カテゴリー別アーカイブ: 目眩(めまい 眩暈)

ilm16_cd05010-s

目まいは、鍼治療で改善されるのか?目まいはなぜ起こるのか?

めまいでお困りの皆様、当院では鍼治療でめまいの症状を治療することが

できます。まず、なぜ目まいが起こるのかというと、、、

めまいというのは、身体のバランスを保つ機能に障害が起こると生じます。

自分の身体がぐるぐる回っているように感じたり、身体がふわふわとするように感じたりなど感じ方は様々です。

めまいには大きく分類すると、以下のようになります。

  • 耳から生じるもの
  • 脳から生じるもの
  • 老人性のもの

 

まず頻繁にめまいが起こるという方は、まず病院で検査を受けましょう。

命にかかわる疾患が隠れている可能性もありますので、ご注意ください。

さて、上記の中でも耳から生じるめまいは、鍼灸治療が有効なことがあります。

耳から生じるめまいでは難聴、耳鳴り、耳がふさがった感じがめまいと同時に悪化し、軽快します。

耳には身体の平衡を保つ器官があるため、そこに何かの障害が起こることでめまいが生じるのです。

首や頭部、耳周辺に過度な筋肉の緊張があったり、むくみがあったりなどにより障害が起きます。

ストレスをため込んでいる人や自律神経の乱れがある方にもこういった症状が出やすくなります。

そのため、耳周囲の血流改善や自律神経の調整を行うことで、これらのめまい症状が改善させることがあります。

鍼灸治療を行う場合、めまい症状が発症してから早い段階ですと比較的効果がでやすいのですが、発症してからの期間が長い場合はすぐに改善させるというのはなかなか難しいものです。

ですので、患者様と相談を重ねて様子を見ながら、根気良く治療をすることが大事でもあります。

 

めまい症状に対して鍼灸治療を試してみたいという方はせひ一度当院にご相談下さい。

なお、鍼灸治療は完全ご予約制ですので、まずはお電話をお待ちしております。

詳しい内容をご覧になりたい方は

→http://www.rose-no-hana.com

 

 

 

「めまい イラスト」の画像検索結果

目まいでお悩みの方へ

当院では、目まいの症状も治療することが出来ます。目まいでお悩みの患者さんも

多く来院されています。

 

めまいとは、体のバランスを保つ機能に障害が起こる事を言います。

めまいの感じ方は人それぞれですが、

「自分の体が回っている」「雲の上を歩いているようなふわふわ感」など色々ありますが、

皆様はどのような感じがするでしょうか?

 

体の平衡(バランス)をつかさどる機能(器官)には

三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質があります。

このどの場所が障害されてもめまいがおこります。

 

まず、三半規管について。

三半規管は体の動きをとらえる器官で、回転などの動きを鋭敏にキャッチします。

三半規管に障害が起こると体が回転するようなめまいをおこします。

 

次に、耳石器について。

耳石器は加速度や重力をとらえる器官です。

ここが障害されると、ふわふわするようなめまいをおこします。

 

三半規管と耳石器は前庭神経といって、脳幹へ伝えられます。

前庭神経が障害されると、強い回転性のめまいがおこります。

また、脳幹からの情報は視床、さらに大脳皮質へ伝えられます。

ここの障害ではふわふわするようなめまいを感じることが多いのです。

 

めまいを大きく分けると、耳から生じるめまいと、脳から生じるめまい、老人に多いめまい

3つに分けることができます。

 

耳から生じるめまい

耳から生じるめまいでは難聴、耳鳴り、耳がふさがった感じがめまいと同時に悪化します。

これらの症状を「耳症状」と呼びます。

 

脳から生じるめまい

脳が原因でおこるめまいは、耳鳴りや難聴、耳閉感をともないません。

めまいも耳から生じるめまいにくらべると軽いことが多いです。

しかし、脳の障害による特徴的な症状があらわれます

たとえば、物が二重に見える、顔や手足がしびれる、力が入らない、手がふるえるなどの症状です。

また、耳から生じるめまいは何度も何度も同じめまいを繰り返すことが多いのですが、

脳から生じるめまいは、いままでに経験したことのないようなめまいであることが多いのです。

 

