いと思いますが、この時期免疫機能を整え向上させる「初期療法」と言うのが良いとされています。

西洋医学で言いますと、薬を本格的な花粉の時期が始まる前に薬を飲み、東洋医学で言いますと鍼灸治療による免疫の向上効果をねらいます。

初期療法の最大の目的は、発症の遅延と発症後の症状の軽度化による、花粉症のもとでの活動のクオリティ向上が挙げられます。

ただ、大多数の方が症状が出てからこういった療法をおこうな事も事実の一つ。この場合は、薬の副作用が辛くて大変だという声をお聞きします。ひどい人ですと、副作用がひどい為に薬などを飲めないと言っている人もいます。

こういった場合でも、鍼灸治療と並行して薬を飲んでいくと良いそうです。鍼灸治療では不快感に対するツボを刺したり、患者さまによって症状に有効なツボと花粉症に有効なツボを刺していきます。

また、鍼灸治療によって抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の副作用が出づらくなるという嬉しい効果もあります。

少し早い気がするかもしれませんが、今からこそ花粉症に対する予防療法は行っていくべきだと考えられます。

楽しい時期を過ごす為にお考えください。お待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com/

つらい花粉症は鍼灸治療で改善!

 

今日は花粉症についてお話させて頂きます。

当院ではたくさんの方が鍼灸治療によって様々な症状を改善されていますが、

花粉症の症状にも鍼灸治療が効くことを御存知でしょうか?

 

そもそも花粉症とは、免疫細胞の誤作動によって起こるアレルギー症状の一つです。アレルギー反応とは通常なら何の問題も起こらないはずの物質が体の中に入ったり、それに触れたりすることで例えば湿疹ができたり体中が痒くなったりするなど、何らかの異常な反応が起こる状態を言います。

花粉症は今や全国民の15~20%の人が感染している病気であり、身近な病期の一つともいえるでしょう。全国には花粉症の原因となる花粉は40ほど存在すると言われ、これらのほとんどが風によって周囲に花粉を飛ばす風媒花と呼ばれるものになります。

 

東洋医学からみた花粉症

花粉症を含めアレルギー疾患を抱える方全般の傾向として、冷え症、胃腸虚弱、月経不順などの体質的な症状を抱えていることが多くあります。東洋医学ではこのような体質を「虚証」といいます。

花粉症の症状を抑えながら、この虚証を改善する施術を行うことでアレルギー症状を起こしにくくすることができます。花粉症もアレルギー疾患の一つなので単に部分的な症状としてとらえるのではなく最終的医は体質的な問題を良くしていくことが必要です。

また、花粉症が国民病と言われれても発症しない人はいます。また、同じ人の中でも昨年ははひどかったけど、今年はマシ、とか、花粉が多いといわれているけれど症状がひどくない、など同一個人の年による差もあります。そのようなことを考えると花粉の量の問題ではなく「受け手の身体の状態」の問題だということがいえると思います。花粉症を引き起こすような身体の状態になっていると言えます。

鍼灸治療では、その滞った流れを整えることで自然治癒力を高め症状を良くしていきます。

 

花粉症の鍼灸施術とその効果

鍼灸の花粉症への対処法とし第一に症状の改善を目的とした治療を行います。症状として最も悩まされるくしゃみ、鼻水、鼻づまりといった花粉症特有の症状を日常生活において、支障のないレベルまで抑えていくことを目的とします。

鍼にはこれら症状を抑えるツボがあり、これらに刺激をあたえることによって症状を緩和することができます鍼灸の治療効果については即効性がある場合もありますが効果の表れ方には個人差があります。

 

鍼灸での花粉症治療のメリット

鍼灸には体に害を及ぼすような副作用がないため、どなたでも安全に施術を受けることができます。現在鍼灸治療を希望される方の多くは

●西洋医学の薬・治療が合わない

●薬を飲んでいるが症状が取りきれない

●他にも治したい症状があるのであわせて鍼灸施術をしているという方が多いです。

花粉症を代表したアレルギー疾患は国民病とも言われるほど多くおられます。ほとんどの方が病院にかかられお薬とのお付き合いをされていることだと思います。しかしながらお薬をどれだけ飲んでもなかなか良くならないという方がほとんどです。というより、ますますひどくなったりそれ以外のアレルギーが発症したり、というお悩みをお持ちの方がほとんどです。

東洋医学では症状の現れている部分にだけ注目するのではなく、全体的なバランスの崩れ、気のながれの滞りが症状として現れる、と考えます。また、症状を消す、病気をやっつける、ということではなくみなさん自身の治そうとする力、自然治癒力を高めるお手伝いをしていきたいと思います。

花粉症でお悩みの方、ローズの花鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください!

