カテゴリー別アーカイブ: 五十肩

五十肩も鍼治療で治療できます

五十肩というのは

転んで手をついてとか、何かにぶつかってなどの明らかな外傷がない

ある日突然なんとなく動かせる範囲が狭い

その範囲以上動かすと痛みが強いなどの症状が出るときに

肩周りの筋肉や腱などの怪我を総称して診断されるものを五十肩と言います。

年齢によって四十肩や五十肩など様々な呼び方がありますが

正式には肩関節周囲炎と言われ、肩関節周囲の怪我で原因がはっきりない時にこのように診断されます。

なぜこのような事が起こるか、今のところ実際の原因ははっきり分かっていません。

高いところにある物を取ろうとした時や手を突いて立ち上がろうとした時

またはちょっとした重いものを持ち上げようとした時に

肩の付け根に「ズキッ」と痛みが走り、発症していることを気付くことが多いようです。

五十肩の発生する左右差は殆どありません。

利き腕だから起りやすいと言うこともないようです。

発症しやすい年齢はやはり30代後半から60才代までの男性に割合多いようです。

「50肩」の画像検索結果

50肩はフローズンショルダー、凍結肩とも言われ

ズボンの後ポケットまで手が回らない、腕を持ち上げようとすると肩から先に挙がり

腕自体は挙げられていない、手が頭に届かないため髪の毛がしばれないというような運動制限も起ります。

また、夜間または明け方にかけて寝がえりなどで動かしたなどとは別に

眠りを妨げる程の痛みが起ることも特徴です。

 

症状には段階があり、炎症が強い時期、動かしづらく固まってしまう時期

それが少しずつとけてきて動かせるようにてくる時期

大まかに言うとこの3段階に分かれます。

 

しかし、この痛みがなかなかおさまらない、動かすと激痛が走り動かせない

そのようなときは石灰が筋肉や腱の方に入り込んでしまって炎症が強くなってしまっているかもしれません。

そういう症状が出ている時は病院でしっかり症状を見てもらい対処する事も必要です。

 

五十肩への鍼治療は

この石灰の沈着以外なら対応が可能です。

痛みを落ち着ける効果や筋肉の張りをとり

動かせる範囲を広げていくことが出来ます。

また、動かしにくくなる前に悪化しないように行うこともできます。

 

五十肩は一定の期間を越えると徐々に症状が改善し治ってくるものですが

数年かかることもあるので、つらい症状を我慢せず、

ぜひ一度当院にお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

当院の詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-no-hana.com/

 

auto-IzxQnI

四十肩・五十肩の痛みは鍼灸治療でも対応が可能です。

皆さんこんにちは

本日は中年期の男性女性ともに悩みを抱えることの多い【四十肩・五十肩】について、お伝えいたします。

四十肩・五十肩といえば、肩が上がらないことを皆様思い浮かべると思います。

英語でも【frozen shoulder】、直訳で凍結肩とも言われ、多くの場合で運動制限が伴います。

四十肩・五十肩はあくまで俗称で、正確には肩関節周囲炎というものです。

俗称も、その年代に多いというだけで、なかには二十代・三十代で炎症が起こる方もいらっしゃいます。

四十肩・五十肩は現在は明らかな原因が分からず、また前兆もありません。

 

症状は大まかに分けて、3段階の病期からなります。

(1)疼痛期:痛みはすべての方向に動かした際にみられます。殆どの患者さまがこの時期に来院されます。夜寝ている時も起きてしまうほどに痛い事もあります。

(2)拘縮期:痛みが徐々に落ち着いてきた時期になりますが、肩の動きが固まったように動かなくなります。この時期は夜の痛みが消えますが、動かしたときの痛みは残っています。

(3)回復期:拘縮が終了し、少しずつ可動域の回復が見られる時期になります。ただ、痛みや拘縮が後遺症として残る事もあります。

 

当院の治療と致しましては、

病期を縮める事は難しいため、痛みを少しでも取り除いたり、関節の可動域制限が少しでも出にくくしたりなど、病気の間いかに痛みや制限なく過ごせるかといった処置を行っております。

