カテゴリー別アーカイブ: オスグッド病

スポーツ障害について

ローズの花鍼灸整骨院はスポーツを頑張る学生さんや社会人の方にもたくさんご利用頂いています。

中でもスポーツ障害で通われている方が多くいらっしゃいます。

最近では、大会に向けて練習を頑張っている学生さんが多くいらっしゃいます。

スポーツ障害とは、長期的に同じスポーツを続けた結果、体の一定の部位に負担がかかって起こる痛みや違和感などの障害のことです。スポーツにおける体の使い過ぎが原因とされています。

テニス肘、野球肘、野球肩、サッカー膝、ランナー膝、モートン病、アキレス腱炎、疲労骨折など・・他にもたくさんの障害が挙げられます。

スポーツ障害を予防するには、運動前に必ず準備運動をすることが大切です。ゆっくりと体温を上げていくのことが大切です。急に動き出すと、体にとても負担がかかりますし、怪我もしやすくなります。また、運動後は必ず整理運動をしましょう。スポーツした日はゆっくり湯船に浸かってから、ストレッチで全身をご自分でケアしてあげるのもいいですね。

もし、スポーツ障害になっていしまった、すぐにRICE処置、安静(Rest) 冷却(Ice) 圧迫(Conpression)

挙上(Elevation)の応急処置をおこなって下さい

特に学生の頃のまだ身体が出来上がっていない時期に無理をし怪我をしてそのままにしてしまうと

将来のプレーなどにも大きく影響してきてしまいます。

少しでも違和感や不安を感じましたら、すぐに当院にお越しください。

スポーツ障害にならないよう、楽しくスポーツと付き合っていけたら良いですね。

なにかお困りの際には当院にご相談ください。

http://www.rose-no-hana.com

野球のイラスト「ヒットを打ったバッター」

 

オスグット病について

皆さん、こんにちは。

本日は小・中学生のスポーツをする学生に多いオスグッド病についてお伝えいたします。

このオスグッド病とういうのは膝のまわりに痛みが生じる病気の一つです。

冒頭にも記述いたしましたが、10~15歳の発達期の活発な男の子に多くみられる症状です。、骨がまだ成長段階にある学生に多いとされています。

特にサッカーやバレー等の、ジャンプやキックを伴う動作を過剰に行い続けることで、

すねに付着している腱の牽引により痛みが出てしまいます。「オスグット病」の画像検索結果

症状としては、膝のお皿の下あたりが徐々に突出してきて痛みや、熱を感じたり、赤く腫れたりします。

X線を取ると明確に異常がわかりますが、見た目は突出しているだけであり、

その痛さというものを理解してもらえないことが多いのが発症者のネックになるそうです。

根本的な治癒を目指すときは、スポーツを完全に中止し休養を取る事が良いとされています。

ただ、そうもいっていられないスポーツ学生は多いのが実際だと思います。

また、膝周りの病気はオスグッド病以外にも多く素人判断をすることは危険です。

当然ですが膝周りが痛いから成長痛…と決めてかかることも危険です。

当院は国家資格を持った専門の先生が診断します。

100%のプレーが出来るようにサポート致します!!!

痛みを我慢せずに当院に治療しに来て下さい。

学生の方で、膝回りの痛みに悩んでいるのなら是非当院に一度お越し下さい。

お電話でのご相談もお待ちしております。

詳しい内容はこちらまで

http://www.rose-no-hana.com

「スポーツ イラスト」の画像検索結果

オスグッド病について(おすぐっど)

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

皆さん、こんにちは。

本日は小・中学生のスポーツをする学生に多いオスグッド病についてお伝えいたします。

このオスグッド病とういうのは膝のまわりに痛みが生じる病気の一つです。

冒頭にも記述いたしましたが、10~15歳の、骨がまだ成長段階にある学生に多いとされています。

特にサッカーやバレー等の、ジャンプやキックを伴う動作を過剰に行い続けることで、

すねに付着している腱の牽引により痛みが出てしまいます。

症状としては、膝のお皿の下あたりが徐々に突出してきて痛みや、熱を感じたり、赤く腫れたりします。

X線を取ると明確に異常がわかりますが、見た目は突出しているだけであり、

その痛さというものを理解してもらえないことが多いのが発症者のネックになるそうです。

根本的な治癒を目指すときは、スポーツを完全に中止し休養を取る事が良いとされています。

ただ、そうもいっていられないスポーツ学生は多いのが実際だと思います。

また、膝周りの病気はオスグッド病以外にも多く素人判断をすることは危険です。

当然ですが膝周りが痛いから成長痛…と決めてかかることも危険です。

当院は国家資格を持った専門の先生が診断します。

学生の方で、膝回りの痛みに悩んでいるのなら是非当院に一度お越し下さい。

お電話でのご相談もお待ちしております。

 

成長痛(せいちょうつう セイチョウツウ)に伴って、オスグッド(おすぐっど)なども起こりうる可能性があります!!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは。

 

本日はお子様の成長痛についてお話をさせて頂きます。

成長痛とは、主に3歳~10歳の期間の子供に見られる

足や膝、かかと等の痛みの症状の事になります。

しかし、その痛みの箇所が腫れていたり、外傷がなく、

また思い当たる原因もないような痛みというのが、成長痛の痛みの特徴になっております。

 

