カテゴリー別アーカイブ: 鍼灸治療

自律神経失調症でお悩みの方には鍼灸治療がおすすめです

 

皆様、急に食欲が出たり出なかったり、気分が落ち込んだり高揚したり、といったことはないでしょうか?

本日は自律神経失調症についてお話させて頂きます。

 

 

自律神経の働きについて

自律神経と言うのは、自分の意思でコントロールできない部分にはたらく神経です。

主に活動する時に働く交感神経、落ち着きなどに働く副交感神経

プラスとマイナスとして働く2つの神経は、必要に応じて自動的に切り替わり、主に下記の働きをしています。

◆心臓の動き、外気に対する体温の調節◆

◆感情に対するはたらき(悲しい時の涙や、驚いたときの動悸など)◆

◆ホルモンの分泌(女性の場合、月経や妊娠に関係する事が多いです)、免疫など◆

上記の他にまだたくさんの働きがあり、その分自律神経の不調は全身のいたるところに症状が出ます。

頭痛、眼精疲労、耳なり、味覚異常、動悸、めまいや立ちくらみ、息切れ、酸欠感

吐き気、便秘、下痢、手足の冷えや痛みや疲れやしびれ、月経不順、肩こり

全身の倦怠感、不安感、記憶力や注意力の低下、イライラしやすいなど。

上記の症状の多くは不定愁訴といい、数字や画像検査などで目に見えて異常がでないものをいいます。

上記のものに限らず、人によって様々な症状が心身ともに、重なって出たり、消えたり増えたりします。

また、これらは自覚症状がありながら、医療機関で「異常なし」と判断されてしまうことが多くあります。

「自覚症状しかない」ため、検査結果などで明確にすることができないからです。

 

自律神経失調症の原因

1.ストレス

過度のストレスによる感情の起伏が自律神経に悪い影響を与えます。悩み、心配、恐れ、怒りなど、ネガティブな感情が過度のストレスを呼び、自律神経の乱れを起こします。

2.緊張状態の継続

仕事や家事などでの緊張が長時間続き、リラックスできない期間が長く続いたりすると、交感神経が働いたままの状態になり、自律神経失調症につながります。このような方は、休日や睡眠時など、休んでもいい状態なのに、リラックス出来ず心も身体も緊張したままになっています。

3.体内リズムの乱れ

睡眠不足や昼夜逆転の生活、不規則な食事など生活リズムの乱れが体内のリズムをくずし、自律神経の乱れをつくります。

 

自律神経失調症の改善方法

疲れを癒しストレスを溜めないこと!
精神を安定させることが改善につながります。

改善の主な方法としては、

1.運動をする

2.就寝30分〜1時間前までに入浴する

入浴することでストレスはかなり軽減されると言われています。特にその後の眠りを深く安眠しやすくもなります。できればシャワーではなく湯船に浸かることが大事です。
湯船に浸かり汗をかくことで、体温調整の機能を鍛えることが出来ます。

3.ストレスを発散しましょう

4.安眠できる環境を整える

睡眠の1時間前には部屋の明かりを落とし、リラックスした状態で身体を休めましょう。

毎日同じ時間に寝たり起きたり、リズムのある生活を心がけることが大切です。

 

 

 

当院は鍼灸を用いてお身体の体質改善などで自律神経失調症に対して治療していきます。

鍼灸治療は完全予約制のため、お電話でご予約の上ご来院下さい。

 

「自律神経 イラスト フリー」の画像検索結果

 

詳しくはこちらまで↓↓↓

http://www.rose-no-hana.com/

 

 

乾燥肌に鍼治療

 

本日は乾燥肌に関してお話していきたいと思います。

 

 

もともと肌が弱い、もともと乾燥肌、という方。

今の時期ですと花粉でも乾燥してしまいますね。

 

そんな皆様に、当院の美容鍼がおススメです。

 

美容鍼は、お肌の深層に働きかけて、血流改善効果やお肌本来の働きを活性化させる効果が期待できます。

そういった肌のお悩みで美容鍼をご希望され、当院の施術に満足された方がおおくいらっしゃいます。

鍼灸治療は東洋医学の考えのもと施術が行われていますが、

その東洋医学の視点で、乾燥肌について考えましょう。乾燥部位に何が起こっているか?

