カテゴリー別アーカイブ: 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

腰痛でお悩みの方へ

当院には腰痛でお悩みの方も多く来院されています。

腰痛は、患者様がかかえる主訴の中でとても多い症状です。

 

腰痛の種類について

・ぎっくり腰

腰痛は日本人の国民病と言われるほどで、非常に身近な症状です。

・椎間板ヘルニア

年齢による変化やスポーツなどによる負荷によって椎間板の中身が飛び出し、脊髄神経根を圧迫することで起こる症状です。腰の痛みに加え、下肢にも痛みや痺れを感じる場合もあります。

・脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症

加齢とともに脊柱管の内径が狭まって、神経や血管を圧迫することで起こります。
比較的ご年配の方に多く、立ち上がって腰を伸ばすと痛みを感じたり、腰から足の裏に痛みや痺れが生じたりして、歩ける距離が短くなる、または、ほとんど歩けなくなってしまう場合もあります。

・腰椎分離症

激しい動きなどによって腰椎の後部の椎弓が断裂することで、脊柱が不安定になり起こるものが腰椎分離症です。腰だけでなくしばしば下肢にも痛みを感じ、長時間同じ姿勢のままだと症状が強くあらわれるのが特徴的です。

・腰椎すべり症

分離した腰椎が前方に移動し、神経を圧迫することで起こるものが腰椎すべり症です。ぎっくり腰とは異なって滑ってずれた腰椎が元に戻らず滑ったままの状態であり、腰と下肢ともに痺れや痛みを生じさせます。

・骨粗しょう症

骨の密度が減り、骨に小さな穴が多発してスカスカのもろい状態です。肩から背中にかけて痛みを感じることが多く、背中や腰が曲がったり背が低くなったりという症状が見られます。さらに、尻もち等のある程度以上の負荷がかかると圧迫骨折を起こすこともあります。

・女性の月経に伴う腰痛

ホルモンバランスの乱れなどから起こります。

 

この他、生活習慣や姿勢、ストレスなどの精神的な要因も関係してると考えられています。

腰痛がある場合、まず一度は病院で検査を受けましょう。

原因疾患がある場合はその後に治療方法が変わってきますので、ただの腰痛だからと放っておかずに検査をすることがとても大事です。

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの原因疾患がある場合は放っておくと痛みが慢性化し、周囲の筋肉の緊張や血流障害がおこり、それが症状を悪化させてします悪循環が起こります。

そのため、手技療法や鍼灸治療によって筋肉の緊張や血流障害を緩和させることが治療の一つとして大切になってきます。

原因不明の腰痛に対しては、さまざまな原因が考えられますので、症状に合わせた治療を検討する必要があります。

また、女性の月経に伴う腰痛は、骨盤のバランスや自律神経のバランスなどをチェックする必要があります。

鍼灸治療を用いて、東洋医学的な観点から、月経にともなう女性の体の働きの乱れを整えることで、腰痛も改善されることもあります。

 

腰痛は慢性化してしまうと、日常生活に支障がでたり、歩行に影響が出たりなど、放っておくことでますます辛い状態を引き起こします。

ただの腰痛だからと放っておかず、早めにしっかりとケアをしていきましょう。

当院では保険治療、鍼灸治療、骨盤矯正などさまざまな方法で、患者様ひとりひとりにあった、最適な治療方法を提案させて頂きますので、ぜひ一度ご来院下さい。

なお、鍼灸治療の場合は完全ご予約制となりますので、まずはお電話でのお問い合わせをお待ちしております。

詳しい情報を知りたい方は・・・

こちらまで →http://www.rose-no-hana.com

 

歪んだ骨盤、治療いたします。

肌寒い日が続きますね。来週から、11月も始まり寒さが厳しくなってきますね。

今回は当院の骨盤矯正についてお話いたします。

当院は、保険治療のほかに、鍼治療・自費治療があります。

骨盤矯正は、自費治療で受けることができます。

骨盤矯正とは、日々の生活の中で歪んでしまった姿勢や骨盤の位置を戻すします。

骨盤を元の位置に戻すと、便秘の解消やダイエットにもつながります。

姿勢が悪いと体系などもあまりよくは見えません。しかし、骨盤を元の位置に戻し正しい姿勢になるとそれだけでも、きれいに見えます。骨盤矯正は、産後の女性の方からも人気があります。

骨盤がずれた場所にあるとほかのところに負担がかかってしまい、脊柱管狭窄症、О脚、下半身太りなど

他も痛めてしまい生活に支障がでてきてしまうおそれがあります。

ですので、骨盤の歪みはそのままにせず、当院での治療をお勧めいたします。

骨盤矯正の方は、予約制となっております。

お電話でのご予約お待ちしております。

詳しい内容はこちらまで

http://www.rose-no-hana.com

 

腰痛でお悩みの方へ

当院では腰痛でお悩みの方が多く来院されています。

腰痛症の原因はさまざまありますが、実は原因が特定できるものはあまり多くはなく、原因が分かるものはわずか15%とも言われています。

 

腰痛の種類について

・ぎっくり腰

突然の強い痛みや、動けなくなるほどの強烈な痛みが特徴です。西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれています。