もちろん、鍼灸治療でも対応が可能です。

当院は年中無休で朝9時から夜8時まで昼休みなく受付しております。

お電話やメールでのご相談もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡下さい。

※年末年始の12月31日~1月3日のみ、お休みさせて頂いております。

http://www.rose-no-hana.com/

auto-IzxQnI

 

四十肩・五十肩でお悩みの方へ

当院には四十肩・五十肩でお悩みの患者様が多く来院して下さり

治療されていきます。

四十肩・五十肩はどういう症状なのかと言いますと

・腕が思うように動かない
・今までに比べて腕が上がらない
・肩を押したときに痛みを感じる
・腕を上げた時に痛みを感じる
・寝返りをうった時に肩に痛みを感じる

これらに当てはまる方は四十肩、五十肩かもしれません。

 

四十肩・五十肩の原因

四十肩や五十肩の医学的な正式名称は「肩関節周囲炎」といいますが、要するに肩関節周辺の筋肉や関節などの炎症のことを言います。

その原因は様々で、転倒した時やふらついて手や肘をつっぱった時や肩をぶつけてしまった時、重い物を持ち上げようとした時など原因がはっきりしているケースと、特に思い当たる原因が無く段々と痛くなってくるような原因がはっきりしないケースがあります。

原因がはっきりしているケースでは、筋肉の部分断裂や炎症によるものだったり、原因がはっきりしないケースでは、肩周辺の筋肉の低下や循環が悪くなって起こることがあります。

その他では、石灰沈着性肩関節周囲炎という状態では肩や腕に激痛や腫れ、熱感が起こりじっとしているだけでも痛みが現れる症状もあります。

 

症状について

四十肩・五十肩になると、肩関節周辺の炎症によって肩を動かせる範囲がグンと狭まってきます。

肩や腕の痛みに伴ってしびれが起こる事もあり、炎症がひどい場合はじっとしていても痛みが出たり、夜寝ている時に痛みで眠れない夜間痛が起こります。また、運動痛と言って肩や腕を上げた時の痛みや背中を掻く動作やお尻を拭くような肩を外側や内側に捻る回旋動作でも痛みが出ます。

肩を前や横に上げる、背中を掻く動作やお尻を拭くような肩を外側や内側に捻るなど回旋動作が硬くなり、症状が悪化すると何年も動きが悪いままになってしまい、凍結肩(フローズンショルダー)といって肩が慢性的にほとんど上がらないといった状態になってしまう事もあります。

 

四十肩・五十肩の病期について

四十肩、五十肩には「~1.激痛が発症 2.痛みが徐々に弱まる 3.四十肩の治癒~」この3つの症状=3つの病期に分けて、考えることができます。

1.激痛が発症=急性期

肩関節の炎症を引き金に、四十肩、五十肩を発症。個人差はありますが、2週間前後、肩を動かすだけで激痛を生じます。時には、じっとしているだけでも激痛を伴う場合もあります。

2.痛みが徐々に弱まる=慢性期

肩関節の炎症は随分マシになってきています。しかし相変わらず、肩を動かせば痛みを生じます。また、四十肩、五十肩の後遺症とも言える肩関節全体の癒着によって、肩の動き自体が鈍くなる傾向にあります。そして、慢性期も個人差があります(2~4ヵ月程度)。

3.四十肩の治癒=回復期

肩関節の炎症は完治しています(痛み自体もほとんどありません)。しかし四十肩、五十肩の後遺症として、肩の動きが非常に悪くなる・人によって、肩がほとんど動かなくなる場合もあります。回復期にも個人差があります(3~6ヵ月程度)。

四十肩・五十肩は良くなるだろうと放置していると症状が進んで治療に余計に時間が掛かってしまう場合があります。我慢せずに出来るだけ早く治療を始めることをおすすめします。

 

四十肩と五十肩の違いは?

