カテゴリー別アーカイブ: 腱鞘炎

腱鞘炎の症状でお悩みの方へ

本日は腱鞘炎についてお話し致します。

腱鞘炎とは、同じ動きを長時間続けたりしていると発症する症状です。

デスクワーク作業が多い人に起こりやすくなっております。

腱鞘炎の初期症状は、手や手首に違和感を覚えます。ここで症状に気づき治療をするのが一番良いのですが、多くの人は我慢をしてしまい、症状が悪化してしまいます。

症状が悪化してしまうと手を動かしていなくても痛みが生じてしまいます。手首が曲げられない腫脹がでてきたら病院に行く事をお勧め致します。

腱鞘炎とは腱鞘と言われる部分に炎症が起きて症状が出て来ます。

「腱鞘炎 説明 イラスト」の画像検索結果

最悪の場合、日常生活にも支障をきたしてしまうかもしれません。そうなる前に治療をする事をお勧め致します。

腱鞘炎を悪化させない為の一番の治療は安静にする事です。使いすぎから腱鞘炎は発症するので安静にして湿布などを貼り冷やしてあげて下さい。

その時のシップの貼る位置なのですが、手首の腱鞘炎が痛い時、

正しい治し方は手首に貼るのではなく肘の裏に貼ります!

実はここから手足の腱鞘炎が来てる場合が多いのです。

そのワケは腱と言われるものが繋がっているからです。

ここから腱と言われるものが手首まで繋がるスタート地点なのでここが一番炎症しやすい部分なのです。

安静にしていても痛みがひかなかったり、腱鞘炎の症状が出てきた思ったら当院にお越しください。

当院では、腱鞘炎の症状には超音波治療をおこなっております。

超音波で筋肉の凝りや硬さを取っていき症状を取っていきます。

腱鞘炎の症状でお悩みの方は、ぜひ当院にお越しください。

しっかりと治療をしていき、腱鞘炎の症状をお取りします。

お電話でのご相談なども承っております。

 

詳しい情報はこちらまで↓

http://www.rose-no-hana.com/

腱鞘炎の辛い症状でお悩みの方へ

ローズの花鍼灸整骨院では、腱鞘炎でお悩みの方にも多くご来院頂いております。

当院では腱鞘炎に対してはほとんどの場合、超音波療法を用いて治療します。

超音波は目に見えない微細な振動を深部の細胞にあてることで、炎症部分の細胞を活性化させます。

それにより、炎症を早く引かせる効果が期待できます。他にも鍼治療の治療などもおこなっており

多くの患者さんが通って頂き、完治する事が出来ました。

 

なぜ、腱鞘炎が起こるのかというと、、、

腱鞘炎は手首の関節部に起こる事が多い疾患で、使いすぎによるものと言われています。

腱というのは、筋肉の末端にあるもので、筋肉を骨につないでいます。

手首のしわのあたりを触ると、こりこりとしたスジのようなものが触れますよね。これが腱です。

その腱の周囲をトンネルのような組織が囲んでおり、これが腱鞘と呼ばれるものです。

腱鞘炎は、この部分に炎症が起こり、痛みや運動障害を生じるものです。

本来は、腱鞘がトンネルのようになり、その中をなめらに腱が動くことでスムーズな関節・筋肉の動きが可能になります。

しかし使い過ぎや何らかの原因により、腱と腱鞘の間に炎症が起こることで、腱の動きが障害されてしまいさまざまな症状が出てきます。

女性に起こる腱鞘炎の場合、家事動作や育児動作によるものが多いです。

また、最近ではパソコンのキーボードやマウス操作による腱鞘炎が増えてきているといいます。

たしかに、長時間同じ体勢で手の細かな動作をし続けることことはとても負担になりますね。

最近はお仕事でパソコンを使うのが当たり前という方も多いと思います。

手首の疲れや違和感があるという方は、もしかしたら軽度の腱鞘炎かもしれません。

 

腱鞘炎は、基本的には使いすぎたことによる疾患なので、安静にすることが大切です。

ですが、日常動作によって起こった場合使わないということはなかなか難しいですよね。

軽度のうちは、筋肉のストレッチを行い負担をかけないようにするということが悪化の予防にもつながります。

 

 

「腱鞘炎 説明 図」の画像検索結果

 