老人に多いめまい

お年寄りはめまいをおこしやすくなります。その理由には次のようなものがあげられます。

1. 平衡感覚が衰える

お年寄りでは内耳や前庭神経、前庭神経核、大脳皮質などの神経系の老化によって変性していきます

そのために平衡感覚の情報をうまく処理できず、めまいをおこしやすくなります

2. 血圧を調節する能力が衰える

年をとると血圧を調節する能力が衰え、血圧の変動がはげしくなります。

その結果、脳幹や視床、大脳皮質に酸素や栄養が十分に送れなくなり、

めまいをおこしやすくなってしまいます。

3. いろいろな病気をかかえている

高血圧症、糖尿病、あるいは動脈硬化症などいろいろの病気がおこってきます。

これにたいしてクスリを服用しますが、そのため病気やクスリの副作用によるめまいも頻発してきます。

 

お年寄りのめまいの特徴は、原因を簡単に明らかにできないことが多いことです。

たとえば若い人であればめまいにともなって難聴や耳鳴りが生じれば、耳に原因があるとわかります。

ところがもともと耳鳴りがあったり、以前から難聴であることが少なくありません。

こういう状況の下にめまいがおこったとしても、かならずしも耳に原因があるとはいえないのです。

回転性のめまいがおこるような病気であっても、揺れるようなめまいとして感じることがあります。

このように、診断がむずかしいのがお年寄りのめまいです。

上記のようにめまいには様々な原因、症状が見られますが、

当院では、自律神経を整える方法として、効果の高い鍼灸治療をお勧めしております。

「めまい」の画像検索結果

目まいでのお悩みもお気軽に当院まで、お問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com

目まい・・・

当院では、目まいの症状も治療することが出来ます。目まいでお悩みの患者さんも

多く来院されます。

まず、めまいとは・・・。

体のバランスを保つ機能に障害が起こる事を言います。

めまいの感じ方は人それぞれですが、

「自分の体が回っている」「雲の上を歩いているようなふわふわ感」など色々ありますが、

皆様はどのような感じがしますか!?

 

体の平衡(バランス)をつかさどる機能(器官)には

三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質があります。

このどの場所が障害されてもめまいがおこります。

 

まず、三半規管について。

三半規管は体の動きをとらえる器官で、回転などの動きを鋭敏にキャッチします。

三半規管に障害が起こると体が回転するようなめまいをおこします。

 

次に、耳石器について。

耳石器は加速度や重力をとらえる器官です。

ここが障害されると、ふわふわするようなめまいをおこします。

 

三半規管と耳石器は前庭神経といって、脳幹へ伝えられます。

前庭神経が障害されると、強い回転性のめまいがおこります。

また、脳幹からの情報は視床、さらに大脳皮質へ伝えられます。

ここの障害ではふわふわするようなめまいを感じることが多いのです。

 

めまいを大きく分けると、耳から生じるめまいと、脳から生じるめまい、老人に多いめまい

3つに分けることができます。

 

耳から生じるめまい

耳から生じるめまいでは難聴、耳鳴り、耳がふさがった感じがめまいと同時に悪化します。

これらの症状を「耳症状」と呼びます。

 

脳から生じるめまい

脳が原因でおこるめまいは、耳鳴りや難聴、耳閉感をともないません。

めまいも耳から生じるめまいにくらべると軽いことが多いです。

しかし、脳の障害による特徴的な症状があらわれます

たとえば、物が二重に見える、顔や手足がしびれる、力が入らない、手がふるえるなどの症状です。

また、耳から生じるめまいは何度も何度も同じめまいを繰り返すことが多いのですが、

脳から生じるめまいは、いままでに経験したことのないようなめまいであることが多いのです。

 

老人に多いめまい

お年寄りはめまいをおこしやすくなります。その理由には次のようなものがあげられます。

1. 平衡感覚が衰える

お年寄りでは内耳や前庭神経、前庭神経核、大脳皮質などの神経系の老化によって変性していきます

そのために平衡感覚の情報をうまく処理できず、めまいをおこしやすくなります

2. 血圧を調節する能力が衰える

年をとると血圧を調節する能力が衰え、血圧の変動がはげしくなります。

その結果、脳幹や視床、大脳皮質に酸素や栄養が十分に送れなくなり、

めまいをおこしやすくなってしまいます。

3. いろいろな病気をかかえている

高血圧症、糖尿病、あるいは動脈硬化症などいろいろの病気がおこってきます。

これにたいしてクスリを服用しますが、そのため病気やクスリの副作用によるめまいも頻発してきます。

 

