カテゴリー別アーカイブ: 膝痛

膝の痛み

変形性膝関節症による膝痛でお困りの方

 

本日は変形性膝関節症についてお伝えいたします。

そもそも、膝関節と言うのは膝蓋骨・脛骨・大腿骨の三つからなる関節であり、それぞれの骨にぶつからないよう骨には関節軟骨が付き、周囲を靭帯や筋肉で固められ、中に骨を栄養する関節液が詰まっています。

このようにがっちりとした構造なのは、靭帯を支えつつも様々な運動を行う必要のあるため、負担が大きいためです。

しかし、長い年月がたつことで徐々に圧迫を受けクッションとしての動きを果たしている軟骨がすり減り、骨と骨が近づいてしまいます。そうしますと、それが刺激となり、骨が増殖・変性を起こし棘のような骨(骨棘)が膝の外側に発生します。

骨の擦り減りや、変性・刺激により炎症が発生してしまい、関節に水がたまってしまいます(炎症を起こした際に周辺が腫れるのと同じ原理です。)。これが変形性膝関節症と言われる病気になります。

好発年齢は肥満傾向のある方や中年以降の女性に多く発症し、女性は男性の約2倍の発症率と言われます。

鍼灸治療をこちらの変形性膝関節症でも行う事が出来ます。

物理的に変形してしまった物に関しては鍼灸治療は行えません。しかし、周辺の血流を良くすることで膝の痛みが軽減することができ、痛みによって引き起こされていた可動域制限を改善できます。また、血行を改善することが炎症を抑えることにつながり、膝に水が溜まるのを防ぐことができます。

また、膝が悪いとそれにより歩き方や力の使い方に無理が生じるようになり、腰痛や肩こりの原因になることもあります。

そのため、変形性膝関節症の症状を緩和することで肩こりが取れるという事もあります。

長い一生から見れば通う期間はほんのわずか。

お悩みの時は、鍼灸がやりたいとお電話していただき、

予約を取ったのちにいつでもお越しください。

お待ちしております。

kotuban3

膝の痛み我慢しないでください。

こんにちは。柿澤です。

今日は多くの方が悩まれている膝の痛みについてお話します。

私は整骨院で働いていて膝で痛みを持っている方をたくさん見ています。

その時思うのは、膝の痛みは年だから仕方ないと諦めている方がたくさんいることです。

膝は、日常生活の中、運動中に多くの力が加わるところです。姿勢の悪さも原因になることもあります。

そのせいか、痛みやしびれなどの症状が出やすい場所でもあります。

症状や原因には、以下のものがあります。

1.変形膝関節症

変形性膝関節症は、膝のクッションの役割である関節軟骨がすり減ってしまい

衝撃などがうまく吸収できず日常生活でも痛みを感じてしまう疾患です。

40代以降の女性に多く見られますが、スポーツ活動などの激しい動きをする人にも良く

見られます。

ひざの関節は、大腿骨という骨と脛骨という骨がつながっていきます。

 

膝への負担が長く続いていると膝を支える筋肉の動きも悪くなり、関節への変形につなっがてしまいます。

2.スポーツ活動での膝の酷使

スポーツ活動では下半身の負荷が大きい分、筋肉強化やストレッチが欠かせません。

しかし、やりすぎもいいとは言えません。休めずに筋肉を動かしていると、疲労が溜まってしまい

筋肉に疲労を溜めたまま動かし続けると膝への負荷も増してしまいます。

他にも靭帯やほかの筋肉へも影響が出てしまいます。

3.O脚、X脚の人

腰や骨盤の筋肉のバランスが悪くなってしまったい、膝が変形してしまいます。

O脚だと膝の内側、X脚だと外側に負荷がかかり痛みに発展していきます。

他にも合わない靴を履き続ける、山登りなどをよくする人、過去のけがが原因など

痛みが見られる症状はたくさんあります。

そんなひざの痛みは、太ももの前の筋肉を鍛えることで膝に負担がかかりにくくなります。

またストレッチをおこなうことで膝の動きも良くなります。

その人に合った治療をしていき、痛みを緩和していきます。

わからないことや不安なことがありましたら、お電話でもうけつけております。

お気軽にご来院、お電話お待ちしております。

毎日、朝9時から夜の八時までお昼休みもやっております。

詳しい内容はこちらまで

http://www.rose-no-hana.com

 