腱鞘炎で悩みでしたら、ぜひ一度当院にご相談ください。

鍼治療をご希望の方は、完全予約制となっておりますのでお電話でご予約の上、ご来院ください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

詳しくはこちら↓

http://www.rose-no-hana.com

腱鞘炎治療について

当院には、腱鞘炎の症状でお困りの方が良く来院されます。

そこで、本日は当院で行っている腱鞘炎治療についてのお話です。

腱鞘炎といえば、手首の関節に起こることが多く、使い過ぎによるものが多いと考えられます。

関節部や骨の末端には、筋肉と骨をつなぐ腱があり、腱の周囲をトンネルのような組織が囲んでいます。

これが腱鞘と呼ばれるものです。

腱鞘炎とは、この部分に起きた炎症のために、痛みが出たり運動障害が起こる症状です。

本来は、腱鞘がトンネルのようになり、その中をなめらに腱が動くことでスムーズな関節・筋肉の動きが可能になります。

しかし、腱と腱鞘の間に炎症が起こることで、腱の動きが障害されてしまい、さまざまな症状が出てきます。

kensyouengazo

女性に起こる腱鞘炎の場合、家事動作や育児動作によるものが多いです。

一見負担には思えない日常的な動作であっても、負担の積み重ねや年齢による組織の変化も伴い発症することがあります。

 

腱鞘炎の場合、使いすぎたことによる炎症のため、安静にしておくことが大切です。

ですが日常動作によって起こった場合、使わないということはなかなか難しいと思います。

そのため出来るだけ早く治すことがなにより必要ですよね。

 

当院では腱鞘炎に対してはほとんどの場合、超音波療法を用いて治療を致します。

超音波は目に見えない微細な振動を深部の細胞にあてることで、炎症部分の細胞を活性化させます。

それにより、炎症を早く引かせる効果が期待できます。

また腱鞘炎で痛みを抱えている方は、周囲の筋肉が硬くなり、それ自体が運動障害の原因となっていることもあります。

そのため、周囲の筋肉の緊張を緩和させることで、痛みや動作障害が緩和されることもございます。

 

腱鞘炎でお悩みでしたら、一度当院にご相談ください。

足を運んでいただいても、お電話でも大丈夫です!

スタッフ一同お待ちしております!

詳しい内容はこちらまで↓↓↓

http://www.rose-no-hana-.com

 

受付時間の案内

腱鞘炎治療について

こんにちは!

今日は少し肌寒い日になりましたね。

今日みたいな日は身体もかたくなるので怪我もしやすくなってしまいます。

そこで、本日は当院で行っている腱鞘炎治療についてのお話です。

腱鞘炎といえば、手首の関節に起こることが多く、使い過ぎによるものが多いと考えられます。

関節部や骨の末端には、筋肉と骨をつなぐ腱があり、腱の周囲をトンネルのような組織が囲んでいます。

これが腱鞘と呼ばれるものです。

腱鞘炎とは、この部分に起きた炎症のために、痛みが出たり運動障害が起こる症状です。

本来は、腱鞘がトンネルのようになり、その中をなめらに腱が動くことでスムーズな関節・筋肉の動きが可能になります。

しかし、腱と腱鞘の間に炎症が起こることで、腱の動きが障害されてしまい、さまざまな症状が出てきます。

kensyouengazo

女性に起こる腱鞘炎の場合、家事動作や育児動作によるものが多いです。

一見負担には思えない日常的な動作であっても、負担の積み重ねや年齢による組織の変化も伴い発症することがあります。

 

腱鞘炎の場合、使いすぎたことによる炎症のため、安静にしておくことが大切です。

ですが日常動作によって起こった場合、使わないということはなかなか難しいと思います。

そのため出来るだけ早く治すことがなにより必要ですよね。

 

当院では腱鞘炎に対してはほとんどの場合、超音波療法を用いて治療を致します。

超音波は目に見えない微細な振動を深部の細胞にあてることで、炎症部分の細胞を活性化させます。

それにより、炎症を早く引かせる効果が期待できます。

また腱鞘炎で痛みを抱えている方は、周囲の筋肉が硬くなり、それ自体が運動障害の原因となっていることもあります。

そのため、周囲の筋肉の緊張を緩和させることで、痛みや動作障害が緩和されることもございます。

 

腱鞘炎で悩みでしたら、一度当院にご相談ください。

足を運んでいただいても、お電話でも大丈夫です!