四十肩と五十肩に症状や原因など違いはありません。

四十肩・五十肩・・・実は四十肩、五十肩よりも先に「六十肩」が最初に呼ばれていました。六十肩⇒五十肩⇒四十肩・・・肩こりの発症が、段々低年齢化していくことで呼び方が変わってきたわけです。つまり四十肩・五十肩・六十肩の呼び方は肩こりの症状が違うわけでなく、年齢によって分けられただけなのです。

先程も言った通りこれら四十肩、五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。この肩関節周囲炎は20代や30代でも起こることもありますし、60代や70代80代でも起こりえます。

 

ローズの花鍼灸整骨院では四十肩や五十肩など肩関節周囲炎に対して国家資格を持った柔道整復師による手技や鍼灸師による鍼治療で施術を行っています。

「肩痛い イラスト」の画像検索結果

土日祝日も営業しておりますので、つらい症状が出たら我慢せずお気軽にご来院ください。

詳しくはこちら↓

http://www.rose-no-hana.com/

A307_003

五十肩を鍼で治しませんか?

五十肩というのは

転んで手をついてとか、何かにぶつかってなどの明らかな外傷がない

ある日突然なんとなく動かせる範囲が狭い

その範囲以上動かすと痛みが強いなどの症状が出るときに

肩周りの筋肉や腱などの怪我を総称して診断されるものが五十肩です。

年齢によって四十肩や五十肩など様々な呼び方がありますが

正式には肩関節周囲炎と言われ、肩関節周囲の怪我で原因がはっきりない時にこのように診断されます。

なぜこのような事が起こるか、今のところ実際の原因ははっきり分かっていません。

高いところにある物を取ろうとした時や手を突いて立ち上がろうとした時

またはちょっとした重いものを持ち上げようとした時に

肩の付け根に「ズキッ」と痛みが走り、発症していることを気付くことが多いようです。

五十肩の発生する左右差は殆どありません。

利き腕だから起りやすいと言うこともないようです。

発症しやすい年齢はやはり30代後半から60才代までの男性に割合多いようです。

 

五十肩は、フローズンショルダー、凍結肩とも言われ

ズボンの後ポケットまで手が回らない、腕を持ち上げようとすると肩から先に挙がり

腕自体は挙げられていない、手が頭に届かないため髪の毛がしばれないというような運動制限も起ります。

また、夜間または明け方にかけて寝がえりなどで動かしたなどとは別に

眠りを妨げる程の痛みが起ることも特徴です。

 

症状には段階があり、炎症が強い時期、動かしづらく固まってしまう時期

それが少しずつとけてきて動かせるようにてくる時期

大まかに言うとこの3段階に分かれます。

 

しかし、この痛みがなかなかおさまらない、動かすと激痛が走り動かせない

そのようなときは石灰が筋肉や腱の方に入り込んでしまって炎症が強くなってしまっているかもしれません。

そういう症状が出ている時は病院でしっかり症状を見てもらい対処する事も必要です。

 

五十肩への鍼治療は

この石灰の沈着以外なら対応が可能です。

痛みを落ち着ける効果や筋肉の張りをとり

動かせる範囲を広げていくことが出来ます。

また、動かしにくくなる前に悪化しないように行うこともできます。

 

五十肩は一定の期間を越えると徐々に症状が改善し治ってくるものですが

数年かかることもあるので、ただつらい症状を我慢して過ごすことなく

何か少しでも改善したい、良くしたい、悪化を防ぎたいと思う方は

当院に一度お越しください。

相談のみでも大丈夫です。

お気軽にお問い合わせください。

当院の詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-no-hana.com/

 

 

 

 

四十肩、五十肩でお悩みの方へ

当院には四十肩・五十肩でお悩みの方が多く来院されております。

今日は四十肩・五十肩について説明したいと思います。

・腕が思うように動かない
・今までに比べて腕が上がらない
・肩を押したときに痛みを感じる
・腕を上げた時に痛みを感じる
・寝返りをうった時に肩に痛みを感じる

上記のような症状でお悩みの方は四十肩五十肩かもしれません。

肩こりの女性のイラスト

 

四十肩・五十肩の原因

四十肩や五十肩の医学的な正式名称は「肩関節周囲炎」といいますが、要するに肩関節周辺の筋肉や関節などの炎症のことを言います。

その原因は様々で、転倒した時やふらついて手や肘をつっぱった時や肩をぶつけてしまった時、重い物を持ち上げようとした時など原因がはっきりしているケースと、特に思い当たる原因が無く段々と痛くなってくるような原因がはっきりしないケースがあります。