・椎間板ヘルニア

年齢による変化やスポーツなどによる負荷によって椎間板の中身が飛び出し、脊髄神経根を圧迫することで起こる症状です。腰の痛みに加え、下肢にも痛みや痺れを感じる場合もあります。

・脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症

加齢とともに脊柱管の内径が狭まって、神経や血管を圧迫することで起こります。
比較的年配の方に多く、立ち上がって腰を伸ばすと痛みを感じたり、腰から足の裏に痛みや痺れが生じたりして、歩ける距離が短くなる、または、ほとんど歩けなくなってしまう場合もあります。

・腰椎分離症

激しい動きなどによって腰椎の後部の椎弓が断裂することで、脊柱が不安定になり起こるものが腰椎分離症です。腰だけでなくしばしば下肢にも痛みを感じ、長時間同じ姿勢のままだと症状が強くあらわれるのが特徴的です。

・腰椎すべり症

分離した腰椎が前方に移動し、神経を圧迫することで起こるものが腰椎すべり症です。ぎっくり腰とは異なって滑ってずれた腰椎が元に戻らず滑ったままの状態であり、腰と下肢ともに痺れや痛みを生じさせます。

・骨粗しょう症

骨の密度が減り、骨に小さな穴が多発してスカスカのもろい状態です。肩から背中にかけて痛みを感じることが多く、背中や腰が曲がったり背が低くなったりという症状が見られます。さらに、尻もち等のある程度以上の負荷がかかると圧迫骨折を起こすこともあります。

・女性の月経に伴う腰痛

ホルモンバランスの乱れなどから起こります。

 

その他の約85%は検査をしても原因が特定できず、生活習慣や姿勢、ストレスなどの精神的な要因も関係してると考えられています。

腰痛がある場合、まず一度は病院で検査を受けましょう。

原因疾患がある場合はその後に治療方法が変わってきますので、ただの腰痛だからと放っておかずに検査をすることがとても大事です。

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの原因疾患がある場合は放っておくと痛みが慢性化し、周囲の筋肉の緊張や血流障害がおこり、それが症状を悪化させてします悪循環が起こります。

そのため、手技療法や鍼灸治療によって筋肉の緊張や血流の障害を緩和させることが治療の一つとして大切になってきます。

原因不明の腰痛に対しては、さまざまな原因が考えられますので、症状に合わせた治療を検討する必要があります。

また、女性の月経に伴う腰痛は、骨盤のバランスや自律神経のバランスなどをチェックする必要があります。

鍼灸治療を用いて、東洋医学的な観点から、月経にともなう女性の体の働きの乱れを整えることで、腰痛も改善されることもあります。

 

腰痛は慢性化してしまうと、日常生活に支障がでたり、歩行に影響が出たりなど、放っておくことでますます辛い状態を引き起こします。

ただの腰痛だからと放っておかず、早めにしっかりとケアをしていきましょう。

当院では保険治療、鍼灸治療、骨盤矯正など、患者様ひとりひとりにあった、最適な治療方法を提案させて頂きますので、ぜひ一度ご来院下さい。

なお、鍼灸治療の場合は完全ご予約制となりますので、まずはお電話でのお問い合わせをお待ちしております。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

詳しい情報を知りたい方は・・・

こちらまで →http://www.rose-no-hana.com

「腰痛 原因」の画像検索結果

 

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう セキチュウカンキョウサクショウ 脊椎管狭窄症 せきついかんきょうさくしょう セキツイカンキョウサクショウ)による歩行痛(歩くと痛い 歩く痛い ほこうつう ホコウツウ 間欠性跛行 かんけつせいはこう カンケツセイハコウ)のご相談は

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

皆さんこんにちは

前日は昼ごろ温度が上がり若干の過ごしやすさがありました。ただ、温度差が激しい事もあり、衣服の着脱が大変だったと存じます。

さて、本日は脊柱管狭窄症についてお伝えいたします。

脊柱管狭窄症とは、背骨の神経の通り道である脊柱管が加齢や何らかの物理的要因が原因になり、狭まってしまい神経症状が出る病気になります。

症状は神経症状が中心となり、坐骨神経痛みたいな下肢の痛み及びしびれ、また、力が抜けるような麻痺が発生します。時には残尿感、便秘などの症状が現れることもあります。

しかし、坐骨神経痛と違い安静時に症状が出ることはほとんどなく、歩きだしや歩いているのを続けた際に症状が発生し歩けなくなったために安静にすると症状が落ち着く…いわゆる間欠性跛行が生じる事で鑑別が出来ます。

この脊柱管狭窄症も鍼灸治療によってアプローチをかける事が出来ます。

基本的には脊柱管が狭まってしまった物理的要因に対してアプローチをおかけすることはできません。ですが、脊柱管が狭窄した際、神経を圧迫すると同時にその神経を栄養する血管も圧迫をうけると考えられます。

そもそも、ただ、脊柱管が狭窄する程度では神経を圧迫する事は少ないのです。問題はその周辺にある血管の血流が十分いきわたらなくなるために、十分な栄養が行かない故に神経伝達に異常が出ると考えられます。

鍼灸治療ではこの、脊柱管を栄養する血管の血流を良くすることで、症状の改善を図っていきます。

本日はここまで。それでは!