下記よりお問い合わせも受け付けております。

http://www.rose-no-hana.com/

「花粉症 フリー」の画像検索結果

 

花粉症の症状でお悩みの方、鍼治療がおすすめです。

この時期、花粉症でお闇の方が多く来院されます

その患者さんにおススメしているのが鍼治療です。

治療された患者さんは良くなったといっていただけます。

今日は花粉についてお話したいと思います。

花粉症は、植物の花粉が、目や鼻などの粘膜に接触することによって引き起こされ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出ます。スギ、マツ、ブタクサなど、反応する花粉は人によってさまざまです。アレルギー体質の人は花粉症になる可能性が高いのですが、アレルギー体質でない人も長年の蓄積で、体の一定の許容量を超えると突然花粉症が発症する可能性があります。

花粉症の人が年々増えている原因は、スギを植林してスギの花粉飛散量が増えたことも多く関係しているのですが、食生活の問題、ストレスの増大、大気汚染なども影響していると言われています。

 

食生活で注意すること

たんぱく質は、免疫機能を高めるためにも必要ですが、摂りすぎると症状がひどく出てしまうようです。花粉症が気になる季節、症状が出たときなどは、高カロリー食にならないように、脂肪の多い肉類は避けたほうがよいそうです。お肉を食べるなら脂肪分の少ない赤身やささみ、また魚などを食べましょう。青魚などに多く含まれているEPAやDHAは、アレルギー症状を抑える働きがあるので積極的に摂ると良いです。そしてビタミンやミネラルなどを多めに摂りましょう。カラダの機能をスムーズに働かせるのに重要です。不足するとアレルギーが出やすくなると言われています。

 

また、花粉症の時は目の炎症が起こりやすく目に負担がかかってしまいますので、
しっかりと目を休ませてあげる事が大切です。しっかりと睡眠をとること、目を休ませる時間を取ること、コンタクトレンズを控えてメガネを使用すること、などに注意をしてくだいさい。
また、目がかゆくて我慢が出来ない時は、冷たい冷えたタオルで目を冷やすことで、かゆみを抑えることができます。

 

鼻の花粉症の方は鼻をかみすぎて鼻の所だけ肌が荒れる場合があります。
このような時はワセリンを塗ってみてください。保湿効果があります。
また、鼻に負担がかからないよう保湿ティッシュを使用することをお勧めいたします。

 

花粉症はセルフケアをすることが大事です!!

1.花粉の多い日は、なるべく外に出ない。
2.ドアや窓の戸締りをしっかりして、花粉の侵入を防ぐ。
3.ドアや窓の開閉をした時には、室内に進入した花粉をこまめに掃除する。
4.外出時は、帽子・メガネ・マスク・マフラーなどを身に着ける。
5.外出したら、身体や衣服に付着した花粉をブラシなどでよく落としてから家に入る。
6.帰宅したら、洗顔やうがいをする。
7.洗濯物や布団を外に干した時は花粉をよく落としてから取り込む。

 

花粉症には鍼灸治療が効果的です!!

東洋医学の考えでは、花粉症の発症には体質が大きく関わっているとされています。花粉症、アレルギー疾患は、体質・体調・免疫機能の低下により、全身に歪みが生じ引き起こされると考えられています。そのため、体質を改善して症状を押さえようというのが、花粉症の鍼灸治療になります。
鍼灸治療は、花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの不快な症状の緩和に優れた効果を発揮するだけでなく治療を継続的に行なうことにより、身体に元々備わっている自然治癒力を強化し、副腎の働きを高めて、アレルギー体質を根本的に改善していくことができます。鍼灸治療は花粉症の時期が終わっても続けることが重要です。長期間の治療を続けることで花粉症の症状の出にくい体質に変えていくことができるのです。