原因がはっきりしているケースでは、筋肉の部分断裂や炎症によるものだったり、原因がはっきりしないケースでは、肩周辺の筋肉の低下や循環が悪くなって起こることがあります。

その他では、石灰沈着性肩関節周囲炎という状態では肩や腕に激痛や腫れ、熱感が起こりじっとしているだけでも痛みが現れる症状もあります。

 

症状について

四十肩・五十肩になると、肩関節周辺の炎症によって肩を動かせる範囲がぐっと狭まってきます。

肩や腕の痛みに伴ってしびれが起こることもあり、炎症がひどい場合はじっとしていても痛みが出たり、夜寝ている時に痛みで眠れない夜間痛が起こります。また、運動痛と言って肩や腕を上げた時の痛みや背中を掻く動作やお尻を拭くような肩を外側や内側に捻る回旋動作でも痛みが出ます。

肩を前や横に上げる、背中を掻く動作やお尻を拭くような肩を外側や内側に捻るなど回旋動作が硬くなり、症状が悪化すると何年も動きが悪いままになってしまい、凍結肩(フローズンショルダー)といって肩が慢性的にほとんど上がらないといった状態になってしまう事もあります。

 

四十肩・五十肩の病期について

四十肩、五十肩には「~1.激痛が発症 2.痛みが徐々に弱まる 3.四十肩の治癒~」この3つの症状=3つの病期に分けて、考えることができます。

1.激痛が発症=急性期

肩関節の炎症を引き金に、四十肩、五十肩を発症。個人差はありますが、2週間前後、肩を動かすだけで激痛を生じます。時には、じっとしているだけでも激痛を伴う場合もあります。

2.痛みが徐々に弱まる=慢性期

肩関節の炎症は随分マシになってきています。しかし相変わらず、肩を動かせば痛みを生じます。また、四十肩、五十肩の後遺症とも言える肩関節全体の癒着によって、肩の動き自体が鈍くなる傾向にあります。そして、慢性期も個人差があります(2~4ヵ月程度)。

3.四十肩の治癒=回復期

肩関節の炎症は完治しています(痛み自体もほとんどありません)。しかし四十肩、五十肩の後遺症として、肩の動きが非常に悪くなる・人によって、肩がほとんど動かなくなる場合もあります。回復期にも個人差があります(3~6ヵ月程度)。

四十肩・五十肩は良くなるだろうと放置していると症状が進んで治療に余計に時間が掛かってしまう場合があります。我慢せずに出来るだけ早く治療を始めることをおすすめします。

 

四十肩と五十肩の違いは?

四十肩と五十肩に症状や原因など違いはありません。

四十肩・五十肩・・・実は四十肩、五十肩よりも先に「六十肩」が最初に呼ばれていました。六十肩⇒五十肩⇒四十肩・・・肩こりの発症が、段々低年齢化していくことで呼び方が変わってきたわけです。つまり四十肩・五十肩・六十肩の呼び方は肩こりの症状が違うわけでなく、年齢によって分けられただけなのです。

先程も言った通りこれら四十肩、五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。この肩関節周囲炎は20代や30代でも起こることもありますし、60代や70代80代でも起こりえます。

 

ローズの花鍼灸整骨院では四十肩や五十肩など肩関節周囲炎に対して国家資格を持った柔道整復師による手技や鍼灸師による鍼治療で施術を行っています。

土日祝日も営業しておりますので、つらい症状が出たら我慢せずお気軽にご来院ください。

詳しくはこちら↓

http://www.rose-no-hana.com/

四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩でお悩みの患者様が多く来院して下さり

治療されていきます。

四十肩・五十肩はどういう症状なのかと言いますと

・腕が思うように動かない
・今までに比べて腕が上がらない
・肩を押したときに痛みを感じる
・腕を上げた時に痛みを感じる
・寝返りをうった時に肩に痛みを感じる

これらに当てはまる方は四十肩、五十肩かもしれません。

 