単純に考えれば、「保湿ができない肌」状態になっています。

では、「保湿ができる肌」にするためにはどうしたらよいでしょうか。

保湿を行う細胞がいないため、保湿ができる細胞に入れ替える

「保湿を行う=身体の維持」のための身体の仕組み、いわゆる「新陳代謝」「皮膚新生」いうものです。

「新陳代謝」・・・古い身体組織が新しい身体組織に入れ替わり、機能を維持すること
「皮膚新生」・・・皮膚が新たに生まれかわること。

この新陳代謝を高め、皮膚新生に影響を与えて保湿性に優れた皮膚を生成させるというのが乾燥肌への鍼の狙いです。

◆どういうときに新陳代謝が高まるのか?
皆様ご経験があると思いますが、怪我の後にかさぶたができて、その後数日でかさぶたが消え、皮膚が再生したりしますよね。
このように傷・ダメージを受けたときに新陳代謝を含めた、人の持つ修復機能は活性化されます。

上記を例に、あえて皮膚にダメージを与え、代謝能力の活性化を促します。

さて、この修復機能は、ダメージを受けたところを中心に血液の流れを通してに全身に影響がでます

つまり、現に乾燥しているなど問題のある部位に対して刺激を行うのが効果的ということです。

しかし、再生機能の限度を超えた場合、修復は行われないため、修復可能な範囲かつ、最小限のダメージに留める必要があります。

また、東洋医学の考えでは「気の調整」を行うとその対象の力が活性化すると言われておりますのでそれを考慮すると

乾燥部位とその皮膚新生をする浅い部分(乾燥肌への治療)とその時の身体の状態に合わせた気の調整を行えば良いという事になります。

また、もう一方で東洋医学では、肺は身体の重要な役割を占めており、下記のような働きをすると言われております。

  • 空気を吸い込んで吐きだす
  • 身体に入った気や水を、全身に行きわたらせる

呼吸を担っているため、肺は外気に触れやすく、乾燥に弱いです。
乾燥で肺が弱まると、気と水が十分に満たされなくなり、肌荒れ・乾燥肌の症状が現れます。

他にも…

  • のどに痰が絡みやすくなる。
  • くしゃみがでる
  • 咳がでる
  • むくみやすくなる

最近肌が荒れる、ハリやツヤがなくなってきた、乾燥するなど様々なお肌の悩みにぜひ一度美容鍼をお試しください。

当院は、とてもお手頃な価格でご利用いただけますので、まず1回試してみたいという方にもとてもおススメです。

美容鍼のすぐ後にも効果を感じる事ができると思いますが、やはり継続して受けて頂くことで、より効果を実感して頂けますので、ほとんどの方が継続してご来院頂いております。

そういった患者様のために、当院ではお得な回数券もご用意しております。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

biyo

www.rose-no-hana.com/

 

 

五十肩も鍼治療で治療できます

五十肩というのは

転んで手をついてとか、何かにぶつかってなどの明らかな外傷がない

ある日突然なんとなく動かせる範囲が狭い

その範囲以上動かすと痛みが強いなどの症状が出るときに

肩周りの筋肉や腱などの怪我を総称して診断されるものを五十肩と言います。

年齢によって四十肩や五十肩など様々な呼び方がありますが

正式には肩関節周囲炎と言われ、肩関節周囲の怪我で原因がはっきりない時にこのように診断されます。

なぜこのような事が起こるか、今のところ実際の原因ははっきり分かっていません。

高いところにある物を取ろうとした時や手を突いて立ち上がろうとした時

またはちょっとした重いものを持ち上げようとした時に

肩の付け根に「ズキッ」と痛みが走り、発症していることを気付くことが多いようです。

五十肩の発生する左右差は殆どありません。

利き腕だから起りやすいと言うこともないようです。

発症しやすい年齢はやはり30代後半から60才代までの男性に割合多いようです。

「50肩」の画像検索結果

50肩はフローズンショルダー、凍結肩とも言われ

ズボンの後ポケットまで手が回らない、腕を持ち上げようとすると肩から先に挙がり

腕自体は挙げられていない、手が頭に届かないため髪の毛がしばれないというような運動制限も起ります。

また、夜間または明け方にかけて寝がえりなどで動かしたなどとは別に

眠りを妨げる程の痛みが起ることも特徴です。

 

症状には段階があり、炎症が強い時期、動かしづらく固まってしまう時期

それが少しずつとけてきて動かせるようにてくる時期

大まかに言うとこの3段階に分かれます。

 