ローズの花鍼灸整骨院では女性鍼灸師がたくさん在籍しておりますので、女性の方も安心してご相談ください。また、鍼灸治療は予約制となっていますので、ご予約の上ご来院ください。

 

詳しくはこちらのホームページをご覧ください ↓

https://www.rose-no-hana.com/

花粉症の無料イラスト・フリー素材

 

花粉症でお辛い方は鍼灸治療がおススメです

今日は花粉についてお話したいと思います。

花粉症は、植物の花粉が、目や鼻などの粘膜に接触することによって引き起こされ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出ます。スギ、マツ、ブタクサなど、反応する花粉は人によってさまざまです。アレルギー体質の人は花粉症になる可能性が高いのですが、アレルギー体質でない人も長年の蓄積で、体の一定の許容量を超えると突然花粉症が発症する可能性があります。

花粉症の人が年々増えている原因は、スギを植林してスギの花粉飛散量が増えたことも多く関係しているのですが、食生活の問題、ストレスの増大、大気汚染なども影響していると言われています。

 

食生活で注意すること

たんぱく質は、免疫機能を高めるためにも必要ですが、摂りすぎると症状がひどく出てしまうようです。花粉症が気になる季節、症状が出たときなどは、高カロリー食にならないように、脂肪の多い肉類は避けたほうがよいそうです。お肉を食べるなら脂肪分の少ない赤身やささみ、また魚などを食べましょう。青魚などに多く含まれているEPAやDHAは、アレルギー症状を抑える働きがあるので積極的に摂ると良いです。そしてビタミンやミネラルなどを多めに摂りましょう。カラダの機能をスムーズに働かせるのに重要です。不足するとアレルギーが出やすくなると言われています。

 

また、花粉症の時は目の炎症が起こりやすく目に負担がかかってしまいますので、
しっかりと目を休ませてあげる事が大切です。しっかりと睡眠をとること、目を休ませる時間を取ること、コンタクトレンズを控えてメガネを使用すること、などに注意をしてくだいさい。
また、目がかゆくて我慢が出来ない時は、冷たい冷えたタオルで目を冷やすことで、かゆみを抑えることができます。

 

鼻の花粉症の方は鼻をかみすぎて鼻の所だけ肌が荒れる場合があります。
このような時はワセリンを塗ってみてください。保湿効果があります。
また、鼻に負担がかからないよう保湿ティッシュを使用することをお勧めいたします。

 

花粉症はセルフケアをすることが大事です!!

1.花粉の多い日は、なるべく外に出ない。
2.ドアや窓の戸締りをしっかりして、花粉の侵入を防ぐ。
3.ドアや窓の開閉をした時には、室内に進入した花粉をこまめに掃除する。
4.外出時は、帽子・メガネ・マスク・マフラーなどを身に着ける。
5.外出したら、身体や衣服に付着した花粉をブラシなどでよく落としてから家に入る。
6.帰宅したら、洗顔やうがいをする。
7.洗濯物や布団を外に干した時は花粉をよく落としてから取り込む。

 

花粉症には鍼灸治療が効果的です!!

東洋医学の考えでは、花粉症の発症には体質が大きく関わっているとされています。花粉症、アレルギー疾患は、体質・体調・免疫機能の低下により、全身に歪みが生じ引き起こされると考えられています。そのため、体質を改善して症状を押さえようというのが、花粉症の鍼灸治療になります。
鍼灸治療は、花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの不快な症状の緩和に優れた効果を発揮するだけでなく治療を継続的に行なうことにより、身体に元々備わっている自然治癒力を強化し、副腎の働きを高めて、アレルギー体質を根本的に改善していくことができます。鍼灸治療は花粉症の時期が終わっても続けることが重要です。長期間の治療を続けることで花粉症の症状の出にくい体質に変えていくことができるのです。

ローズの花鍼灸整骨院では女性鍼灸師がたくさん在籍しておりますので、女性の方も安心してご相談ください。また、鍼灸治療は予約制となっていますので、ご予約の上ご来院ください。

 

詳しくはこちらのホームページをご覧ください ↓

https://www.rose-no-hana.com/

花粉症の無料イラスト・フリー素材

 

花粉症(かふんしょう カフンショウ)には鍼灸治療(しんきゅうちりょう シンキュウチリョウ)をお試しください。

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは。本日はぽかぽか陽気ですね。風がとても強いので、転倒事故などにお気をつけください。

 

今日のような日は花粉がたくさん飛んでいそうですね・・・

花粉症の方は今年は特にお辛そうですね。

花粉症はアレルギーの一種です。急性アレルギー性鼻炎ともいわれます。

アレルギー症状には、実は腸内環境が大きく関係しているのをご存じでしょうか?