四十肩・五十肩の原因

四十肩や五十肩の医学的な正式名称は「肩関節周囲炎」といいますが、要するに肩関節周辺の筋肉や関節などの炎症のことを言います。

その原因は様々で、転倒した時やふらついて手や肘をつっぱった時や肩をぶつけてしまった時、重い物を持ち上げようとした時など原因がはっきりしているケースと、特に思い当たる原因が無く段々と痛くなってくるような原因がはっきりしないケースがあります。

原因がはっきりしているケースでは、筋肉の部分断裂や炎症によるものだったり、原因がはっきりしないケースでは、肩周辺の筋肉の低下や循環が悪くなって起こることがあります。

その他では、石灰沈着性肩関節周囲炎という状態では肩や腕に激痛や腫れ、熱感が起こりじっとしているだけでも痛みが現れる症状もあります。

 

症状について

四十肩・五十肩になると、肩関節周辺の炎症によって肩を動かせる範囲がグンと狭まってきます。

肩や腕の痛みに伴ってしびれが起こる事もあり、炎症がひどい場合はじっとしていても痛みが出たり、夜寝ている時に痛みで眠れない夜間痛が起こります。また、運動痛と言って肩や腕を上げた時の痛みや背中を掻く動作やお尻を拭くような肩を外側や内側に捻る回旋動作でも痛みが出ます。

肩を前や横に上げる、背中を掻く動作やお尻を拭くような肩を外側や内側に捻るなど回旋動作が硬くなり、症状が悪化すると何年も動きが悪いままになってしまい、凍結肩(フローズンショルダー)といって肩が慢性的にほとんど上がらないといった状態になってしまう事もあります。

「四十肩 イラスト」の画像検索結果

 

四十肩・五十肩の病期について

四十肩、五十肩には「~1.激痛が発症 2.痛みが徐々に弱まる 3.四十肩の治癒~」この3つの症状=3つの病期に分けて、考えることができます。

1.激痛が発症=急性期

肩関節の炎症を引き金に、四十肩、五十肩を発症。個人差はありますが、2週間前後、肩を動かすだけで激痛を生じます。時には、じっとしているだけでも激痛を伴う場合もあります。

2.痛みが徐々に弱まる=慢性期

肩関節の炎症は随分マシになってきています。しかし相変わらず、肩を動かせば痛みを生じます。また、四十肩、五十肩の後遺症とも言える肩関節全体の癒着によって、肩の動き自体が鈍くなる傾向にあります。そして、慢性期も個人差があります(2~4ヵ月程度)。

3.四十肩の治癒=回復期

肩関節の炎症は完治しています(痛み自体もほとんどありません)。しかし四十肩、五十肩の後遺症として、肩の動きが非常に悪くなる・人によって、肩がほとんど動かなくなる場合もあります。回復期にも個人差があります(3~6ヵ月程度)。

四十肩・五十肩は良くなるだろうと放置していると症状が進んで治療に余計に時間が掛かってしまう場合があります。我慢せずに出来るだけ早く治療を始めることをおすすめします。

 

四十肩と五十肩の違いは?

四十肩と五十肩に症状や原因など違いはありません。

四十肩・五十肩・・・実は四十肩、五十肩よりも先に「六十肩」が最初に呼ばれていました。六十肩⇒五十肩⇒四十肩・・・肩こりの発症が、段々低年齢化していくことで呼び方が変わってきたわけです。つまり四十肩・五十肩・六十肩の呼び方は肩こりの症状が違うわけでなく、年齢によって分けられただけなのです。

先程も言った通りこれら四十肩、五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。この肩関節周囲炎は20代や30代でも起こることもありますし、60代や70代80代でも起こりえます。

 

ローズの花鍼灸整骨院では四十肩や五十肩など肩関節周囲炎に対して国家資格を持った柔道整復師による手技や鍼灸師による鍼治療で施術を行っています。

土日祝日も営業しておりますので、つらい症状が出たら我慢せずお気軽にご来院ください。

詳しくはこちら↓

http://www.rose-no-hana.com/

四十肩、五十肩の痛みには…

 

さて、今日は四十肩、五十肩についてお話させていただきます!!