スタッフ一同お待ちしております!

受付時間の案内

kensyouengazo

腱鞘炎について

 

本日は、特に女性の方に多い腱鞘炎についてお話いたします。

女性の中でも特に、産後や更年期の方に多く見られまkensyouengazoす。

1番の原因は、簡単に言ってしまえば使いすぎです。

パソコンや手先を使う仕事をしている方に起こりやすいです。まさに現代病ともいえるでしょう。

そして、なぜ産後や更年期に多発するのかというと、ホルモンのバランスが崩れたり、

赤ちゃんを抱っこする機会が増え、親指の付け根辺りに特に負荷がかかってくるからです。

他に、ばね指なんかもこれと同じ原理で起こります。

基本的に、テーピングを巻いたり装具を着けることで回復していきますが、

安静にして頂くのが一番ですが、使わないわけにはいかない箇所ですので

根気よく治療を続けていく必要があります。

痛みが長く続き、固定療法でも改善が見られない場合は、手術適応になる場合もあるので

このような症状でお悩みの方は、是非一度当院へご相談ください。

お電話でもお待ちしております。

土曜日、日曜日診療

手が痛い…腱鞘炎?

 

当院では、腱鞘炎の治療もやっております。

当院では腱鞘炎に対してはほとんどの場合、超音波療法を用いて治療を致します。

超音波は目に見えない微細な振動を深部の細胞にあてることで、炎症部分の細胞を活性化させます。

それにより、炎症を早く引かせる効果が期待できます。

多くの患者さんが通って頂き、完治する事が出来ました。

なぜ、腱鞘炎が起こるのかというと、、、

腱鞘炎は手首の関節部に起こる事が多い疾患で、使いすぎによるものと言われています。

腱というのは、筋肉の末端にあるもので、筋肉を骨につないでいます。

手首のしわのあたりを触ると、こりこりとしたスジのようなものが触れますよね。これが腱です。

その腱の周囲をトンネルのような組織が囲んでおり、これが腱鞘と呼ばれるものです。

腱鞘炎は、この部分に炎症が起こり、痛みや運動障害を生じるものです。

 

本来は、腱鞘がトンネルのようになり、その中をなめらに腱が動くことでスムーズな関節・筋肉の動きが可能になります。

しかし使い過ぎや何らかの原因により、腱と腱鞘の間に炎症が起こることで、腱の動きが障害されてしまいさまざまな症状が出てきます。

女性に起こる腱鞘炎の場合、家事動作や育児動作によるものが多いです。

また、最近ではパソコンのキーボードやマウス操作による腱鞘炎が増えてきているといいます。

たしかに、長時間同じ体勢で手の細かな動作をし続けることことはとても負担になりますね。

最近はお仕事でパソコンを使うのが当たり前という方も多いと思います。

手首の疲れや違和感があるという方は、もしかしたら軽度の腱鞘炎かもしれません。

 

腱鞘炎の治療法ですが、基本的には使いすぎたことによる疾患なので、安静にすることが大切です。

ですが、日常動作によって起こった場合使わないということはなかなか難しいですよね。

軽度のうちは、筋肉のストレッチを行い負担をかけないようにするということが悪化の予防にもつながります。

手首に付いている腱は手や腕の筋肉をつなぐものです。手をぎゅっと握ると腕の方まで筋肉に力が入りますよね。

指を曲げる動作や手首を曲げる動作で、腕の筋肉に結構負担がかかっているんです。

長時間パソコン動作を行うという方は、事前にストレッチを行うと予防にもつながると思います。

 

「腱鞘炎 説明 図」の画像検索結果

 

腱鞘炎で悩みでしたら、ぜひ一度当院にご相談ください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com

腱鞘炎(けんしょうえん ケンショウエン)でお悩みでしたら、当院にご相談ください!!

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

こんにちは♪

本日は《腱鞘炎》についてお話させていただきます!!