また、成長痛の理由としては、決定的なものはなく、

筋肉の疲れや変化などに慣れていなく、筋肉痛や疲労等からではないかという説になっております。

 

子供の成長痛の痛みの対処法をしてはまずは疲労をしないようしっかりと休息を取ること。

また、しっかりと筋肉を温めてあげる事も一つの方法です。

もし、痛みが出てきた場合はシップなどを貼る、ストレッチをするなどをして対処すると

効果があると思います。

しかし、成長痛に伴いオスグッドなどの他の症状も起こりうる可能性があります。

 

オスグッドは大腿四頭筋を過度に酷使するために起こる、膝の脛骨粗面の骨端症です。

バスケやバレーなどジャンプするスポーツをする子に多くみられます。

性格では負けず嫌い、頑張り屋さんのお子さんにも多くみられますので、

ただの成長痛と思うだけでは無く、そういった他の症状も考えられますので、

まずは医療機関で受診を行ってください。

オスグッド病(おすぐっどびょう オスグッドビョウ)について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは♪今日もとても寒いですね・・・

一気に真冬の気候になってしまったので、しっかり防寒して風邪などひかれないようにお気をつけ下さい。

 

今日は《オスグッド病》についてお話しさせて頂きます。

オスグッド病ってみなさん聞いたことはありますか?

オスグッド病は簡単にいえば膝の関節が痛む疾患で、小学生高学年から高校生くらいまでのお子様に多く起こるため、成長痛と言われることもあります。

バスケットやバレーボールなど、ジャンプを多くするスポーツをしているお子様に多いため、スポーツ障害としても分類されます。

膝のお皿の下を押すと痛かったり、スポーツをする際に走ったりジャンプをしたりなどの動作で痛みがでることが特徴です。

軽度の場合は、運動中は痛まず、運動開始時や終了時に痛みが出てくるといった特徴もあります。

基本的には膝を酷使したことにより起こるものと考えられていますが、スポーツを頻繁にされていないお子様にも起こることはあります。

 

使いすぎや成長にともなう痛みなので、安静にすることが大切なのですが、お子様にとって安静にするというのは難しことですよね。

部活やスポーツを頑張っている子であれば、できるだけ早く治すということが必要だと思います。

当院でもオスグッド病の患者様はご来院されています。

患部の治療だけでなく、ストレッチや正しい体の使い方等の指導も行っております。

お子様がどういう状態か、今後どのように治療をしていくかというのもしっかりとご説明させて頂いた上で治療を行っておりますので、お子様のオスグッド治療のご相談はお任せ下さい。

 

 

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

オスグット病について・・・

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは♪

なんだかいまにでも雨が降ってきそうなお天気ですね・・これから荒れたお天気になるようですので、外出の際はお気をつけください。

さて、今日は《オスグット病》についてお話させていただきます!!

みなさんはオスグット病はご存じでしょうか?

特徴としては小学校高学年くらい~高校生くらいまでに多く発症する膝の関節痛のことです。ちょうど成長期に多く発症するため、成長痛といわれることもありますが、そうではないようです。。

スポーツをしているお子様に多くみられるのですが、なかでも、サッカーやバレーボール、バスケット、テニス、バドミントンなどをやっている子です・・走ったり、ジャンプしたり、ダッシュなどの繰り返しの動作が原因と考えられます。

成長期の骨の柔らかい時期に、激しい運動をすることで膝の付近の筋肉の付着部分が引っ張られ、膝下の骨が阻害されてしまいます。これがオスグッド病です。

基本的な原因は運動による疲労の蓄積によるものです。基本的に使い過ぎによる痛みといわれていますが、運動をしていない子供にも発症することもあります。

膝のおさらの少し下の骨の部分が、ポッコリ膨らんで、押すと痛かったり、走ったり、ジャンプしたりすると痛むのが特徴です。

成長期が過ぎると骨も固まりますので、症状は軽減されたり、なくなりますが、きちんとストレッチをすることは常に忘れないようにしましょう!!

なにかお困りの際には、当院にご相談ください。

オスグッド病について(膝が痛い 治しかた 膝の痛み おすぐっど)

皆さんこんにちは

本日は中学高校生のスポーツをする学生に多い、オスグッド病についてお伝えいたします。

このオスグッド病とういうのは膝に痛みが生じる病気の一つです。冒頭にも記述いたしましたが、10~15歳の骨がまだ成長段階にある学生に多いとされています。

その原因としてはサッカーやバレー等のジャンプやキックを伴う動作を過剰に行い続けることで、すねに付着している腱の牽引にやがて耐えられなくなり剥離してしまいます。

剥離してしまうと膝のお皿の下あたりが徐々に突出してきて痛みや、熱を感じたり、赤く腫れたりします。X線を取ると明確に異常がわかりますが、見た目は突出しているだけであり、その痛さというものを理解してもらえないことが多いのが発症者のネックになるそうです。

根本的な治癒を目指すときは、スポーツを完全に中止し休養を取る事が良いとされています。ただ、そうもいっていられないスポーツ学生は多いと思います。

また、膝周りの病気はオスグッド病以外にも多く素人判断をすることは危険です。当然ですが膝周りが痛いから成長痛…と決めてかかることも危険です。

当院は国家資格を持った専門の先生が診断します。学生の方で、膝回りの痛みに悩んでいるのなら是非当院に一度お越し下さい。

お待ちしております。

fig_tka3