当院では、四十肩、五十肩でお悩みの方がたくさん来院されています。

みなさまご自分に合った治療法として、保険治療をやったり、鍼灸治療を試してみたりで症状を改善されています。

 

よく患者様からご質問がありますが、

「四十肩と五十肩ってどう違うの?」

どちらも痛む場所、痛む期間など症状はまったく同じものです。

そもそも四十肩、五十肩はいわゆる俗称で、本来は「肩関節周囲炎」といわれるものです。

その炎症が四十代~五十代の人に起こりやすいため、上記のような俗称がいわれるようになったといわれています。

症状としては、腕を動かそうとしたときなどに突然、肩に激しい痛みが起こり、腕を上げる、腕を回すなどの動作がしにくくなるのが特徴です。酷い時には全く動かせない事も…。全体的に女性の方が多いと言われています。

通常、適切な対処をしていれば半年から1年で自然に完治する場合が多いです。ただ自然に治るから・・と何もせずに放置するのはNGです。良くなるのをただ待つのではなく、積極的に治療することが重要です。発症して時間が経てば経つほど完治が遅くなります。早めに病院に行き治療することをおすすめします。

また、肩の痛みをかばいながら生活していると、肩関節が固まり動かなくなってしまうこともあります。「痛いほうをかばっていたら、もう片方の肩・腕も痛みが出てきてしまった」というのもよくある話です。

四十肩は、運動不足だと進みやすいようです。そのために肩の痛みを感じたら、定期的な運動や肩のストレッチを忘れずに行いましょう!!

なにかお困りの際には当院にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com/

「肩関節周囲炎 画像」の画像検索結果

http://www.rose-no-hana.com/

四十肩、五十肩でつらい方へ

もしかしたら四十肩かもしれない、五十肩かもしれない・・・

下記のような症状にお悩みではないでしょうか?

・腕が思うように動かない
・今までに比べて腕が上がらない
・肩を押したときに痛みを感じる
・腕を上げた時に痛みを感じる
・寝返りをうった時に肩に痛みを感じる

これらに当てはまる方は四十肩、五十肩かもしれません。

 

四十肩・五十肩の原因

四十肩や五十肩の医学的な正式名称は「肩関節周囲炎」といいますが、要するに肩関節周辺の筋肉や関節などの炎症のことを言います。

その原因は様々で、転倒した時やふらついて手や肘をつっぱった時や肩をぶつけてしまった時、重い物を持ち上げようとした時など原因がはっきりしているケースと、特に思い当たる原因が無く段々と痛くなってくるような原因がはっきりしないケースがあります。

原因がはっきりしているケースでは、筋肉の部分断裂や炎症によるものだったり、原因がはっきりしないケースでは、肩周辺の筋肉の低下や循環が悪くなって起こることがあります。

その他では、石灰沈着性肩関節周囲炎という状態では肩や腕に激痛や腫れ、熱感が起こりじっとしているだけでも痛みが現れる症状もあります。

 

症状について

四十肩・五十肩になると、肩関節周辺の炎症によって肩を動かせる範囲がグンと狭まってきます。

肩や腕の痛みに伴ってしびれが起こる事もあり、炎症がひどい場合はじっとしていても痛みが出たり、夜寝ている時に痛みで眠れない夜間痛が起こります。また、運動痛と言って肩や腕を上げた時の痛みや背中を掻く動作やお尻を拭くような肩を外側や内側に捻る回旋動作でも痛みが出ます。

肩を前や横に上げる、背中を掻く動作やお尻を拭くような肩を外側や内側に捻るなど回旋動作が硬くなり、症状が悪化すると何年も動きが悪いままになってしまい、凍結肩(フローズンショルダー)といって肩が慢性的にほとんど上がらないといった状態になってしまう事もあります。

「四十肩 イラスト」の画像検索結果

 

四十肩・五十肩の病期について

四十肩、五十肩には「~1.激痛が発症 2.痛みが徐々に弱まる 3.四十肩の治癒~」この3つの症状=3つの病期に分けて、考えることができます。

1.激痛が発症=急性期

肩関節の炎症を引き金に、四十肩、五十肩を発症。個人差はありますが、2週間前後、肩を動かすだけで激痛を生じます。時には、じっとしているだけでも激痛を伴う場合もあります。