腱鞘炎とは名前の通り、腱の周囲を覆う腱鞘の炎症の事です。

腱鞘炎の原因は、自分の筋力以上の負荷を一定以上与え続けたことが原因になります。要するに使い過ぎだといわれています。

基本的に女性に多く、そのほとんどが育児中の抱っこや抱え上げたりするのを繰り返す事が原因となるそうです。その他ピアニストやプログラマー、漫画家、作家など・・手を多く使う仕事をされている方にも多いとされています。最近ではゲームのしすぎでなることもあるようです。

また、妊娠出産期の女性や更年期の女性にも多く生じます。

腱鞘炎の症状は、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。その他、腱鞘炎を起こしている部位が熱をもったり、かゆかったり、押すと痛かったり、力が入らなかったり・・といったように様々な症状が起こります。

最近なにもしていなくても手首が痛い、手首に熱をもっている感じがする、なんとなく不快は感じがある・・などのお悩みがある方は当院にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

腱鞘炎の治療に鍼灸治療

 

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

皆様こんにちは

いよいよ年末ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

特に今年の冬は温度差が激しく、それに身体がついていけず様々な傷害や症状を起こしやすくなります。

体調には十分お気を付け下さい。

 

さて、タイトルにもある腱鞘炎ですが、当院では鍼灸治療をおすすめしております。

他にも、

・ギックリ腰

・腱鞘炎

・寝違え

にも効果的です。

 

ただ、ぎっくり腰の患者様に見受けられたのですが、手技療法はやらない方が良いのではないのか?と聞かれたことがあります。

当院としましては、鍼灸をやった後に更に保険を使って手技療法をやることで、治療効果が増すため是非やっていただきたいと思っております。

鍼に加えて、テーピングによる固定や治療の一環として骨盤矯正を行うことで、早期治療を目指すことが出来ます。

蒲生店では鍼灸の予約は常に受け付けております。気軽にご連絡下さい。

 

腱鞘炎(けんしょうえん ケンショウエン)について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

 

こんにちは。

本日は腱鞘炎についてお話させて頂きます。

腱鞘炎とは名前の通りですが、腱の周囲を覆う腱鞘の炎症の事です。

患部の痛みと腫れがあり、動かしずらい等が起こります!!

 

また、ばね指の場合はあまり痛くはないものの

俊敏な指の運動(屈伸)が出来なくなってしまう事も…(。><)

手首の場合はまずは腫れてしまい、皮膚の表面が少しツルっとした感じになります。

それ以外にも、その腱鞘炎を起こしている部位が熱を持っていたり、かゆかったり、

押すと痛かったり、力が入らなかったり、瞬間的に痛かったりと様々な症状が起こります・・・。

 

一晩で症状や痛みがなくなったりする場合もありますが、たまっていく場合もあります。

昨日から痛くて、朝起きて腕や手が腫れぼったいなど不快感が残っている場合は、

まだ回復はしていません。

 

こういった痛みは大事な体のシグナルですので、

「なんか違和感があるな~」とか、「痛いけどまぁ大丈夫でしょ。」

なんて思っている方!!もし、継続的に痛みや晴れが続いている場合は、

腱鞘炎かも知れませんので、すぐ病院へ行って検査を受けて下さいね!!

 

 

 

 

腱鞘炎(けんしょうえん ケンショウエン)の治療について

越谷市・南越谷・松伏町|ローズの花鍼灸整骨院蒲生駅東口店のスタッフが情報を提供してまいります。

みなさん、こんにちは。

今日は腱鞘炎についてお話します。

腱鞘炎は、腕や手首、指などの使い過ぎで腕の筋肉の両側にある腱鞘が炎症を起こしてしまうという症状です。
最近では、パソコン作業をしていたり、長時間スマートフォンを操作していたりなどの繰り返しの動きによって腱鞘炎を起こしてしまう方が増えています。

腱鞘炎といっても、程度もさまざまですし、あらわれてくる症状にもいろいろなものがあります。まずは手や指が重くだるさが出てきて動かしづらくなってくるという症状、そしてそれが痛みとなって出てきたり、痺れとなって出てくることもあります。

症状が軽いうちには、なんとか痛みやダルさなども我慢できる程度なのですが、進行してしまいますとちょっとした動きも出来なくなってしまったり、常に痛みや痺れがある状態になってしまうこともあり、悪化させてしまうこともあります。そうなる前に早めに治療を始めることがとても大事です。

痛みを我慢せずお早めにご来院下さい。お待ちしております。