お年寄りのめまいの特徴は、原因を簡単に明らかにできないことが多いことです。

たとえば若い人であればめまいにともなって難聴や耳鳴りが生じれば、耳に原因があるとわかります。

ところがもともと耳鳴りがあったり、以前から難聴であることが少なくありません。

こういう状況の下にめまいがおこったとしても、かならずしも耳に原因があるとはいえないのです。

回転性のめまいがおこるような病気であっても、揺れるようなめまいとして感じることがあります。

このように、診断がむずかしいのがお年寄りのめまいです。

上記のようにめまいには様々な原因、症状が見られますが、

当院では、自律神経を整える方法として、鍼灸なども効果が得られ鍼灸治療をお勧めしております。

「めまい イラスト」の画像検索結果

目まいでお悩みでしたら従業員一同お待ちしております

お気軽に当院へお問い合わせください。

http://www.rose-no-hana.com

めまい(めまい メマイ)について・予防 鍼灸治療(しんきゅうちりょう シンキュウチリョウ)も効果あります。

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

こんにちは。

本日は朝からあいにくの大雨ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんな雨の日は体の不調が出やすいですが、皆様は大丈夫でしょうか(><)

 

さて、そんな本日は誰でも抱えている『めまい』ですが、約240万人いるそうです。

『めまい』という症状で悩んでいる方も多いと思いますが、皆様はいかがですか!?

本日は『めまい』について色々な事をご説明させて頂きます。

 

 

まず、めまいとは・・・。

体のバランスを保つ機能に障害が起こる事を言います。

めまいの感じ方は人それぞれですが、

「自分の体が回っている」「雲の上を歩いているようなふわふわ感」など色々ありますが、

皆様はどのような感じがしますか!?

 

体の平衡(バランス)をつかさどる機能(器官)には

三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質があります。

このどの場所が障害されてもめまいがおこります。

 

まず、三半規管について。

三半規管は体の動きをとらえる器官で、回転などの動きを鋭敏にキャッチします。

三半規管に障害が起こると体が回転するようなめまいをおこします。

 

次に、耳石器について。

耳石器は加速度や重力をとらえる器官です。

ここが障害されると、ふわふわするようなめまいをおこします。

 

三半規管と耳石器は前庭神経といって、脳幹へ伝えられます。

前庭神経が障害されると、強い回転性のめまいがおこります。

また、脳幹からの情報は視床、さらに大脳皮質へ伝えられます。

ここの障害ではふわふわするようなめまいを感じることが多いのです。

 

めまいを大きく分けると、耳から生じるめまいと、脳から生じるめまい、老人に多いめまい

3つに分けることができます。

 

耳から生じるめまい

耳から生じるめまいでは難聴、耳鳴り、耳がふさがった感じがめまいと同時に悪化します。

これらの症状を「耳症状」と呼びます。

 

脳から生じるめまい

脳が原因でおこるめまいは、耳鳴りや難聴、耳閉感をともないません。

めまいも耳から生じるめまいにくらべると軽いことが多いです。

しかし、脳の障害による特徴的な症状があらわれます

たとえば、物が二重に見える、顔や手足がしびれる、力が入らない、手がふるえるなどの症状です。

また、耳から生じるめまいは何度も何度も同じめまいを繰り返すことが多いのですが、

脳から生じるめまいは、いままでに経験したことのないようなめまいであることが多いのです。

 

老人に多いめまい

お年寄りはめまいをおこしやすくなります。その理由には次のようなものがあげられます。

1. 平衡感覚が衰える

お年寄りでは内耳や前庭神経、前庭神経核、大脳皮質などの神経系の老化によって変性していきます

そのために平衡感覚の情報をうまく処理できず、めまいをおこしやすくなります

2. 血圧を調節する能力が衰える

年をとると血圧を調節する能力が衰え、血圧の変動がはげしくなります。

その結果、脳幹や視床、大脳皮質に酸素や栄養が十分に送れなくなり、

めまいをおこしやすくなってしまいます。

3. いろいろな病気をかかえている

高血圧症、糖尿病、あるいは動脈硬化症などいろいろの病気がおこってきます。

これにたいしてクスリを服用しますが、そのため病気やクスリの副作用によるめまいも頻発してきます。

 

お年寄りのめまいの特徴は、原因を簡単に明らかにできないことが多いことです。

たとえば若い人であればめまいにともなって難聴や耳鳴りが生じれば、耳に原因があるとわかります。

ところがもともと耳鳴りがあったり、以前から難聴であることが少なくありません。

こういう状況の下にめまいがおこったとしても、かならずしも耳に原因があるとはいえないのです。

回転性のめまいがおこるような病気であっても、揺れるようなめまいとして感じることがあります。

このように、診断がむずかしいのがお年寄りのめまいです。

 