2.痛みが徐々に弱まる=慢性期

肩関節の炎症は随分マシになってきています。しかし相変わらず、肩を動かせば痛みを生じます。また、四十肩、五十肩の後遺症とも言える肩関節全体の癒着によって、肩の動き自体が鈍くなる傾向にあります。そして、慢性期も個人差があります(2~4ヵ月程度)。

3.四十肩の治癒=回復期

肩関節の炎症は完治しています(痛み自体もほとんどありません)。しかし四十肩、五十肩の後遺症として、肩の動きが非常に悪くなる・人によって、肩がほとんど動かなくなる場合もあります。回復期にも個人差があります(3~6ヵ月程度)。

四十肩・五十肩は良くなるだろうと放置していると症状が進んで治療に余計に時間が掛かってしまう場合があります。我慢せずに出来るだけ早く治療を始めることをおすすめします。

 

四十肩と五十肩の違いは?

四十肩と五十肩に症状や原因など違いはありません。

四十肩・五十肩・・・実は四十肩、五十肩よりも先に「六十肩」が最初に呼ばれていました。六十肩⇒五十肩⇒四十肩・・・肩こりの発症が、段々低年齢化していくことで呼び方が変わってきたわけです。つまり四十肩・五十肩・六十肩の呼び方は肩こりの症状が違うわけでなく、年齢によって分けられただけなのです。

先程も言った通りこれら四十肩、五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。この肩関節周囲炎は20代や30代でも起こることもありますし、60代や70代80代でも起こりえます。

 

ローズの花鍼灸整骨院では四十肩や五十肩など肩関節周囲炎に対して国家資格を持った柔道整復師による手技や鍼灸師による鍼治療で施術を行っています。

土日祝日も営業しておりますので、つらい症状が出たら我慢せずお気軽にご来院ください。

詳しくはこちら↓

http://www.rose-no-hana.com/

 

五十肩(ごじゅうかた ゴジュウカタ)でお悩みでしたら、当院にご相談ください!!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは♪

本日は《五十肩》についてお話します!!

肩が上がらない、動かすと痛い・・そんな症状ありませんか?それがいわゆる五十肩です。。

50代に多いので五十肩と言われていますが、実は20代、30代にも同じように起こる症状で、今は若い方でもそういった症状でお悩みの方が増えてきています・・

 

五十肩はいったん症状が出ると、肩が上がりにくいので、背中がかけなかったり、衣服を着たり脱いだりするのもつらいと言われています。日常生活に支障をきたすのでとても厄介な病気です。夜中寝ているときに激痛が走ることもあったり、痛くて肩がまったく動かせないときもあります。

症状が出始めたらなるべく早く治療を始めることが早期回復へつながります。

なにかお困りのときは当院にご相談下さい。

土日祝日も休まず9:00~20:00まで診療しております。

四十肩(しじゅうかた シジュウカタ)・五十肩(ごじゅうかた ゴジュカタ)でお困りの時は当院にご相談ください!!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは♪

今日もすっきりしないお天気ですね・・洗濯物が乾かなくて困りますね・・

今日は《四十肩・五十肩》についてお話します!!

肩を動かすと痛い、思うように腕が上がらない、そんな症状が四十肩、五十肩です。「動かしても動かさなくても痛い」という人もいるようです。

40代、50代に多いのでそう言われていますが、実際には20代、30代にも頻発しておこる症状です。

明らかな原因がわかっていないのが現状です。

正式名称は頸肩腕症候群(けいけいわんしょうこうぐん)といいます。

四十肩・五十肩はいったん症状が出ると、衣服の脱ぎ着も辛い、背中がかけないなど、ただ単に肩の痛みとは言っていられないほど、日常生活に支障をきたすようになるとても厄介な病気です。

人によってはかなりの激痛で、肩がまったく動かせなくケースも少なくありません。

四十肩・五十肩は通常、片側にだけ発生します。回復後は再発することはほとんどないのですが、強い肩の痛みを繰り返して訴える場合は、一度検査することをお勧めします。

症状が出始めたらなるべく早く治療を始めることが大切です。

なにかお困りのときは当院にご相談下さい。

土日祝日も休まず9:00~20:00まで診療しております。