しかし、この痛みがなかなかおさまらない、動かすと激痛が走り動かせない

そのようなときは石灰が筋肉や腱の方に入り込んでしまって炎症が強くなってしまっているかもしれません。

そういう症状が出ている時は病院でしっかり症状を見てもらい対処する事も必要です。

 

五十肩への鍼治療は

この石灰の沈着以外なら対応が可能です。

痛みを落ち着ける効果や筋肉の張りをとり

動かせる範囲を広げていくことが出来ます。

また、動かしにくくなる前に悪化しないように行うこともできます。

 

五十肩は一定の期間を越えると徐々に症状が改善し治ってくるものですが

数年かかることもあるので、つらい症状を我慢せず、

ぜひ一度当院にお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

当院の詳しい情報は下記をご覧ください。

http://www.rose-no-hana.com/

 

images

気候の変動にともなう自律神経の乱れにご注意ください。

こんにちは。

急に寒くなりましたね。

このように気候の変動が激しい時期は体調を崩しやすくなります。

単純に急な寒さに体がついていかないために、風邪を引いてしまったり、身体を痛めてしまったりということはイメージしやすいと思います。

 

閾ェ蠕狗・樒オ後・荵ア繧・縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡

さらに気候や気圧が大きく変動する時に、自律神経が乱れ体調不良を訴えるという方もいらっしゃいます。

天気が崩れる前に頭痛が起こるという方は、自律神経の乱れによるものかもしれません。

 

自律神経の乱れは、生活習慣やストレス、睡眠不足などの原因を普段から抱えており、気候の変動が引き金となり起こることがあります。

そういった方は、普段から体のだるさ、肩こり、頭痛などの症状もお持ちです。

当院では、自律神経の乱れにともなう肩こり、頭痛などの症状には鍼灸治療をオススメxしております。

鍼灸治療は、身体をリラックスさせる作用があり、自律神経の乱れを整える効果があります。

ご興味のある方は、ぜひ一度鍼灸治療をお試しください。

 

なお、鍼灸治療は完全ご予約制となっておりますので、まずはお電話でのお問い合わせをお待ちしております。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

TEL:048-999-6306

http://www.rose-no-hana.com/

 

不眠症でお困りの方へ

最近、なかなか寝付けない、寝てもすぐに目がすぐに覚めてしまうなどこのような症状にお悩みをお持ちでないでしょうか?

不眠症により一日気分が上がらずに終わってしまうのは、嫌ですね。

不眠症の解決策は、なぜ不眠症になってしまったのかその原因を突き止めてその原因を解決していくことが重要です。

まずは、自分がどのような不眠症のタイプかを知ることから始めましょう。

不眠症には次の3タイプがあります。

入眠困難の不眠症タイプ:夜布団に入っても興奮してしまい中々寝付くことができない。

中途覚醒の不眠症タイプ:寝付いた後、何時間かおきに目が覚めてしまう。

早期覚醒の不眠症タイプ:朝の早い時間に目が覚めてしまい睡眠が確保できない。

このように種類があり、不眠症の方はどれかに当てはまるかと思います。または

いくつも当てはまる方は重症の不眠症です。

主な原因には、心理的障害(ストレスによるもの)

身体的原因(体の病気や症状が原因)

精神的原因(精神や神経的な問題が原因です。憂鬱な気分が続いたりしたら抑うつかもしれません。このような気分が続いたら注意が必要です。

薬理学的原因(服用している薬やアルコール、カフェインが原因です。)

このように原因は様々あります。

症状を改善しても不眠症が治らなかったら当院の鍼治療をお勧めします。

鍼治療では、精神的な興奮や自律神経の乱れを抑えて、体のリズムを元に戻していきます。

当院にも多くの不眠症の方が来院され、鍼治療を受けていきます。多くの方が効果を実感してくれています。不眠症でお困りの方は当院の鍼治療を受けてみてください。

鍼治療の方は、完全予約制となっておりますので、お電話でのご予約お待ちしております。

 

 

詳しくはこちらまで↓

http://www.rose-no-hana.com

 

 

images

緊張性頭痛には鍼灸治療がおすすめです!!