 

上記のようにめまいには様々な原因、症状が見られますが、

めまいの予防についても少しお話させて頂きます。

 

めまいの症状が出た時の行動や周囲の様子などをチェックしておくことが大切です。

例えば、「疲れて寝不足なのに付き合いで飲まなければいけなかった」「人の多いところにいった」

「片付けをしていて振り向いた」「天気が悪かった」などを知っておくことが重要です。

めまいを起こしたことのある人の多くが首や肩こりを持っています。

ストレスや目の疲れ、姿勢の悪さなども考えられますが、

それらを改善することでめまいが起きないようになることもあります。

首や肩のこりを改善する方法で一番良いのはマッサージですが、

他にも重い荷物をもたない、長時間同じ姿勢を保たないというのも効果的です。

 

また、一番気をつけなくてはいけないのが食べ物です。

めまいの原因には不規則な生活により、自律神経が乱れているともあげられています。

ストレスに対抗する為のビタミンB群や、脳の疲れをとりリラックスさせる効果がある

硫化アリルなどを多く含むにんにくやネギなどの食べ物を摂取しましょう。

 

アルコールやカフェイン、タバコは症状を悪化させるだけでなく、

健康にも害を及ぼすので気をつける必要があります。また、塩分の摂りすぎにも注意が必要です。

食べ物には即効性はありませんが、根強くつづけていくことでじわりじわりと効いてくるので

予防にはおすすめです。

 

 

生活習慣を改善してもなお不安なときや症状があらわれたときは、

早めに医療機関に行くことをおすすめします。

 

また、自律神経を整える方法として、鍼灸なども効果が得られますので、

医療機関へ行った後も不安なかた、改善がみこめないなと感じた方は鍼灸治療もお勧めいたします。

 

お気軽に当院へお問い合わせください。

めまい(メマイ)と肩こり(かたこり カタコリ)の関係について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

こんにちは。 今日はジメジメとした過ごしづらいお天気ですね。体調を崩さないようにお気をつけ下さい。

 

さて、今日は肩こりとめまいの関係についてお話致します。

めまいは、身体のバランスを保つ機能が乱れたときに起こるもので、身体がぐらぐらとするような感じや、周りがぐるぐると回っているような感じがすることを言います。

めまいの原因によっては、耳なりや難聴をともなうこともあります。

一時的にめまいが起こる場合はあまり心配はありませんが、慢性的にめまい症状をお持ちの方は、いつめまいが起こるかという不安が常にありとてもお辛いものですよね。

体のバランスは、主に脳と耳によって調節されていますので、脳に何か疾患があったり、耳に疾患がある場合によく起こります。

そのため、めまいが頻繁に起こるという方はまずは病院で検査を受けましょう。

 

さて、上記の理由に加えて、肩こりに伴ってめまいが起こることもあります。

脳や耳に上る血管は、肩と首の付け根あたりから首を沿うようにして上っていくため、首肩周りの筋肉が緊張していると脳や耳への血流障害がおこり、めまいを生じる事があります。

そのため、首肩の筋肉をほぐし、血流を改善することで、めまいの症状も改善されることがあります。

鍼灸治療では、血流障害を起こす原因となる筋肉に直接アプローチすることで、血流改善をすることができますし、自律神経の働きを整えることで肩こりの原因にも対処することが可能です。

 

めまいにお悩みで、肩や首のこりも強いという方はぜひ一度鍼灸治療をお試しください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

めまい(めまい メマイ)がするお客様へ。鍼灸治療(しんきゅうちりょう シンキュウチリョウ)で調和する事ができます!!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは。

 

本日は「めまい」の原因についてご説明を致します。

 

突然のめまい、定期的なめまいや、浮動性のふわふわとしためまいのせいで

人のおおい場所へ出るのが怖いといった方もいると思います。

めまいの症状は病院で検査をしても異常がなく、有効な治療手段もなく、

お困りのお客様が多いと思いますが、それらは鍼灸治療で改善が出来る事をご存知でしたか!?