 

ジャンパー膝(膝蓋腱炎 膝痛 スポーツ障害 )

皆さんこんにちは

本日も、【ジャンパー膝】についてお伝えいたします。

ジャンパー膝というのはジャンプを行うスポーツ競技に準ずる方々に多く発生する病気の為、こう呼ばれます。正式名称は【膝蓋腱炎】と言われ、膝のお皿周辺が炎症を起こしている病気になります。

原因としては、頻繁にかつ長時間、膝に負担をかける運動(ジャンプなどの膝を曲げる伸ばすを繰り返す)を行い続けることで、膝周辺に微細な損傷が発生していきます。それにより、膝の運動を行った時に痛みが生じるようになります。

そのため、何らかの原因で膝を捻じったり骨折を起こしたわけではなく、塵も積もれば山となる…といった感じに膝が炎症を起こすようになります。言うなれば、大人で多くみられる長時間かつ同じ姿勢でパソコンをやって肩こりが発生してしまった状態に似ています。

また、このスポーツ障害は骨の成長に対して筋肉が追い付かない状態になり、膝蓋腱が固くなることも原因と考えられます。そのため、発症年齢は12~20代の男女ともに多く、特に10代に多いとされています。

この膝蓋腱炎に似た症例に以前お伝えいたしました【オスグッド病】が存在します。こちらは、発症年齢がやや下がり10~15歳代に発生し、ジャンプが原因の一つになりますがレントゲンを撮ることで容易に鑑別が出来ます。

指導者や親御様には気を付けて頂きたいのが、この時期だと成長痛だと安易に考えてしまう事です。確かに育ち盛りの12~20歳代(精々15歳までですが)が膝が痛いと言ったらそれを疑いますが、成長痛は運動をした後痛くなることはまずありません。また、成長痛は長くて1時間ほどでおさまり夕方に発生することが多いです。なにより、翌日にはケロッとしていることが殆どなのに対し、こちらは翌日になっても原因となる動作を行う事で痛みが発生します。

何もなかったら恥ずかしい…など変にナイーブに考えるよりお子さんの事を考えて下さい。

また、膝が痛いなと思った選手の皆様は気のせいと考えることは危険です。必ず、一度当院へお越し下さい。

お待ちしております。

images (2)

 

オスグッド病について(膝が痛い 治しかた 膝の痛み おすぐっど)

皆さんこんにちは

本日は中学高校生のスポーツをする学生に多い、オスグッド病についてお伝えいたします。

このオスグッド病とういうのは膝に痛みが生じる病気の一つです。冒頭にも記述いたしましたが、10~15歳の骨がまだ成長段階にある学生に多いとされています。

その原因としてはサッカーやバレー等のジャンプやキックを伴う動作を過剰に行い続けることで、すねに付着している腱の牽引にやがて耐えられなくなり剥離してしまいます。

剥離してしまうと膝のお皿の下あたりが徐々に突出してきて痛みや、熱を感じたり、赤く腫れたりします。X線を取ると明確に異常がわかりますが、見た目は突出しているだけであり、その痛さというものを理解してもらえないことが多いのが発症者のネックになるそうです。

根本的な治癒を目指すときは、スポーツを完全に中止し休養を取る事が良いとされています。ただ、そうもいっていられないスポーツ学生は多いと思います。

また、膝周りの病気はオスグッド病以外にも多く素人判断をすることは危険です。当然ですが膝周りが痛いから成長痛…と決めてかかることも危険です。

当院は国家資格を持った専門の先生が診断します。学生の方で、膝回りの痛みに悩んでいるのなら是非当院に一度お越し下さい。

お待ちしております。

fig_tka3