花粉症で悩んでいるという方には、便秘だったり、お腹が弱かったりする方が多くいらっしゃいます

腸内には多くの免疫細胞がありますので、腸内環境が乱れることで、免疫細胞が正常に働かなくなってしまいアレルギーを起こしやすくなるのです。

そのため、毎年花粉症にお悩みの方は、普段の食生活を見直してみましょう。

腸内環境を整えるといえば、ヨーグルトが有名ですね。

さらに納豆もとてもいいといわれているのでオススメです。

 

そして、当院では花粉症の症状に対する鍼灸治療も行っております。

鼻炎症状や、目のかゆみなどはアレルギー反応による炎症ですので、炎症を抑える治療が可能です。

また花粉症の季節より前から、体質改善として腸の働きを整える治療を続けていくことで、症状が軽くなることもございますので、ご興味のある方は、お気軽に当院に鍼灸師にお問い合わせください。

TEL:048-999-6306

 

花粉症(かふんしょう カフンショウ)のお辛い症状には鍼灸治療(しんきゅうちりょう シンキュウチリョウ)をお試しください。

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

こんにちは。今日は良いお天気ですが風が強い日ですね。

今日のような日は花粉がたくさん舞っていそうですね・・・・

花粉症にお悩みの皆様にはとてもお辛い季節だと思います。

 

実は、花粉症による鼻炎症状、かゆみの症状には鍼灸治療が効果的です。

花粉による鼻炎症状や顔がかゆいなどの症状には、お顔に鍼ををしたり、経絡治療をすることで改善されることがあります。

鼻が詰まったり、鼻水が止まらない、またそれにともなうかゆさは炎症ですので、炎症を抑えてあげる治療が有効です。

また、目のかゆみにも耳ツボも効果的で、当院では見た目にも可愛らしい耳ツボジュエリーも用いています。

 

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

なお鍼灸治療は完全ご予約制ですので、まずはお電話をお待ちしております。

TEL:048-999-6306

つらーい花粉症(かふんしょう カフンショウ)のお客様へ!! 当院人気の鍼灸治療(しんきゅうちりょう シンキュウチリョウ)はいかがでしょうか。

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちわ。

 

最近では花粉症の方が多くいらっしゃるとおもいますが、皆さん大丈夫でしょうか!?

私は今日特にひどく、朝からくしゃみが止まらい状況にあります。。。

 

さてさて、そんなつらーい花粉症の方‼

本日は、花粉症のセルフケアのご紹介をさせて頂きます(^v^)

 

まず、花粉症の時は目の炎症が起こりやすく、目に負担がかかってしまいますので、

しっかりと目を休ませてあげる事が大切です。

・しっかりと睡眠をとること

・目を休ませる時間を取ること

・コンタクトレンズを控えてメガネを使用すること        など様々な事に注意をしてくだいさい☆

また、目がかゆくて我慢が出来ない時は、冷たい冷えたタオルで目を冷やすことで、

少しはかゆみを抑える事ができます。

 

鼻の花粉症の方は鼻をかみすぎて鼻の所だけ肌が荒れる場合があります。

これは私も同様ですが、このような時はワセリンを塗ってください。

 

また、鼻に負担がかからないよう保湿ティッシュを使用することをお勧めいたします!!

 

花粉症の方は辛い時期かと思いますが、しっかりとセルフケアをする事が大事です。

また、耳鼻科に行って薬もらったけど、、、と不安な方もいらっしゃると思います。

 

そういう時は当院の人気の鍼灸治療を受けてみてはいかがでしょうか!?☆

鍼灸師は女性のスタッフが担当しておりますので、女性の方も安心して施術を受ける事ができます。

当院は鍼灸は完全ご予約制となっておりますので、

気になる方はお電話でのお問い合わせをお待ちしております☆