今日は緊張型頭痛のお話をします。

頭痛の中で実は一番多いのが緊張型頭痛と言われており、

主な原因はストレスによって起こると考えられています。

ストレスといっても身体的なものも含まれるので、不自然な姿勢、同じ姿勢を長い間続けることや、

体の冷えなども原因のひとつにあげられます。

そのような状態が続くと、首筋から肩にかけての筋肉が収縮して硬直した状態になり、頭痛を誘発します。

そしてとにかく精神的ストレスが1番です。

ストレスをため込むと神経や筋肉の緊張を高め、血管が縮こまり頭痛の誘因となります。

緊張性頭痛は、頭の周りや首の後ろから肩、背中にかけての筋肉が緊張するために起こる頭痛です。

ギューっと頭を締めつけられている感覚です。

同時に首や肩こり、めまいなどを伴うこともあります。

予防方法としては・・・ストレスを溜めこまない、ストレス解消をうまくしていく、リラックス状態をつくる、

適度な運動をする、マッサージなどで筋肉をほぐす

日頃から筋肉が過度に緊張しないように自分に合ったリラックス方法を見つけ、

実践していくことが大切です!!

また、鍼治療も効果的です!!
ぜひ当院の鍼治療を試してみてはいかがでしょうか?

↓詳しい情報は下記をご覧ください。

www.rose-no-hana.com/

images

月経痛・月経不順のお悩みも鍼灸治療がお勧めです

 

当院では女性特有のお悩みである、月経不順や、月経痛などに対応する鍼灸治療も行っております。

そもそも月経不順はホルモンの乱れが原因です。月経が始まったばかりの思春期の女の子の月経不順は卵巣や子宮の未発達も原因といわれますが、20代~40代の女性の場合は、生活習慣が原因であることが多いのです。

なかには「よくあること」と、月経不順を軽視される方もいらっしゃいますが、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気の前兆である場合も考えられるので、放置しておくと重大な病気にもつながりかねません。

また、月経痛も子宮内膜症やホルモンの乱れなどの要因が考えられます。

 

月経痛や月経不順でお悩みの方にも鍼灸治療が勧めです!

鍼灸治療で血液(経血)の流れを良くし、ホルモンのバランスを整え、子宮を暖めることで月経不順や月経痛を和らげることができます。月経に伴う、腰が痛む・だるくなるなどの不快症状も改善できます。

鍼灸施術後、血流が良くなるに伴い経血の量が増える事もありますが、悪い血を外に出し新しい健康な血を身体に巡らせるという考えによる施術の結果です。お身体に悪い影響が出ているわけではないのでご安心ください。

 

冷えは月経痛だけでなく、万病のもとです。特に女性に冷えは大敵です。鍼灸治療で身体を暖め基礎代謝を上げることをお勧めしますが、突然月経痛がひどくなったり、立てないほどの痛みが走るなどの場合は子宮内膜症などの疑いがありますので、産婦人科に行くことをお勧め致します。

他にもご不明な点、ご予約のお問い合わせなどは下記からご連絡下さい。

お電話でもお待ちしております。

「生理痛 フリー」の画像検索結果

詳しくはこちらまで↓

http://www.rose-no-hana.com/

 

片頭痛の鍼治療について

みなさん、こんにちは。

今日は片頭痛について、お話します。

なぜ片頭痛になってしまうのでしょう?

片頭痛とはよく耳にしますが、原因はまだはっきりとは解明されていません。一説には、脳への動脈が狭く収縮した後に、急激に広がり、脳の血流が急によくなることが、頭痛を引き起こすとも言われています。
急に脳への血の流れが良くなるせいで、血管の近くにある痛みを感じるセンサーが活性化されて頭痛が起こる、と考えられているのです。
過労や精神的ストレスで緊張した状態から開放されたときや、気候の変化、食べ物、アルコールなどの刺激によって、血管が広がり、片頭痛が起こることがあると考えられています。
また、女性ホルモンの変化は片頭痛の引き金となります。
そのため、生理の前後は頭痛が起こる場合は偏頭痛の可能性があります。
妊娠中はホルモンが安定するために片頭痛は起りにくくなりますが、出産後にまた再発したりすることもあります。

 

zutuu 縺ォ蟇セ縺吶k逕サ蜒冗オ先棡

統計によると成人の約8%がこの片頭痛に悩まされていると考えられています。
偏頭痛は女性に多く、男性の3~4倍といわれています。遺伝的なものでもあるようで、家族内で偏頭痛に悩んでいる方がいらっしゃるとなりやすい可能性があります。
頭痛は月に1~3回程度で、ひとたび起こると4時間から長い方で3日間くらい続くこともあります。痛みは、頭の片側のこめかみから眼の辺りに起こることが多いようですが、両側に痛みが出る場合もあります。締めつけられるような痛みではなく、「ズキズキ」「ドクドク」血液の拍動に合わせるような痛みが襲ってくることが多いようです。吐気や嘔吐を伴うこともあり、日常生活や仕事が手につかないほど深刻になる方もいらっしゃいます。
頭痛時は光や音や匂いに敏感になっていることが多いため、暗い静かな部屋でじっとしていると楽な人が多いようです。

片頭痛に対する治療法は?