てお困りだと思います。

 

また、めまいは肩こりや首こりからくる場合もあります。

肩こりや首のこりを治すことでめまいも改善する可能性がございますので、

もし肩こりや首のこりが酷いお客様はそちらを検討してみるのも一つの方法です。

それ以外にも、循環障害自律神経の失調血圧の異常や貧血からくるめまいもありますので、

しっかりと検査を受ける事をお勧めいたします。

 

検査以外でも、もし上記の物が該当する場合、鍼灸治療でも改善ができますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

鍼灸治療は完全ご予約制となっておりますので、お電話でのお問い合わせをお待ちしております。

めまい(メマイ)でお困りの方、当院まで!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

みなさん、こんにちは。

今日はめまいについてご説明します。

日常生活を送っている中で突然おそわれるめまい。急に視界がグルグルと回ったり、クラっときたりして立っていることさえもつらくなってしまいますと、それが不安になりいつも心配になってしまいますし、症状を抑えるお薬を手放せなくなってしまうこともあるでしょう。

原因の多くが自律神経のバランスの乱れです。日頃の生活習慣や骨盤、背骨などのゆがみによって徐々に自律神経が乱れてしまい、そこからさまざまな症状があらわれてくるのですが、その一つとしてめまいがあらわれることがあるのです。

ローズの花鍼灸整骨院では、骨盤や背骨のゆがみを矯正していくことによって、自律神経のバランスを整えていくことが出来ます。身体のゆがみをそのままにしておきますと、他の症状が出てきてしまうこともありますのでお早めに当院までご相談ください。

 

めまいの種類

回転性めまい(ぐるぐる目が回る) 急に発症し、吐き気・嘔吐、耳が聞こえづらくなる(難聴)などの症状を伴うことがあります。 回転性めまいの多くは、耳の異常が原因で起こります。放っておくと、難聴になる恐れもあります。 また、脳出血や脳梗塞といった脳の異常でも回転性めまいが起こることがあります。

浮動性めまい(ふわふわ目が回る) 急に、あるいは徐々に症状があらわれ、フワフワ揺れる感じと、頭痛やしびれ、運動まひなどの神経に関係する症状を伴うことがあります。 浮動性めまいの多くは、脳の異常が原因で起こります。 脳の障害と言っても、脳の機能が少し低下している程度ですので、脳神経外科などで検査をしても「特に異常がありません」と言われる場合も多いのが現実です。

たちくらみのようなめまい(クラッとする) 立ち上がるとクラッとしたり、目の前が暗くなったりするめまいは、血圧の変動が主な原因として考えられます。

メニエール病(めにえーるびょう 目眩 眩暈 めまい メマイ)について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

皆さんこんにちは

本日は11月13日にニュースにもなったとある芸能人がかかっているメニエール病についてお伝えいたします。

メニエール病と言うのは、特定難病疾患に分類される病気の一つになります。

この病気は内耳と言われる場所のリンパ液が本来以上に多くなってしまい、水腫と呼ばれる状態になってしまったことが原因とされています。

症状としては、突然のめまい、難聴、耳がふさがれるような感覚が主になり、それが発作として生じます。

ずっとこの症状が発生し続けるわけではなく30分から長くて1日程出た後、症状が消え正常な状態になります。

ただ、症状が消えた後も発作は発生し、症状を重ねるたびに悪化していきます。

好発年齢は30~40歳が多いとされ、割合やせ形の人に多く、几帳面で神経質な人が罹りやすいとされています。つまりは、中間管理職の方では多く発生しやすいのかと思われます。

この年齢に発生しやすいと考えられる理由としては、ストレス、睡眠不足、精神的・肉体的疲労が原因と考えられています。

難病の一種とされているこの病気ですが、治療方法の一つとして鍼灸治療を行うというものがあります。

何故鍼灸治療が効果的なのか?

それは、メニエール病の原因として考えられる精神的・身体的疲労とストレスが関係します。

ストレスを人間が感じ続ける状態と言うのは交感神経が優位に働いているものだと考えられます。そのため、原因の一つ考えられるリラックスできていない状態を、鍼灸治療によってリラックス状態をつかさどる副交感神経を刺激してあげることで改善を試みる事が出来ます。

また、緊張状態が続いていると肩周りや、首周りの筋肉が硬くなってしまい、血流が悪くなることで必要以上のリンパ液がたまってしまっているという考え方もあります。

鍼により固くなってしまっている肩頸の緊張状態を改善し、元々の血流に戻すことで発作を置きづらくすることができると考えられます。

メニエール病=耳の病気と考えられるため、耳周りをやるのかと考えられる人が多いと思いますが、症状を見て考えられる鍼灸治療を行っていきます。

メニエール病は難病ですが、様々な治療方法が存在します。

悩まず、色々お試し頂く事をお勧めいたします。

それでは!