片頭痛の起こる原因は人それぞれなので、お一人お一人に合わせた鍼灸治療をおススメします。
鍼治療では、全身のツボを使い自律神経や、ホルモンバランスを整え身体に元々備わっている自然治癒力や鎮痛作用を高めることができます。さらに、血管の異常な収縮を抑え、血行障害を改善させていきます。

辛い痛みを我慢せず是非治療を受けてみて下さいね。

お悩みの際はお気軽にご相談下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

http://www.rose-no-hana.com/

浮腫みでお悩みの方へ

こんにちは。今日も風が冷たいですね

冬になるときになってくるのが乾燥肌や浮腫みですね。

今日はそんな浮腫みについてお話いたします。

浮腫みは顔や足によく出現します。

顔がパンパンに張れたり、足がおもだるく感じたらむくんでいる証拠です。

浮腫みとは、細胞の組織液が血液のバランスが崩れてしまい細胞組織に水が溜まってしまい起こります。

本来、外に出なければいけない水分がうまく排出できずに溜まりパンパンに張れてしまいます。

浮腫みの原因は私生活が原因のことが多いです。

食生活、あるコルの多量摂取、寝不足、デスクワークなどの作業が多い、冷え性、など多くの原因があります。

他にも、運動不足、ホルモンバランスの崩れもあります。

浮腫みそのままにしておくと、セルライト、下半身太りの原因になりかねません。

そのまま放置しておいてはいけません。

浮腫みでお困りの方にお勧めしているのが当院の鍼治療です。

鍼には美容鍼、体の鍼二種類あり顔の浮腫み、足の浮腫みをお取りでき高評価頂いております。

お手入れをしてもなかなか浮腫みが取れない。そんな方はぜひ鍼治療を受けてみてください。

効果を実感できると思います。

通っていただくと効果は大きくなります。

興味のある方は是非当院の鍼治療を体験してみてください。

鍼治療は予約制となっておりますのでお電話でのご予約お待ちしております。

詳しい内容はこちらまで

http//www.rose-no-hana.com

 

auto-IzxQnI

肩こりと頭痛の関係性

 

さて、本日は肩こりでお悩みの方に鍼灸治療のご紹介です。

当院では頭痛のある患者様には鍼灸治療をご案内しております。

肩こりの自覚症状をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思いますが、怪我や病気とは違い病院で治せるものではないので、慢性的な肩こりにお悩みの方は多いのではないでしょうか?

そんな方には鍼灸治療がおススメです。

慢性的な肩こりの原因はいくつかあり、鍼灸治療はさまざまな原因に対して治療することができます。

日常生活での姿勢や動作により筋肉の緊張がある場合は筋肉を緩ませてあげるような治療を行うことができます。

ストレス自律神経の乱れにより起こる血流障害や筋肉の緊張に対してもアプローチすることが可能です。

特にパソコン作業などが多い現代社会では、姿勢、筋緊張、ストレスなどさまざまな要因が絡み合って肩こりを引き起こします。

さらに、慢性的な肩こりをお持ちの方で頭痛も持っているという方にも鍼灸治療が有効な事があります。

実は肩こりに筋緊張が頭痛を誘発させている場合があるのです!

慢性的な肩こりがある、さらに頭痛にも悩まされているという方はぜひ一度、鍼灸治療をお試しください。

当院の鍼灸治療はすべて女性鍼灸師が担当させて頂きます。

ですので、女性の方でも安心して治療を受けて頂く事ができますし、肩こり以外にも女性特有の体調に関するお悩みがありましたら、鍼灸治療でお役にお役に立てる可能性がございますのでお気軽にご相談ください。

鍼灸治療は完全ご予約制ですので、ご興味がある方は下記をご覧ください

→http://www.rose-no-hana.com

「頭痛 イラスト」の画像検索結果